« 映画を観る→『デトロイト・メタル・シティ』 | Main | 映画を観る→『容疑者Xの献身』 »

横山秀夫『陰の季節』(文藝春秋)

陰の季節 (文春文庫)陰の季節 (文春文庫)
横山 秀夫

文藝春秋 2001-10
売り上げランキング : 14429

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

収録作品
陰の季節
地の声
黒い線


D県警シリーズ第一弾。
警察小説ではあるが、”裏方”ともいえる部署の人間を主に描いた短編集。
『陰の季節』に出てくる二渡(ふたわたり)は人事に携わる、警務課。
『地の声』の新堂は監察課。
『黒い線』の七尾は元機動鑑識班、現在は二渡と同じく、警務課の婦警。
『鞄』の柘植は秘書課。
ぱっと課名だけ聞いても、ほわんとしたイメージしか浮かばないのが、情けないところである。
D県警シリーズ、とあるだけあって、すべての作品がつながっていて、さっき読んだ作品の登場人物が他のところでも顔を出したり…と、シリーズの醍醐味、楽しさがあります。
二渡調査官が”エース”と呼ばれているのがカッコイイ!と一人、にまっとしてしまった…。
普段、のんびり暮らしているだけの私には、まさか警察の中でこんなやり取りや駆け引き、内部で静かな闘いが行われていることなど、知るよしもない。
だから、実際に登場人物と同じ思いなんて、したこともないし、きっとしないだろうなとも思うのだけれど、のめりこむ。
現実の警察内がこんな風だとは勿論言えないけれど。
相変わらず、男たちの野心やぎらぎらした心理描写に、ハラハラドキドキさせられる。
ひとを思いやる心、が尊い世界ではない。
婦警の七尾さんの親心的なくだりはほっとしてしまう。

横山作品は、いつも、丁寧に張り巡らされた伏線が、後半の後半で、ぐんぐんと収束され、思わず、登場人物と一緒に「!!」とラストを迎えるのが、すごく好きです。


↓単行本はこちら。

陰の季節陰の季節
横山 秀夫

文藝春秋 1998-10
売り上げランキング : 639584

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 映画を観る→『デトロイト・メタル・シティ』 | Main | 映画を観る→『容疑者Xの献身』 »

Comments

初めまして!
私も横山さんの作品にハマッています。
警察小説、事件記者、読み応えがありますね♪
よかったら、私のブログにもおいでください。

Posted by: やっくん | May 17, 2009 at 01:26 AM

>やっくんさん
はじめまして!
コメント、ありがとうございます☆
読み始めると夢中になって、ますますハマりつつあります、横山作品。

やっくんさんのブログ、グルメリポートを夜中に読んでしまい、非常にお腹がすいてきました(笑)
またゆっくりお邪魔します!^^*

Posted by: ぽっぽ | May 17, 2009 at 02:16 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/43252704

Listed below are links to weblogs that reference 横山秀夫『陰の季節』(文藝春秋):

« 映画を観る→『デトロイト・メタル・シティ』 | Main | 映画を観る→『容疑者Xの献身』 »