映画を観る→『奇跡のシンフォニー』

公式ページはこちら→ 

「奇跡のシンフォニー」オリジナル・サウンドトラック「奇跡のシンフォニー」オリジナル・サウンドトラック
サントラ

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2008-06-04
売り上げランキング : 118

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


孤児院で育ったエヴァン(フレディ・ハイモア)には豊かな音楽の才能が備わっていた。ある晩、エヴァンは不思議な音を追い、施設からマンハッタンへと導かれる。
さまざまな出会いにより、エヴァンの音楽の才能は開花。
同じころ、離ればなれとなっていた両親も、それぞれの思いを胸にニューヨークへと赴いていた。(シネマトゥデイ)


『チャーリーとチョコレート工場』、『スパイダー・ウィックの謎』できゅんとさせられた子役…子役というにはもうだいぶん成長されていますが、フレディ=ハイモアくんが出ている映画。
彼は作品ごとに違う魅力を感じますが、どれをとっても、ひとをひきつけるパワーがすごい。
ことばを発しなくても、表情だけで思わず、ほろっとしてしまったり、あったかい気持ちを与えてくれる俳優さん。

さて、フレディくん、今回は天才的な音楽の才能を持った少年、エヴァンを演じています。
彼は音楽を何の疑いもなく、ただ、まっすぐに信じている。
ミュージシャンの父とチェリストの母。
結婚が許されなかったために、二人の知らない間にエヴァンは生まれてすぐ施設に預けられていた。
離れていても、”音楽”が3人を繋いでいた。
両親の出会いは運命的なもので、ロマンチック。

施設をある日、結果として飛び出したかたちとなってしまったエヴァン。
出会ったのは音楽をビジネスとしてとらえ、才能を見出した子供たちを集めてきて、育てているウィザード。
エヴァンの才能に誰よりも早く気付き、金儲けができると見込む。
ロビン=ウィリアムズ、洋画に疎い私の数少ない、好きな俳優さんの一人なのですが、今までやさしーい役柄のイメージが強かったので、お金に執着しているウィザードに、ちょっとびくびく。
ただ、お金に執着し、強欲なだけではなく、音楽を愛する気持ちがあり、エヴァンに影響を色んな意味で与える人物でもある男性。
”悪い”イメージだけに終わらせないあたり、ロビン=ウィリアムズ、すごい!と感動。
ラストの方でエヴァンが語る、”音は心の耳で感じるもの”、これもウィザードが教えてくれたこと。

個人的には、児童福祉局員のジェフリーズの良いひと具合が好き。
一度対面しただけのエヴァンを思いやる彼の姿にはじーんときます。
ふたりを結びつけたものも、”音楽”ですね。
教会で歌っていた少女の歌いっぷりにはひゃー!と感動、上手すぎて。
なんだかんだでエヴァンを助けてくれた少年、アーサーもいいやつ!なのです。
フレディくん以外の子供たちもなかなか魅力的でした。

そしてそして、劇中の音楽、良かった。
サントラが今欲しくて。
でも、今月金欠…レンタルなどで聴けるかなぁ。
エヴァンのお父さん、お母さんそれぞれの演奏シーン、音楽のジャンルは違うけれど、どちらも魅力的で、ストーリーのドキドキを盛り上げてくれました。
何気ない、草木のふれあう音、風の音、街の喧騒。
エヴァンのおかげで、色んな音に触れ合う心地を味わいました。
勿論、エヴァン作曲の”オーガストの狂詩曲(ラプソディー)”は物語のラストにぴったり。
若干、とんとん拍子の気もしましたが、何と言っても”奇跡”のシンフォニー、ですからね。
”奇跡”をとびきり素敵に描いてくれていたので、私は満足しちゃいました!

| | Comments (2) | TrackBack (1)

