« 映画を観る→『釣りキチ三平』 | Main | 伊藤理佐『女のはしょり道』(講談社) »

銭ゲバ♯9(完)

公式ページはこちら → 

自ら命を絶つために、思い出の小屋を死に場所として選んだ風太郎。
「見届ける」ために小屋の外で見守る緑。
身体にダイナマイトを巻き付け、風太郎は導火線に火をつけた…。


火が長い、長い導火線を、風太郎の命の残り時間を少しずつ縮めてゆく。
思わず見つめる、柱に刻んだ「幸せ」の文字。
幸せ?

風太郎は幻の人生を描く。
少年時代の風太郎。
お金持ちではないけれど、決まったお小遣いをもらい、お金の大切さを親に教わる。
職についている父親とキャッチボール。
二人とも笑顔。
母親は変わらず、病気を抱えているけれど、父と風太郎に見守られ、手術も無事に成功する。

少年時代の風太郎、今度は道端で財布を拾う。
きちんと警察に届けようと落とし主を思いやる風太郎。
仲良しのお兄ちゃん、その兄である刑事の荻野とにこやかに談笑する。


次は、大学の合格発表。
茜と出会う、そして、結婚する。

「一番大切なものはこころ」だと父から教わる。

現実と幻が交錯する。
現実は死がもう目前にまで迫っているのに、幻の中の風太郎は穏やかに、自分も周りも笑顔に包まれている。
小屋の外では、こらえきれずに泣きながら、それでも身体と心を奮い立たせて、見守る緑がいた。
本当に、“終わり”が迫っているのだと、あたたかな幻にほっとすることもできないまま、画面から目が離せませんでした。

幻の中では、茜が可愛い赤ちゃんを産み、毎日風太郎を笑顔で見送ってくれる。
毎日、会社に行く。
毎日、愛する家族と過ごす。
けして、お金持ちの生活ではないけれど、そんなくすぐったい毎日を繰り返す。


お金じゃない。
お金じゃない…?

幻はついに終わりを迎え、ダイナマイトに間もなく火がつこうとしている。
現実に戻ってきた。
「死ぬぞ!!」
覚悟を決めたはずなのに、もうどうにもならないところまできて、暴れ、“生”にしがみつこうとする風太郎の姿は痛々しい。
でも、それは全く何もつくろっていない、真の風太郎の姿。
「死ぬのが怖い」
最後の最後に、風太郎がひとりの人間である部分をさらけ出した、瞬間でした。

風太郎のお墓を建ててあげた緑。
苦しくて苦しくて、彼女の悲しみはこれからも癒えることはないのかもしれないけれど、前を見て、歩き出した姿に、彼女の本当の強さが光りました。
風太郎が死んで、ようやくお金から解放されたように、緑自身も、ようやく憎しみでいっぱいの毎日から少し解放されたのかもしれない。
風太郎自殺の記事に向けてお酒を酌み交わすお父さん。
どうしようもない人間で、けして良い父親ではなかった。
でも、父親として、ひとりの男として、風太郎を悼むその姿は印象的でした。


風太郎の見た、幻は、彼の願望なのか??
「わかったよ、わかったって、俺はもう死ぬよ、消えてやるさ」
「俺は間違っていたとは思わない」
「ただな、俺は思うズラ」
「いいか?この世界に生きてるやつはみいんな銭ゲバだ」
「じゃあね」
もし、風太郎がどうにかダイナマイトの爆発を免れて、生き残ったとして。
彼は、お金の呪縛から、解き放たれたとも思えない。
きっと、人生をやり直そうとは思わなかったように、思う。
だから、彼には死ぬ、という道しか残されていなかったのかも…と、けして自ら命を絶つことは認めたくはありませんが、思わずにはいられませんでした。
でも、彼に“幸せ”になる、きっかけが訪れるのをずっと待っていました。
風太郎は、あまりにも強烈で、正直、未だに消化できておらず。
世の中、お金、という意見も、間違ってはいない。
お金がないと、生きていけないのも、実情。
ひとつの答えなんて、ないのだろうけれど。

とにかく、非常に強烈なドラマでした。
原作がやはり、かなり濃いようなので…怖くて、当分読めそうにはないですが。
松山くんをはじめ、キャスト、スタッフの方々、お疲れ様でした。
とても、夢中で、画面から目が離せず、息を呑んで毎回鑑賞していました。
意味合いが色々あるけれど、面白かった!
ありがとうございました!


銭ゲバ オリジナル・サウンドトラック銭ゲバ オリジナル・サウンドトラック
TVサントラ 金子隆博

バップ 2009-02-25
売り上げランキング : 1507

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


さよなら(初回限定盤)(DVD付)さよなら(初回限定盤)(DVD付)
前川真悟

エル・ディー・アンド・ケイ 2009-02-04
売り上げランキング : 1531

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 映画を観る→『釣りキチ三平』 | Main | 伊藤理佐『女のはしょり道』(講談社) »

Comments

メモのまま感想文を放置してあって、振り返り観賞も未だ途中・・・
原作は読んでしまいましたが。
また後日改めて、おしゃべりに参ります☆(^人^;)

Posted by: kiyu | March 29, 2009 at 01:20 AM

>kiyuさん 
何か、全然うまく言葉にできなくて(;_;)
とにかく、インパクトが強烈で、最終回はずっとうるうるしちゃっていました。
風太郎はかわいそうだけれど、悲しいけれど、他人の命を奪っておいて、最期の際に生にしがみつこうとした瞬間、少しだけ憎くなりました。
松山くんのドラマ公式ブログでのコメントを読んで、ようやく、一息つけた状態です(^o^;

kiyuさんの感想、楽しみにしています。 
また語りましょう〜☆

Posted by: ぽっぽ | March 30, 2009 at 10:02 PM

私もついにみさせていただきました。。。

前回から
いったいどんな最終回になるのかと
ドキドキしていたら…


風太郎の
別の人生が描かれるとは思ってもミナカッタ。

しあわせな日常が
逆に苦しく悲しくなりました。。。。。


今の時代だからこそ
つくられたドラマだったのかもしれないよね…

原作

トライする勇気・・・くださいっcrying

Posted by: あかね | April 03, 2009 at 02:47 PM

>あかねちゃん
みんなが笑っていて、本当ならいっしょに幸せな気持ちになれそうなのに、逆に、苦しかったよね;;
“今の時代”に風太郎ががつんとぶつかってきたね。
頑張るぞ!!!

原作~…私もまだ無理かも~><
い、いつの日か。

Posted by: ぽっぽ | April 03, 2009 at 08:40 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/44383550

Listed below are links to weblogs that reference 銭ゲバ♯9(完):

« 映画を観る→『釣りキチ三平』 | Main | 伊藤理佐『女のはしょり道』(講談社) »