« 南Q太『ピンクペッパー 1巻』 | Main | 鴨居まさね『ジベルばら色』(集英社) »

映画を観る→『崖の上のポニョ』

公式ページはこちら → 

5歳の少年宗介は、海辺の小さな町のがけの上の一軒家で暮らしていた。 市街地から外れた彼の家の周囲には何もさえぎるものはなく、ただただ青く美しい海と空が広がっている。 仕事で留守になりがちな父親の不在を寂しく思っていた宗介だったが、ある日、浜でさかなの子ポニョと出会うことでその寂しさも忘れ、やがて2人は強いきずなで結ばれていく。(シネマトゥデイ)


”ジブリ”というだけで、上がる期待のハードル。
周囲の評判などを聞いて、気持ちをまっさらにして、鑑賞しました。
わくわくしながら上映が始まるのを待つ。
始まる、広がる、海の世界。
フジモトが不思議な液体を手に、何やら実験のような、魔術のようなことをしている。
何?何をしてるの??
出だしから好奇心をそそられ、そこからは夢中で鑑賞しました。

宗介はしっかりした子供だなーとあまりに”できた”少年で、驚くばかり。
将来有望ですよっ(笑)
仕事柄不在がちな父の代わりに共にいることが多い母の影響かと思われます。
快活で、気丈、喜怒哀楽もはっきりした女性であるリサ。
彼女は女性の”強さ”を描く宮崎監督らしいキャラクタであり、同性の目から見ても「カッコイイ」女性であり、お母さんです。
全力で宗介を愛し、常識だけにはとらわれず、子供の意見を聞くことができる大人である彼女は、物語の中でも輝いていました。
声をされている山口智子さんがイメージともにピッタリなのが良かったです。

リサの働く施設のおばあちゃんたちも、宮崎監督らしさがたっぷりでしたね。
明るくて、可愛らしい、少女らしさを持ち合わせたおばあちゃんたち。

さて、ポニョ。
金魚って…海で生きられるの??
と、まっさらで鑑賞している私の頭に思わず、よぎる疑問。
…まぁ、置いておこう。
なんて感じで、疑問はとりあえず、ストックしておいて、鑑賞を続けていました。
半漁人のポニョも可愛いけれど、人間になったポニョも可愛いです。
宗介がしっかりした子過ぎて、ポニョにはハラハラしちゃいましたが、一応、同じ年頃の設定なのかな。
ポニョのお父さんである、フジモト、彼のことがけっこう好きでした。
ちょっと3枚目で、彼なりに娘のことを心配して色々行動しているのに、全然報われないところが憎めないというか。
ポニョともうちょっと仲良くできるといいのになぁ、と後半は彼を応援してしまいました。

疑問、ツッコミは鑑賞後色々湧いてきましたが、海の世界側は特に不思議だらけでした。

ポニョは、”人魚姫”を思い起こさせる設定。
ポニョと宗介はその後、どうなるの??とオトナはついついつっこんで聞きたくなるんだけれど、それは野暮ってもんなのでしょうか。
すべて手書きという、やさしい色合い、キャラクタたちの心情を目の動きで表現するなど、終始楽しく鑑賞できました。
食べ物のシーンは相変わらず、美味しそう!!とお腹が空いちゃいました。
なんてことのない材料を使った料理しか出てこないのに、何であんなに美味しそうに描けるんでしょう。


かわいくって、気持ちがあったかい、そんな映画をジブリがまた届けてくれました。
オトナには物足りないかもしれないけれど、色々不思議を探すのも、良いかもしれません。


↓サウンドトラック。
”浦の町”の躍動感がお気に入り、表情豊かな曲が詰まっています。

崖の上のポニョ サウンドトラック崖の上のポニョ サウンドトラック
久石譲 覚和歌子

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2008-07-16
売り上げランキング : 4200

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓イメージアルバム。
まだ聴けていないのですが、こちらも気になる…。

崖の上のポニョ イメージアルバム崖の上のポニョ イメージアルバム
サントラ 豊嶋泰嗣

徳間ジャパンコミュニケーションズ 2008-03-05
売り上げランキング : 2870

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓フィルムコミック(全4巻)。

崖の上のポニョ 1 (1) (アニメージュコミックススペシャル フィルムコミック) (アニメージュコミックススペシャル―フィルムコミック)崖の上のポニョ 1 (1) (アニメージュコミックススペシャル フィルムコミック) (アニメージュコミックススペシャル―フィルムコミック)
宮崎 駿