映画を観る→『スパイダーウィックの謎』

公式ページはこちら → 

両親が離婚して母親と森の奥にひっそりとたたずむ屋敷に引っ越してきた3人の姉弟マロリー(サラ・ボルジャー)、ジャレッド(フレディ・ハイモア)、サイモン(フレディ・ハイモア)たちは屋根裏部屋から謎の書を発見する。 そこには大叔父アーサー・スパイダーウィックの“決して読んではならない”という警告のメモが記されていた。(シネマトゥデイ)


時間が合ったので、近場の映画館上映最終日に鑑賞してきました。
いつも鑑賞前についついあらすじなどを調べちゃう私にしては珍しく前知識をあまり持たずに上映を迎えました。
観たいなと思った理由も主演のフレディ=ハイモアくん。
『チャーリーとチョコレート工場』のキュートな彼が気になって。
予告編で流れていた『奇跡のシンフォニー』も観に行きたいと思っています。
しかし、彼、今は16歳だとか。
まだまだ映画の中の彼は可愛らしいので、びっくり。
あっという間に男の子から男の人になるんだろうなぁ。
さて、今回彼は双子の兄弟であるジャレッドとサイモンの2役を演じています。
お話的にメインはジャレッド。
上記に挙げた作品に比べると、事情がありつつも、お母さんに対して反抗的な態度を見せたり、何かと騒ぎを起こしたりと、ちょっと困った子。
根はすごく優しい子なんですけれどね。

そんなジャレッドが大大おじさんであるアーサーの残した妖精図鑑を見つけたところから物語は始まります。
開けるなという警告を無視して中を見てしまうジャレッド。
そして、恐ろしいマルガラスに狙われることに…。

ファンタジーなんて、悪い妖精なんて…と、いう方にはオススメしませんが、そういう要素に理解ある方ならけっこうハラハラドキドキできちゃう作品だと。
鑑賞される方は是非、下調べや先読みしたりせず、夢中になって欲しいなと。
私は途中椅子から飛び上がりそうなくらいにビックリしたりと、かなり楽しんできました。
なかなか映像も良くできていたしね、迫力があったの。
怖い妖精はちゃんと怖かったし。

後半、何だか『ホーム・アローン』を思い出してしまった…VS泥棒がVS悪い妖精になった感じ。
子供が活躍するという設定もね。


ラストは、「ひゃ!」と思わず、声をあげそうに。
…ふふふ。

そして、ラストのラストはファンタジーらしい感じですが、うるっときちゃいました。
家族の愛が、何年経っても変わらないそれが、描かれています。

面白かった。


↓原作はこちら。
もともとは「スパイダーウィック”家”の謎」なんですねぇ。
全5巻、面白そう。

スパイダーウィック家の謎 1 人間、見るべからずスパイダーウィック家の謎 1 人間、見るべからず
トニー・ディテルリッジ 飯野 眞由美

文渓堂 2004-06-26
売り上げランキング : 37474

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画を観る→『猟奇的な彼女』

猟奇的な彼女猟奇的な彼女
チョン・ジヒョン チャ・テヒョン クァク・ジョエン

アミューズソフトエンタテインメント 2003-07-25
売り上げランキング : 2131

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
性格の優しい大学生のキョヌは夜の地下鉄ホームで美しい“彼女”と出会う。 でもその時“彼女”は泥酔状態。 酔っぱらい女は嫌いだったが、車中で倒れている“彼女”を放っておけず仕方なく介抱してホテルへ運ぶ。 ところがそこに警官がやってきてキョヌは留置場で一晩を過ごすハメに。 翌朝、昨夜の記憶のない“彼女”は怒ってキョヌを電話で呼び出した上、詰問するのだった。 しかし、これがきっかけで、そのルックスとは裏腹にワイルドでしかも凶暴な“彼女”に振り回される、でもキョヌにとっては楽しい日々が始まるのだったが…。(allcinema ONLINE)


