横山秀夫『陰の季節』(文藝春秋)

陰の季節 (文春文庫)陰の季節 (文春文庫)
横山 秀夫

文藝春秋 2001-10
売り上げランキング : 14429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

収録作品
陰の季節
地の声
黒い線


D県警シリーズ第一弾。
警察小説ではあるが、”裏方”ともいえる部署の人間を主に描いた短編集。
『陰の季節』に出てくる二渡(ふたわたり)は人事に携わる、警務課。
『地の声』の新堂は監察課。
『黒い線』の七尾は元機動鑑識班、現在は二渡と同じく、警務課の婦警。
『鞄』の柘植は秘書課。
ぱっと課名だけ聞いても、ほわんとしたイメージしか浮かばないのが、情けないところである。
D県警シリーズ、とあるだけあって、すべての作品がつながっていて、さっき読んだ作品の登場人物が他のところでも顔を出したり…と、シリーズの醍醐味、楽しさがあります。
二渡調査官が”エース”と呼ばれているのがカッコイイ!と一人、にまっとしてしまった…。
普段、のんびり暮らしているだけの私には、まさか警察の中でこんなやり取りや駆け引き、内部で静かな闘いが行われていることなど、知るよしもない。
だから、実際に登場人物と同じ思いなんて、したこともないし、きっとしないだろうなとも思うのだけれど、のめりこむ。
現実の警察内がこんな風だとは勿論言えないけれど。
相変わらず、男たちの野心やぎらぎらした心理描写に、ハラハラドキドキさせられる。
ひとを思いやる心、が尊い世界ではない。
婦警の七尾さんの親心的なくだりはほっとしてしまう。

横山作品は、いつも、丁寧に張り巡らされた伏線が、後半の後半で、ぐんぐんと収束され、思わず、登場人物と一緒に「!!」とラストを迎えるのが、すごく好きです。


↓単行本はこちら。

陰の季節陰の季節
横山 秀夫

文藝春秋 1998-10
売り上げランキング : 639584

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』(河出書房新社)

大事な人と抱き合って新しい年を迎えるということは、陳腐なようでいて、実は奇跡だ。

人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
山崎 ナオコーラ

河出書房新社 2006-10-05
売り上げランキング : 161741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
美術専門学校に通うみるめは19歳の時、39歳の講師であるユリと出会う。


松山ケンイチくんファンのひとりとしては、10月1日から発売されている文庫新装版をおすすめ。
表紙が映画仕様です。

Imgp0998


映画は1月公開。
前売り特典の赤いハートのピンバッヂが少し欲しい。

文藝賞を受賞されたり、芥川賞の候補となったり、話題を集めていた本作。
第一印象はあんまり良くなかったです。
筆名もタイトルも、奇抜なだけに見えてしまって。
インパクトはあったので、文庫になった時もちょっと読みたいかな?と思いつつ、月日は流れる。
そして、映画化。
松山くんが出る。
読もう。単純。

字が大きくて、薄くて、改めて驚く。

読み始めると、タイトルの奇抜さはセックス=恋愛を表している?と感じました。
性描写が生々しかったりということもないので、安心して読めました。
想像以上に、柔らかくて、ふわふわした読み心地。

みるめとユリちゃんの恋が恋なのか愛なのかもよく分からない。
でも、本人同士に分かっていればいいものなんだろうな、とも思ったり。

”せつなさ100%”と書いてありましたが、そんなに切なくて苦しくはならず。


私個人としては、一緒に載っている短篇『虫歯と優しさ』の方が好きです。
こっちの方が切なかった。
一瞬、ちょっと変わった恋愛モノなのかと思いきや、ストレートでした。
彼氏の好きなところを「頭が良かったり、面白かったりする」ところではなく、「冷蔵庫にハミガキ粉を入れているところ」だという主人公。
自分と同じように、好きな人に想ってもらうのって、難しい…改めて、思った。


↓単行本はこちら。

人のセックスを笑うな人のセックスを笑うな
山崎 ナオコーラ

河出書房新社 2004-11-20
売り上げランキング : 10164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (5) | TrackBack (1)

米澤穂信『氷菓』(角川書店)

氷菓氷菓
米澤 穂信

角川書店 2001-10
売り上げランキング : 20723

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


”省エネ”少年、折木奉太郎、高校1年生。
なりゆきで入部した古典部、仲間たちにひっぱりこまれるように様々な日常に散らばった謎を解く羽目に。


東京創元社から出ているシリーズが好調の米澤穂信さん。
角川の夏の1冊のひとつである本作をこれを機会にチェック。
第五回角川学園小説大賞ヤングミステリー&ホラー部門奨励賞(長っ!)を受賞した作品。

読んだ率直な感想としては、デビュー作ということもあってか、読み易い、ライトノベルに近いかと思われるような読み応えです。
”氷菓”という題名だけ見て、ちょっとヒヤッとする…というと、単純なイメージ過ぎですが、そういう、クールな作品かと思っていたのです。
でも、読み始めると、ほのぼのしている。
学園ミステリ、とあらすじに銘打たれておりましたが、その通りですね。

