« 映画を観る→『252 生存者あり』 | Main | 映画を観る→『少年メリケンサック』 »

映画を観る→『感染列島』

公式ページはこちら → 

感染列島―映画ノベライズ版 (小学館文庫)感染列島―映画ノベライズ版 (小学館文庫)
涌井 学

小学館 2008-12-05
売り上げランキング : 82030

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

救命救急医の松岡剛(妻夫木聡)のもとに1人の急患が運び込まれた。 患者は、高熱、けいれん、吐血、全身感染を併発する多臓器不全を起こしており、これは人類が初めて遭遇する感染症状であった。 戦場と化した病院にWHOからメディカル・オフィサーの小林栄子(檀れい)が派遣され、わずか半年で感染者が数千万にものぼる恐るべき事態を予測する。 (シネマトゥデイ)


妻夫木くんが出ている!ということもあって、観に行ってきました。
新型インフルエンザの感染拡大による、パニック映画??

妻夫木くん演じる、松岡の元にやって来る一人の患者。
“ただの風邪”と診断したが、症状が悪化、激しいけいれん、吐血を起こす。
恐るべき、感染の速さ、有効なワクチンもなく、為す術のない人々。
医療従事者の中でもどんどん感染者は出てきて…。
あっという間に拡がってゆく、新病。
怖いです。
おかげで、退屈はせずにハラハラできます。
眼が真っ赤になって…という、症状の表れ方は思わず、『L』を思い出してしまう…海外ロケシーンも含めて、「え、L!?」と感じる面がちらほら。
本当にこういう病気が出てきちゃいそうで、ますます、怖い。

佐藤浩市さんが思いの外、脇役だった…。
藤竜也さんももっと活躍してほしかった…。
茜役の夏緒ちゃんとボーイフレンド役の太賀くんはフレッシュで、良かったです。
ほのぼの、でも、真剣。
2人の恋は素敵でした。
妻夫木くんと檀れいさんの恋よりもきゅんときたかも。

感染者の中でも症状の出方、発症までの時間にけっこうなばらつきがあったことが微妙。
血まみれなひとが多い中、メインのひとたちは比較的きれいな死に顔というばらつきも、しょうがないんだろうけれど、どうなんだろうと。

災害もだけれど、病気はさらに、予防をしていてもどうしようもないことがあると感じ、ぞくりとしてしまう映画でした。
せめて、一般的な風邪にはかからないように、手洗い、うがいはしっかりと!
なんて言っている私が今まさに風邪ですが。
でも、もう治りつつあるので、さらにうがいを徹底して参ります!

|

« 映画を観る→『252 生存者あり』 | Main | 映画を観る→『少年メリケンサック』 »

Comments

感染列島~scissors
こわくてなかなかなかなか観れなさそう…
って思いながら観ずにいます…あかねデスnote

パニックになってゆく過程が
恐ろしくて

観れないbearing

と、思いつつ、その過程にある人間ドラマがすごいんだろうな~☆と思いました!

うん!252と、ともにDVDで楽しみますnote

パニックものや社会的なテーマから目を逸らしギミです…私coldsweats01

Posted by: あかね | March 18, 2009 at 12:12 PM

>あかねちゃん
『252』よりは真面目に、怖かったです。
でも、人間同士の諍いはそんなにはなかった…かな><
病気って、災害以上に逃げられない気がして、怖い;;
私も苦手な系統の映画は観ないもん、せっかくなので、好きなやつを優先して観ようっ☆
だから、心に余裕がある時で、他に観るものがなかったら観てみて~(笑)

Posted by: ぽっぽ | March 19, 2009 at 01:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/44382079

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『感染列島』:

« 映画を観る→『252 生存者あり』 | Main | 映画を観る→『少年メリケンサック』 »