東野圭吾『容疑者Xの献身』(文藝春秋)

容疑者Xの献身容疑者Xの献身
東野 圭吾

文藝春秋 2005-08-25
売り上げランキング : 90

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


命がけの純愛が生んだ犯罪。


天才物理学者・湯川学が不思議な事件の謎を解く、”ガリレオ”シリーズ。
第134回直木賞を受賞。
このミス1位。

書籍化されているガリレオシリーズでは最新作。
まだ文庫にはなっていないのですが、ドラマ化の影響で最近再び、売れています。
この作品、文庫と違う点、先ず、長編小説、文庫は短編をそれぞれ収録した構成でした。
読み終わって思ったことは、やっぱり東野圭吾作品は私には短編の方が合っているかも…ということ。
どうしても、ちょっと読み終わった後、しんみりしちゃう傾向が強い。
それだけ物語にのめり込んでしまう、ということの裏返しでもあるんでしょうけれど。
面白いの、この小説、すごく。

文庫と違う点、もうひとつ。
犯罪を起こす側視点からのスタート。
でも、起こす人物が分かっているというだけで、そのトリックについては、湯川や草薙と辿っていくことができます。
天才物理学者に天才数学者。
湯川にとっては、辛い事件であったと思います。

愛する人を守るために、犯罪を重ねる。
それって、純愛なのかもしれないけれど、残酷で、哀しい。

前作に比べると、現実的なミステリであるようにも思います。
特に科学的、というわけでもなく。

しかし、350ページ、あっという間に読んでしまいました。
迫力。
この厚さをぐいぐいと読ませてしまうのは、さすが、東野圭吾。

| | Comments (3) | TrackBack (0)

東野圭吾『予知夢』(文藝春秋)

予知夢 (文春文庫)予知夢 (文春文庫)
東野 圭吾

文藝春秋 2003-08
売り上げランキング : 78

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


刑事・草薙の友人である通称”ガリレオ”・天才物理学者湯川学が不可思議な事件の謎を解くシリーズ2作目。


1巻目に続き、さらさらっと読めました。
色々な状況や人の思惑が重なりに重なって様々な不思議な現象を引き起こす、ということは極めて現実的な流れだなとしみじみ感じました。
実際に自分の周りでこのようなことは起きてはいないのですが、設定としてはそこまで現実離れしたものを持ち出しているわけではないので。

1巻目と同じく短編を集めたつくりとなっているので、さらっと読むことができます。
次の『容疑者Xの献身』はシリーズ初の長編ということです。
実はもう読み終わったのですが…それは追々触れようと思います。


↓単行本はこちら。

予知夢予知夢
東野 圭吾

文藝春秋 2000-06
売り上げランキング : 103747

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (2) | TrackBack (0)

東野圭吾『探偵ガリレオ』(文藝春秋)

「頼むよ、何とかしてくれ。おまえならできるだろう?」

探偵ガリレオ (文春文庫)探偵ガリレオ (文春文庫)
東野 圭吾

文藝春秋 2002-02
売り上げランキング : 47

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


警視庁捜査一課の草薙俊平は不可解な難事件にぶつかると、訪ねる友人がいる。
大学の同級生であり、帝都大学理工学部物理学科助教授の湯川学。
常識を超えた謎に天才科学者が挑む。


2007秋の月9ドラマ、主演は福山雅治さん、柴咲コウさん。
ちょっと調べてみたら、柴咲さんの役は実際にシリーズ?の作品に出てくるものの、まだ単行本化はされていない人物のようです。
ドラマが終わってからでも、早く書籍化して欲しい。
シリーズとして、もっと読みたい、そういう風に感じるミステリでありました。

一見、怪奇現象?かのような事件も湯川-後の通称は”ガリレオ”、”ガリレオ先生”-にかかると、きれいに解明されてしまう。

もともと東野さんは電気工学科を卒業、エンジニアとしての職務経験もあるお方。
物理学者の湯川学の形成には大きく影響していそうです。
解説の佐野史郎さん(湯川は佐野史郎さんをイメージして描かれています)が「マニアックでいいから、科学を題材にしたミステリーを書きたいと思っていた」と東野さんの言葉を紹介するのですが、併せて「話をなるたけオーソドックスなものに、純粋な探偵小説にしよう」とも。
確かに、科学的な要素がちらばっているのですが、素人でも呑み込み易く、楽しめるミステリとなっておりました。

私は今まで読んだ東野圭吾さんの作品では短編が好きな傾向にあるのですが、この作品がその中では一番好きです。
あっさり、さっぱり。
湯川と草薙のキャラクタ、関係付けもいい。
これくらいの歳になっても、こういう風に付き合いが続いているのって、いいな、と。
湯川がちゃんと草薙に信頼も寄せているし、心を開いているんだなと感じるようなシーンも好きです。

この小説を読んでいると、科学というものは意識していないだけで、自分の身近にあるものなのかもしれないと思います。


↓単行本はこちら。

探偵ガリレオ探偵ガリレオ
東野 圭吾

文藝春秋 1998-05
売り上げランキング : 7023

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (1) | TrackBack (2)

東野圭吾『卒業 雪月花殺人ゲーム』(講談社)

『卒業』の魅力は、まず第一に、優れた学園ミステリーであり、青春推理小説であるという点にある。
解説・権田萬治


卒業―雪月花殺人ゲーム卒業―雪月花殺人ゲーム
東野 圭吾

講談社 1989-05
売り上げランキング : 15430

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


卒業を控えた大学生7人組。
ある日、仲間のひとり、祥子が自室で手首から血を流し、死んでいる姿が発見される。
自殺?他殺?
加賀恭一郎は友人である祥子の死の謎を追求するべく動き出す。
そんな中、第二の事件が起きるのだが…。