徳間書店 2008-08-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 南Q太『ピンクペッパー 1巻』 | Main | 鴨居まさね『ジベルばら色』(集英社) »

Comments

>”ジブリ”というだけで、上がる期待のハードル

っていうトコロに共感…なんかいろんな意見が交錯してるよね☆
でも、圧倒的な映像の美しさには、ただただ驚かされましたapple

ちょこちょこっとした疑問などは置いておいて…すごいかわいいラブストーリィだったなぁheart04と、今は思っていますnote

ちなみに
ぽにょのぬいぐるみ(ミニサイズ)をジブリ美術館にてゲットしましたheart01(自分用…しかし私…成人女子。笑)

Posted by: あかね | November 05, 2008 at 12:46 PM

>あかねちゃん
”圧倒的な映像の美しさ”、ほんまに!
観ていて、大人も子供も目がキラキラしてしまいそうになる映画を作るのは、さすがジブリ☆
はっきり白黒つけたいところもあるんやけれど(笑)、可愛いお話やったよねv

美術館では限定グッズみたいなかたちで販売しているんかな??
ポニョ、欲しい!とうらやましい、成人女子でございます(笑)

Posted by: ぽっぽ | November 07, 2008 at 01:17 AM

こんちには〜。
自分も観に行きました! 良かったです。

突っ込んではいけません。海で拾ったポニョを水道水につけたりとかは、特につっこんではいけません(爽

作品の世界からして、子供の目線で作られた作品のように思えて感心してました(登場人物たちに躊躇という概念がないように感じたところとか)。シンプルな作品ながら作り手のコダワリが随所に見えて(エンドロールがコンパクトだったり)とても好ましい映画でした。

Posted by: isaki. | November 09, 2008 at 03:16 PM

ぽっぽちゃんのしっかりしたオトナな優しい感想文に拍手です^^
私は色々感じて考えて・・・でも一回りしてやっぱり「う゛ー( ̄▽ ̄;)」と言っちゃうか、なあ(笑)。
ええ、野暮なのは充分解かっているつもり☆
哀しいけど~・・
なんだかんだ言っても結局常識にとらわれて日常をバタバタしている、同じ年頃の一人息子を持つ平凡な母親としては、
「可愛かったねえ、面白かったねえ♪」でも、「物語のコトだからね☆」でも素直に片付けられませんでした;(>_<)笑

ジブリを観て育ったジブリファンだからこそあえて、のつもりなんだけどね^^;

Posted by: kiyu | November 09, 2008 at 04:25 PM

>isaki.さん
コメント、ありがとうございます☆
ポニョ自身に関しては、ツッコミがいっぱいですが、そっとしておきます(笑)
キャラクタに勢いがありましたね、皆ガーッと突き進んでいくというか。
エンドロール、監督もキャストもみんな、同列であいうえお順、手書き文字、というのがほんと、可愛らしかったです♪


>kiyuさん
ふふふ~オトナぶってみました☆
鑑賞した友達はボロボロのけちょんけちょんにコメントしていたので、「うぅ…」とかなり言い負かされてしまいました。
うちもツッコミたいとこ、色々あるもの(笑)
ポニョは宗介が「だいすき!」で、宗介もポニョが「だいすき!」。
素直に、「だいすき!」って言えるのは素敵なことだなって、感じてしまいました。
親と子の間の「だいすき」も、自分が親になった時にたくさん言ってあげたいと未婚のぽっぽは思ったのであります(笑)
嵐の中車で無茶して突っ走るリサはちょっと心配でしたが^^;
今回は何が起きても受け止めるよ~という受け身状態で鑑賞したので、次回観る機会があったら、その時はシビアなオトナ視点(笑)で鑑賞してみたいです☆

Posted by: ぽっぽ | November 15, 2008 at 12:31 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/43010811

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『崖の上のポニョ』:

» 映画『崖の上のポニョ』 [KIYU’s Daily Scrapbook]
生まれてきてよかった。 『崖の上のポニョ』 (2008/7/19~) 監督・脚本 [Read More]

Tracked on November 09, 2008 at 04:29 PM

« 南Q太『ピンクペッパー 1巻』 | Main | 鴨居まさね『ジベルばら色』(集英社) »