2008春ドラマを観てから、元となった映画を観る…という、順番としては逆になってしまったのですが、とにはかくにも鑑賞しました。

猟奇的な彼女がすっごくキュート!な本作。
暴力的で、酒飲みで、傍若無人な態度。
それでも、夢中になってしまうのが納得の可愛らしさです。
納得、と言いつつも、私がキョヌならすぐにぐうの音をあげてしまいそうですが…。

冒頭、電車内でキョヌと彼女が出会うシーンは食後なのもあり、ちょっと目を背けちゃいました。
満腹時、お食事中の鑑賞はオススメできません…。
お酒飲みの彼女、前半は吐き気を催すシーンがしばしば。
冒頭の1回をのぞいたら後のはそんなに描写は激しくないですが。

キョヌは飛びぬけて男前ではないけれど、ひたすら優しい!
そして、あの彼女になんだかんだと付き合うことができるなんて、なかなか根性もある…。
勇気や根気が公に出るシーンはほとんどなく、カッコ悪いところばっかりなんですが、優しくてワガママを聞いてくれていっつも見守ってくれる…「すごいなぁ」と、女性の目から見ても感心。
観て、じーんとして。
いいなぁって思ったり、素敵だなぁって思ったり、そういう感情以上に、感心してばっかりでした。

彼女の両親がキョヌとの交際に反対している件については、どうなったんだろう??
という疑問点は残しつつ、物語は結末へと進む。

要所要所にロマンチックな場面、ドラマチックな展開が織り込まれていて、気づくと、夢中。
前半戦、後半戦、延長戦の3部構成。
最後はキュートに、運命的に。
胸キュンです。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

映画を観る→『マイ・ブルーベリー・ナイツ』

公式ページはこちら → 

マイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンドトラックマイ・ブルーベリー・ナイツ オリジナル・サウンドトラック
サントラ カサンドラ・ウィルソン ハロー・ストレンシャー

EMI MUSIC JAPAN(TO)(M) 2008-02-14
売り上げランキング : 329

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


恋人の心変わりで失恋したエリザベス(ノラ・ジョーンズ)は、元恋人の家の向かいにあるカフェに出入りするようになる。
毎晩、ブルーベリーパイを用意してくれるオーナー、ジェレミー(ジュード・ロウ)と話すことで、徐々に慰められていくエリザベス。
しかし、どうしても終わった恋を引きずってしまう彼女は旅に出る決心をする。(シネマトゥデイ)


予告編ですごく可愛らしい映画なんだろうなぁとわくわくしながら鑑賞。
ブルーベリーパイ、食べたくなっちゃいました。

ウォン=カーウァイ監督の作品を観たのは初めてなのですが、色使いなどが独特ですね。

お話としては、うーん。
エリザベスとジェイミーの出会いまではまぁ、自然。
ただ、ジェイミーがどうしてエリザベスに惹かれたのか?
エリザベスが一年近くも旅に出ている間、二人が想い合っていることができたのはどうして?
彼女たちだけの繋がりだけではなく、人となりが説明不足な気がしました。
全部が全部フィーリングで、運命なんだと言われてしまえばそれまでなのですが。

鑑賞直後はエリザベスが旅に出、一体どういう変化を遂げることができたのか、果たして成長できたのか、ということが理解できなくて、友達とあーだこーだと語ってしまいました。
少し時間を置いて考えてみると、あれはエリザベスが元彼のことを忘れるための、傷心旅行的なものだったのか??なんていう風にも思えてきたり。
一風変わった作品を撮る監督さんでもあるようなので、私の理解力不足に過ぎないのかもしれませんが、うーん、よく分からなかった。

旅の途中に出会う人々がそれなりに印象を残すものの、肝心のエリザベスに影響を与えることができたのかもよく分からない。
それぞれの人との出会いを経て、彼女は成長していった…と、提示されるものだとばかり予想していたので、肩透かしを喰らう。
たくさんバイトをして、車を買う、そして。
う、うーん??