キャラクタも、それなりに個性的な高校生たちが出てきます。
奉太郎の”省エネ”少年っぷりはというと、廊下に落し物らしき物体を見つけても、貴重品ではなさそうだと認識すると、拾うのを止める。
一円以下の価値のものを拾うために身を屈めても、必要なエネルギー消費は一円を上回ってしまうというのは省エネ者の間の常識だ。
…ということらしい。
そのシーンにきて、漸く主人公のキャラクタを楽しみ始めました。

お嬢さまの千反田、毒舌の伊原という女子。
”旧友”で”好敵手”で”仇敵”の里志のキャラクタがヒトクチでは言えないけれど、面白いです。

血生臭いミステリでは全くありません。

でも、千反田さんが持ち込んだ謎はほろ苦く、他の謎とはまた少し違います。

この作品はどうもシリーズとして二作目が出ているようなのですが、この作品を読み終えた時にいつの間にやら次作が気になっていたぽっぽでありました。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

山田詠美『熱血ポンちゃんが行く!』(角川書店)

一回読んでみたいな、と思っていた山田詠美さんのエッセイ(小説は読んだことあり)。
どうなんやろ~とぱらっとページを捲くったら、「N.Y.」の文字が。
これは読むでしょう!

熱血ポンちゃんが行く!熱血ポンちゃんが行く!
山田 詠美

角川書店 1992-01
売り上げランキング : 445180

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


英語混じりの文章はNYに住んでいる日本人の会話を思い起こします(けっこう英単語混じりの会話をしているひとを見かける)。
宮本輝さんとの出会い~結婚パーティまで!
くるくるくると山田さんの物語が紡がれています。
幸せなことや楽しいことは自分で見つけて、創り出してゆくものなのだと気付くことができる。
恋人とのやりとりはケンカも含め、どたばたと楽しそう。

山田詠美ワールドへの新しい扉が開きます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

横溝正史『犬神家の一族』(角川書店)

犬神家の一族犬神家の一族
横溝 正史

角川書店 1972-06
売り上げランキング : 6503

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ある日、探偵の金田一耕助のもとに法律事務所の若林豊一郎から一通の文が届く。
信州財界一の巨頭、犬神佐兵衛の一族の間になにやら恐ろしい争いが起こるという。
佐兵衛が亡くなり、遺言状がまだ公開されていないことなど、好奇心を煽られた金田一は犬神家の在る那須市へと向かうのだが…。


映画化ですね。  TOPページに少しびっくり。小心者さんはそうっと見ましょう(笑)  →公式ページ
ちょっと気になる~ので、文庫を読むことに。
映像化などで注目される作品はお店でばばんと展開。
お客様が「おや」と思われるように書店員も「おや」と思うのです。
私はミーハー度高いですけれど。

横溝正史さんの「金田一耕助シリーズ」はリアルタイムで読んでいない、映像化されたものを見ていない者であってもその名前は見聞きしたことがある方がほとんどではないでしょうか。
「金田一少年」(講談社コミック)のヒットもあって、「金田一」の名称は世代を超えて大きく広まったでしょうし。
私も多分、「金田一少年」から「金田一耕助」を知ったクチ。

読み終わって、面白い、と素直に感じました。
古い作品なんだけれど、けして色褪せていない感覚があります。
探偵・金田一耕助も登場人物たちも魅力的、魅惑的。
最初からラストまでが劇的です。

またシリーズに手を出してしまった、それも面白かった。
…他のも読まなきゃー!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

吉本ばなな『哀しい予感』(角川書店)

哀しい予感 (角川文庫)哀しい予感 (角川文庫)
吉本 ばなな

角川書店 1991-09
売り上げランキング : 25180

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吉本ばななさんの小説は今までに雑誌に載ったものを除くと、一冊だけ-『TSUGUMI』を読んだことがあるだけです。
お名前は勿論よく耳にするし、有名!!な人気ある作家さんだという認識もさすがにあります。
『TSUGUMI』を読んだ時も決して苦手な作風?ではないな、と感じたものです。
でも、色々と他の作家さんに気をフラフラさせていた間にすっかり私の脳裏に沈みこんでしまっていたみたいです。

主人公・弥生と叔母のゆきの。ゆきのがひとりで住む家を弥生は訪れる。 そして、ある日を境にゆきのは姿をくらます。


・・・すいません、あらすじの説明力が非常に乏しくて(笑)
でも、吉本さんの作品っていい意味でごちゃごちゃしていない感じがしました。
まーるくひとつのおはなし、というか。
と、説明できない言い訳をしつつ・・・。

ちょっとラスト、「ん~」となってしまった私。
主人公の性格も悪くはないんだけれど、あまり好きにはなれませんでした。
どっちかというと、自由気ままに生きているゆきのさんに好感が持てたかな。

「大ベストセラー」(表紙の折り返しより)ということで、期待し過ぎていたかも。
悔しい?ので、次(吉本ばななさんの本を)何読もう。と模索中。

| | Comments (0) | TrackBack (0)