”加賀恭一郎シリーズ”の一番最初のお話となるそうです。
以前にぽっぽが読んだことがある『どちらかが彼女を殺した』(本文中に”犯人”の名前が明かされないつくりの小説。袋とじのヒント付き)にも登場していたらしい。
だーいぶん前に読んだので、ちょっと思い出せないけれど、読み返してみよっかな、なんて。
ちょこちょこ東野作品は読んでいるつもりだったのに、見事に避けて読んでいたのか、これしか遭遇していない。
加賀のキャラクターは好きなので、また読んでみたい。

切ない、悲しい、という感情もやはり含まれているのだけれど、解説の権田氏がおっしゃっているように、この小説は「青春推理小説」なんです。
東野さんが更に若い時の作品だからか、良い意味で”若さ”、”危うさ”が出ているように感じました。
女の子も大人過ぎず、子供過ぎず、ちょうど良い描写。
それぞれが、恋愛に、部活に、学業に、進路に、一生懸命な時期。
卒業を控えた時の心情を思い返してしまいました。

トリックも変な表現かもしれませんが、ごつ過ぎず、良かった。

東野作品の中では、珍しく、ラストが私の好みでした。
「さりげない、しかし題名にふさわしいラストシーン(権田氏)」が物語をぐっと締めてくれました。
爽やか。「青春」という単語が私は好きです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東野圭吾『殺人の門』(角川書店)

殺人の門殺人の門
東野 圭吾

角川書店 2006-06
売り上げランキング : 258

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小学生の時、ある日の出来事をきっかけに、主人公・田島和幸は”殺人”に興味を持ち始める。
そして、のちに彼に殺意を抱かせることとなる倉持修という同級生との出会い。
高校、就職と時は流れていくが、倉持との縁はなかなか切れず…。

まぁ、けして派手ではなく、地味な物語ではあります。
地味な物語を読者に退屈させずに読ませることができるというのはすごいことだと思います。
東野圭吾さんの作品は現実にありえる程度にリアルなんだけれど、何故かあんまり感情移入はできない…何でだろう??

主人公はいつも倉持修に心身ともに振り回されてしまうわけなのですが、「何でそんないつもいつもひっかかっちゃうんや!?」と私みたいなどんくささ満点の人間に思わずイラッとさせてしまうくらいにひどい。
それだけ倉持という人間が頭の回転が速く、話術巧みでカリスマみたいなのものを持ち合わせた人間なのだろうと考えるのだけれど、少しイラッ。
「お願い、しっかりして!」とけっこう夢中で読み進める私。

「歪んだ友情の物語」と解説の北上次郎さんは表現されていますが、納得。
倉持と田島の間にあるものはかたちは違えど、憎悪や嫉妬。
お互いがお互いを羨ましく思い、妬み、憎んだ。
それゆえに、お互いのことがよく分かる-。
そういったつながりのある友情がそこにはあるのかもしれない。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東野圭吾『探偵倶楽部』(角川書店)

探偵倶楽部探偵倶楽部
東野 圭吾

角川書店 2005-10-25
売り上げランキング : 26206

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


お金持ちの会員専用の調査機関”探偵倶楽部”。
5つの物語から成る短編集。

東野圭吾さんの本はけっこう好きではあるのですが、読んだ後、すこーし沈むのです。
ので、最近ご無沙汰でした。
久々に手に取った本作はなんと短編集。
さらさら読むことができるため、読み終わった後にどんより沈んだりすることもなく、でした。
短編の方が私にはいいかも、東野作品。

探偵=浮気調査なの??というくらい不貞がからんできている気が。
せっかく”探偵倶楽部”という看板があるのに、もひとつ彼らの個性が弱い気がする。
ぶっ飛んだ設定過ぎてもウケないかもしれないけれど、もう少し派手なつくりでもいいなぁ、なんて。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東野圭吾『ゲームの名は誘拐』(光文社)

「良い人が出てこない物語を作りたかった」
    (巻末、藤木直人さんの解説にある作者のコメント)

4334738850ゲームの名は誘拐
東野 圭吾

光文社 2005-06-14
売り上げランキング : 1,718

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
広告プランナー・佐久間はずっと力を注いでいた一大プロジェクトからある日突然外される。それはクライアントの会社の副社長・葛城による提案であった。そのことを知った佐久間は葛城の邸宅へ出向くことに。 そこで彼はちょうど屋敷を抜け出そうとしていた葛城の娘と出会い、狂言誘拐を仕掛ける”ゲーム”を仕掛けるのだが…。


久々に東野圭吾さんの本を読みました。
もともと、けっこう好きな作家さんではあるのですが、うちが今まで読んだ作品を通したイメージとして、読み終わった後に「ハッピー♪」な気持ちにはならない…ということがあり、なかなか手を出していなかったり。
読み終わった後に切なさが残って、以前、けっこう「くぅ~!」ってなってしまいまして><

本作は、映像化もされているので、そっちも観てみたいな。

B0000ZB8Q0g@me. プレミアム・エディション (初回生産限定版)
藤木直人 東野圭吾 井坂聡 仲間由紀恵

ポニーキャニオン 2004-05-14
売り上げランキング : 1,913

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

仲間由紀恵が”娘”をどのように演じたのか気になる!

ラスト、(どうなるか)すこ~し見えてしまったところもあるのですが、どんでん返しが面白い作品。
誘拐犯と被害者のやりとり、知能戦。
携帯を駆使した佐久間の”ゲーム”は妙にリアルで、ハラハラします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)