ジュード=ロウは相変わらず、カッコ良く、あの存在感は素敵。
もっと恋愛色強い映画になると思っていたので、もっと彼の魅力を活かして欲しかった。
女子としてはきっと、あんな風にずっと暖かく見守ってくれる男性は理想でしょう。
ブルーベリーパイ、アイスクリーム付きを用意して待っていてくれるなんて、素敵過ぎ!
ちょっと都合の良い男になってしまっている気もするくらい、一途な彼でした。

エリザベスのような感情表現豊かな女の子は可愛いと思うし、いきなり旅に出ちゃう行動力はうらやましいと思う。
美人度からいくと、ナタリー=ポートマン、レイチェル=ワイズの方が高いのですが、普通っぽい容姿がキュートです。
外国の有名人に疎いもので、ノラ=ジョーンズが歌手だという知識しかなかった私…。

映像、ジュード=ロウのカッコ良さ、可愛くキレイな女性たち、そして、パイと、乙女心をそれなりにくすぐってくれるものの、ストーリーを徹底重視される方にはオススメできないかなぁ。
「そ、それで!?」と野暮なツッコミを入れたくなってしまう、ぽっぽでありました。

| | Comments (7) | TrackBack (2)

映画を観る→『僕のピアノコンチェルト』

公式ページはこちら → 

「僕のピアノコンチェルト」オリジナル・サウンドトラック「僕のピアノコンチェルト」オリジナル・サウンドトラック
サントラ ゲオルギュー(テオ) チューリッヒ室内管弦楽団

ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル 2007-08-29
売り上げランキング : 67822

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


高いIQを持つヴィトス(ファブリツィオ・ボルサーニ)の両親は、6歳の息子を偉大なピアニストに育てようと、幼稚園ではなく音楽学校に通わせる。そんな彼の唯一の理解者は、田舎で家具工房を営む祖父(ブルーノ・ガンツ)だけだった。12歳になった彼は飛び級をして高校生になるが、スーツを着て学校に通う生意気な学生になり……。(シネマトゥデイ)


予告編を観る機会があり、主人公・ヴィトスの12歳時を演じたテオくんの演奏を聴きたくて観に行きました。
テオ=ゲオルギューくんは実際に5歳からピアノの練習を始めたというピアニスト。
ちびっ子だったヴィトスが12歳のヴィトスに切り替わるシーン、ピアノの音が力強くなり、思わずぞくり。

ただ、あくまでも”天才の苦悩と成長”を描いた物語であり、その才能はピアノだけに限ったものではなかったため、ピアノに苦労する姿…というのは特に見受けられません。
だから、ピアノ目当てで観に行った私はちょっと肩透かし。
それでも、合間合間の楽曲にはうっとりしていたし、最後の演奏には”感動”。


天才児として扱われるため、周りの子と同じように過ごすことができないヴィトス。
自分はただ”普通の子になりたい”だけ。
その姿は痛々しいものがありました。
親も、けして天才児だからヴィトスが可愛いわけではなくて、単純に言うと、ちょっと嬉しくてはしゃいでしまっただけなんでしょうけれど。

周りの大人の中で、ヴィトスの友人でもあり、良き理解者のおじいちゃんはとっても素敵でした。
甘やかすのではなく、大きな心でヴィトスを見守ってくれる。
工作が得意で、意気揚々と自分の夢の話をしてくれるおじいちゃん、ファンになっちゃいます。

ヴィトスなりの初恋に関するストーリーも、切ないものがあったな。

後半の、ヴィトスが挑むマネーゲームはとんとん拍子に進んでしまい。
現実離れした感が出てしまいましたね。
あくまでも、おじいちゃんを助けるためにお金を儲けようとしたヴィトス、ということでおじいちゃんファンとしては応援しておりましたが。

近所にいたら、天才以前に「ませた子だな~」と思ってしまうかも。

少年の、成長ストーリー。
映像の温かみ、家族の愛、音楽の美しさ、胸にしみます。
テオくんのピアノ演奏は是非もっと聴きたかったです。

| | Comments (3) | TrackBack (3)

