« 横山秀夫『陰の季節』(文藝春秋) | Main | 映画を観る→『ブタがいた教室』 »

映画を観る→『容疑者Xの献身』

公式ページはこちら → 

惨殺死体が発見され、新人女性刑事・内海(柴咲コウ)は先輩と事件の捜査に乗り出す。 捜査を進めていくうちに、被害者の元妻の隣人である石神(堤真一)が、ガリレオこと物理学者・湯川(福山雅治)の大学時代の友人であることが判明。 内海から事件の相談を受けた湯川は、石神が事件の裏にいるのではないかと推理するが……。(シネマトゥデイ)


ドラマ化の際に、『探偵ガリレオ』、『予知夢』、そして、今回映画化となった『容疑者Xの献身』を読みました。

容疑者Xの献身 (文春文庫)容疑者Xの献身 (文春文庫)
東野 圭吾

文藝春秋 2008-08-05
売り上げランキング : 58

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


原作では、探偵役、湯川の相棒は草薙、ドラマでは柴咲コウさん演じる内海がその役を担っていました。
まぁ、それはそれで。
ドラマは原作と異なる”流れ”で物語が進んでいったため、ベツモノとして楽しんでいました。
そして、『容疑者X』の映画化。
一体、誰が容疑者X=石神を演じるんだろう??
前作の『探偵ガリレオ』、『予知夢』と違い、『容疑者X』は長編、そして、お話もけっこうな深さで…ドキドキしながらキャスト発表を待っていたら、なんと、堤真一さん。
一番最初に頭に浮かんだのは、「カッコ良すぎだろう!」。
どうなんだろう、この映画…どきどきしながら鑑賞してきました。

感想としては、想像以上に、良かったです。
福山くんと柴咲コウさんはまぁ、ドラマの通り、という感じなのですが、何と言っても、「カッコ良すぎ」と評価してしまった、堤さんが素晴らしかった!です。
卑屈で、けして社交的ではなくて、でも、数学に関してだけは人一倍の自信とプライドがあって。
そんな石神を徹底的に演じられていました。
髪の毛もわざと自分で少しカットして減らして見せていたという話も聞き、はぁ~…と、感嘆。

そして、その石神が好意を抱く女性を演じた松雪泰子さんがはかなげで、キレイ…。
娘、美里役の金澤美穂ちゃんも良かったです。
幸、不幸含め、母子のシーンはぐっと引き込まれて。
お互いにすごく想い合っているのが伝わってきました。


石神の”献身”は全うされるのか??

繊細で、哀しい、純愛。
湯川先生が見せる一面も、切なかったです。
だからこそ、湯川と石神が部屋でお酒を飲み、語るシーンなどはほっとして、好きなシーンです。
2人の天才、2人だけしか分かりえないつながり。


ツッコミとしては、雪山のシーンは…要るの???
いつもの湯川のカッコイイ見せ場かと思いきや、そうでもないし。
…要らないよね…(笑)


ドラマで見せたオリジナル色は薄まってしまっていたので、ちょっと残念な気もしますが、原作ファンとしては、忠実に丁寧にキャスト、スタッフの方が創られているようで、嬉しかったです。
夢中で鑑賞できました。


↓映画主題歌。石神の想いを描いているようで、鑑賞後に聴くと、また違う印象を抱けるはず。

最愛(DVD付)最愛(DVD付)
KOH+ 福山雅治 井上鑑

UNIVERSAL J(P)(M) 2008-10-01
売り上げランキング : 205

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓サウンドトラックはこちら。

「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラック「容疑者Xの献身」オリジナル・サウンドトラック
サントラ

UNIVERSAL J(P)(M) 2008-10-01
売り上げランキング : 13806

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 横山秀夫『陰の季節』(文藝春秋) | Main | 映画を観る→『ブタがいた教室』 »

Comments

だねだねshine別物だよね…映画と原作confident

確かに雪山にビビリマシタcoldsweats01
石神さんを悪くみせる演出だったのかな???すごかったーdelicious

花岡家でおきる元夫との乱闘騒ぎがリアルで
ここは原作忠実ダーshockって恐くなったくらい!

ラストの感動がよかったーheart02堤さん!さすがだ~heart02

Posted by: あかね | December 03, 2008 at 01:02 PM

>あかねちゃん
“迫力”という点では事件の発端ともいえる、乱闘シーンが私もおぉ!と思いました☆
そういう意味では一番お気に入りのシーンかも。
“事件”はこんな風に転がるように起きてしまうんだ…一気に引き込まれてしまったよ(>_<) 

堤さん…鑑賞前に漠然と抱いていた不安、消し飛びました。
本当に、「さすが」でした(*^_^*)

Posted by: ぽっぽ | December 04, 2008 at 10:32 AM

私は読まないうちにドラマが始まって、楽しく「月9」を観てしまったので・・・
コウちゃんがオリキャラとも知らずに(笑)☆
だからその延長だと思って軽く映画を観に行ったので、結構ずしりとやられて鑑賞しました。
堤さんと松雪さんの凄さに完敗です。
コウちゃんはラストの歌が良かったなー・・♪
私も感想文を書かなくちゃ・・^^;

Posted by: kiyu | December 08, 2008 at 10:31 PM

>kiyuさん
内海さん、現在は書籍化された『聖女の救済』に登場するキャラクタみたいなので、読みたいです…文庫待ちかなぁ。
『容疑者』は確かに、ちょっと、重たい。。
役者さんたちのおかげで、原作ファンとしても、すごく楽しかったです。

歌も、マッチしていて、終わった後の切なさにやさしくしみて、素敵でしたv
感想文、楽しみにしていまーす!

Posted by: ぽっぽ | December 11, 2008 at 09:57 AM

こんばんわ!
最愛で検索してきました!すごくいい曲ですよね。。
実はブログの中で弾き語りをやってるんです。
それでこの曲をカバーしてみたので、
良かったら遊びに来てもらえたら嬉しいです^^

Posted by: KOGA | January 02, 2009 at 10:14 PM

>KOGAさん
ご訪問&コメント、ありがとうございます!
“最愛”、映画ともすごくぴったりで、聞くと、思わずホロリとしてしまう曲です。
ブログ、のぞかせて頂きますね☆

Posted by: ぽっぽ | January 06, 2009 at 05:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/43303375

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『容疑者Xの献身』:

« 横山秀夫『陰の季節』(文藝春秋) | Main | 映画を観る→『ブタがいた教室』 »