映画を観る→『スパイダーマン3』

公式サイトはこちら → 


NYのヒーローとしてもてはやされるスパイダーマン=ピーターにある日突然謎の液状生命体がとりつく。
黒いスーツに身を包んだピーターは新しい力を感じるとともに、自我を失ってしまう。
そんな中、判明する愛するベンおじさんを殺した真犯人、そして、黒いスーツを着た時に起きた事件をきっかけにピーターを憎む記者。
MJとのすれ違い、ハリーとの確執。
ピーターはすべてを乗り越えることができるのか?


時間がちょうど良かったので、観に行って来ました。
とりあえず。
謎の液状生命体って何なのさ。
突然空から降ってきて、ピーターを惑わせて、ラストは木っ端微塵。
…一体何だったんだろう…???


ピーターは相変わらず、いい子です。
要領が悪いけれど、運も相変わらずあんまりなさそうだけれど(笑)いい子です。
そんな彼が黒い生命体にとりつかれてからというもの、悪いピーターになってしまうのですが、似合わない…。
カッコつけている様が痛々しい…バカなピーター!
ハリーに脅され、ピーターに別れを切り出したMJに対する後々の行為は本当に嫌がらせ。

しかし、アクションシーンは面白かった。
3回は5cmくらい飛び上がりました、びっくりして。
ビビリです。
ある程度「ここがびっくりポイントだ!」と絞り込んでみるのですが、一瞬のスキをついてポイントがきてしまい、何回か見事に驚く羽目に。
最初の方のハリーとの戦闘シーンでは口開いてしまうくらいに夢中でした。

ハリー…切ない役どころでした。
「親友。命だってやれる」
その言葉に、彼の本当の人柄が出ていました。
せっかく、ピーターと和解できた矢先だったというのに…。

観終わった女性が「しっとりと終わったな」と言っていましたが、本当にそう。
もっと痛快!爽快!でもいいのになぁ、とちょびっと思ってしまいました。

2の時は1を観ずに行った分、3は2を観ていたということもあって、観やすくは感じました。

スパイダーマン3スパイダーマン3
サントラ スノウ・パトロール ザ・キラーズ

ワーナーミュージック・ジャパン 2007-05-02
売り上げランキング : 48429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画を観る→『ザ・シューター 極大射程』

公式サイトはこちら → 

極大射程〈上巻〉極大射程〈上巻〉
スティーヴン ハンター Stephen Hunter 佐藤 和彦

新潮社 1998-12
売り上げランキング : 529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
極大射程〈下巻〉極大射程〈下巻〉
スティーヴン ハンター Stephen Hunter 佐藤 和彦

新潮社 1998-12
売り上げランキング : 955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2000年”このミステリーがすごい!”海外部門第1位に輝いた作品が原作。
2キロ先の標的を射抜くことができる凄腕スナイパー、スワガー。
隊の裏切り、仲間の死…海兵隊の特殊部隊を抜けた後、3年の月日が流れ、彼はひっそりと山の中で愛犬と共に暮らしていた。
そんな彼の元に、ある日、大統領暗殺を阻止するための協力の要請がかかる。
早速、調査を始めるスワガーだったが、思いも寄らぬ出来事が彼を待ち受けていた…。

Continue reading "映画を観る→『ザ・シューター 極大射程』"

| | Comments (4) | TrackBack (10)

映画を観る→『ラブソングができるまで』

公式ページはこちら→ 


ヒュー=グラントとドリュー=バリモアが繰り広げるラブコメディ。
80年代を一世風靡した人気バンド”PoP”のボーカルであるアレックス。
そんなある日、スーパースターである歌姫・コーラから依頼を受け、曲を提供することに。
返り咲きの大チャンス!
作詞が大の苦手、曲作りからも長く離れていた彼は大苦戦。
そんなある日、植物の世話をしにアルバイトに来たソフィーが口ずさんだ詞に強い何かを感じる。
作詞はできないと拒否するソフィーをどうにか説得し、歌作りを始める二人。
その歌はコーラに認めてもらえるのか?!

Continue reading "映画を観る→『ラブソングができるまで』"

| | Comments (0) | TrackBack (1)

映画を観る→『オーシャンズ11』(DVD)

オーシャンズ11 特別版オーシャンズ11 特別版
ジョージ・クルーニー スティーブン・ソダーバーグ ブラッド・ピット

ワーナー・ホーム・ビデオ 2006-12-08
売り上げランキング : 2739

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


オーシャンのもと、集まった11人のプロの犯罪者である仲間たち。
超有名カジノの金庫から狙うは1億6千万ドル!!


8月に『オーシャンズ13』が公開予定。
TSUTAYAで半額サービスをやっていたので、今更…ながらに第一作目の『オーシャンズ11』をレンタル。
この後、『オーシャンズ12』に続くわけですね。

大学の卒業旅行でラスベガスへ行ったのですが、その時にホテルの前でやっている水のショーをバスの中から観覧しました。
その時にガイドさんが「映画『オーシャンズ11』でおなじみの…」と紹介されていて、名前はさすがに知っているものの観たことのない私は「えっ、これが出てくるんや??」とただただショーに見とれるばかりでした。
ホテルの高さほどに水が昇る様は非常に圧巻です。

洋画、外国の俳優さんに疎いぽっぽでも、知ってる!知ってる!!観たことある!という役者さんがずら~り。
題材としてはベツモノなんだけれど、『ミッションインポッシブル』(これも第一作目のみ観た…)を観た時と似たハラハラを感じることができました。

この勢いで『オーシャンズ12』も8月までに観て、面白かったら『オーシャンズ13』を映画館へ観に行こうかな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

映画を観る→『ホリディ』

公式ページはこちら → 

最高にホットでチャーミングな4人が奏でる恋と人生のアンサンブル!
(公式ページより)

失恋し、休暇を取ることにした映画広告会社を営むアマンダ。 同じく、失恋し、泣き暮れていた編集者のアイリス。 偶然、アマンダはアイリスが出していたホーム・エクスチェンジ(お互いの家を交換し、住む)の募集をネットで見つけ、早速LAからロンドンへ渡ることに。 アイリスもロンドンからLAへ。 そして、新しいときめきに出会うことに…。

とってもキュートでスカッとする物語です。
キャメロン=ディアス、ケイト=ウィンスレットが非常にチャーミング。
特に、あんまり洋画を見ない私だからかもしれませんが、ケイトのイメージが『タイタニック』のようなお上品な、綺麗な…というものしかなくて。
それががらっと変わってしまいました。
なんてオンナノコらしいの!って。
泣いて、怒って、笑って、跳ねて。
くるくる変わる表情がとても魅力的でした。

好きなひとのもとへ駆けるアマンダ。
自分の気持ちにけりをつけた瞬間にガッツポーズを決めるアイリス。
オンナノコが観て、きっと一緒に心躍るのではないでしょうか。

男性陣もよかったです。

ジュード=ロウ、かっこい~い。
涙もろい、ちょっとプレイボーイ?な空気も持っているアイリスの優しいお兄さん。
酔っ払って妹の家に押し掛ける…妹からしたら困ったお兄さん?(笑)

ジャック=ブラックも、歳が離れたおじいさんともばっちり楽しい会話を繰り広げ、アイリスをいつも笑わせてしまうユーモアある明るい男性をコミカルに、細かく演じていて素敵でした。
これまた詳しくない方なのですが、彼のキャラクターがこの映画にひと味加えていたのは確か。
観ていて、アイリスと一緒に笑顔になってしまいました。

アイリスが出会う元・映画脚本家のアーサーに関するエピソードにも注目。

| | Comments (0) | TrackBack (1)