« その9☆ネコムラ! | Main | あいざわ遥『リネンとガーゼ 1巻』(集英社) »

谷川史子『おひとり様物語 1巻』(講談社)

みんな”おひとり様”


おひとり様物語 1 (1) (ワイドKC)おひとり様物語 1 (1) (ワイドKC)
谷川 史子

講談社 2008-10-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読みきりタイプ、色んな”おひとり様”の物語。
おひとり様は楽しい?さみしい?
あなたは毎日、”わくわく”していますか?


谷川先生のコミック読者にはおなじみ、巻末の”告白物語”(あとがき、エッセイ的なページ)にて、今回の『おひとり様物語』における”おひとり様”の定義に関して触れられています。
一般的に定義されがちな”独身”、”特定のパートナーなし”だけではなく、”パートナーはいるけど物理的に離れている”、”パートナーはいるけど心が離れている”といった人々も含まれているそうです。
帯に書いてあった、”みんな、おひとり様”の意味が分かりました。

ひとつ目の作品の主人公の職業が書店員だったので、そこでつかみはオッケー!されてしまいました、単純。
しかし、社販”7掛け”(3割引)で本が買えちゃうなんて、一体どんな好景気…関東は物価が高いというから、割引も大きくなるんやろうか…と、全く本編と関係ないところでストップする私でありました。
ひとりごはん、私もけっこうします。
今は実家なんだけれど、自分の部屋というものがほとんどないような状態なので、一人の時間に憧れが強いのかも。
ひとりでランチ、映画、ぶらっと買い物、というのは、就職してから定番コースになりつつ…土日お休みでないので、あんまり友達と予定が合わないということも大きいのだけれど。
色んな意味で1作目の主人公に共感しておりました。

2作目以降はなんだかんだで恋バナが絡んでくるのですが、相変わらず、胸キュンの内容で、「ん~~!」とジタバタしちゃいました。
ひとを好きになるって、胸がじんわりすることだよなぁ…と、改めて。
あぁ、恋がしたい☆

ふと下を向いちゃうことがあっても、作品に出てくるキャラクタと一緒に、「よっしゃ、がんばるぞ」と思える。
思わず、「よっしゃ~!」って小さく叫んじゃうくらいに気合いをもらっています(笑)

ますます、谷川コミックに夢中になっているぽっぽであります。
ドラマチックに走らないところが、魅力です。
ゆったり、お茶を飲みながら読みたくなるコミック。

|

« その9☆ネコムラ! | Main | あいざわ遥『リネンとガーゼ 1巻』(集英社) »

Comments

谷川先生の本て。。。最近はずっと読んでなかったんだけど、ぽっぽちゃんがblogで紹介してくれるから、すごく読みたくなってきてたのheart01
しかも、この作品~すごく惹かれますnotes
私も実家だから
完全1人ってゆー時間は少なくて、1人時間て…憧れちゃう。だから最近は1人でマンガ喫茶とかいってしまうbleah(爆)
1人は1人で寂しいけど…1人でもHappyに過ごせるなら、家族とも友達とも恋人とも…職場の人とかとも、うまくやっていけるかなーって思った。

ちょっとズレたけど(笑)
1人でいる時間も大切にしたいっす。
そして、このマンガは読みたい!

Posted by: あかね | October 17, 2008 at 03:33 PM

>あかねちゃん
うん、自分の時間も楽しめてこそ、だよね☆
1人がベスト!ではないけれど、充実した1人時間があることによって、誰かと過ごす時間をより充実したものにもできるように思います(*^_^*)

谷川先生のマンガは、乙女が詰まっていて、オススメです!
あったかさにホロリときたり。
『りぼん』時代の作品も良いよ〜ぜひ、漫画喫茶で置いていたら読んでみて!

Posted by: ぽっぽ | October 18, 2008 at 11:22 PM

関東の本屋さんも”7掛け”だよ(笑)。
コタロウが生まれる前なのでまあ大分前だけど、私がバイトしていた頃はそうだった☆
確かに実家のあたりと比べてモノは高価いけど、関西も都市部は高価いのでは??

『おひとり様』、時々雑誌掲載分を読んでいます。
テーマがテーマだけに、切なさが盛り上がったままエンド☆っていうお話もあって・・・
オトナ女子の読み物だよね。

Posted by: kiyu | October 21, 2008 at 05:06 PM

>kiyuさん
えー!!”7掛け”∑
私が以前バイトしていた書店も、現在勤めている書店も、近くの大きな書店も1~2割引の間です~ひゃ~どきどきしちゃう(笑)
関東はランチも高いし、家賃も高いと知人から聞かされていて。
東京はディズニーあたりしか行っていないので、道にあるカフェやレストランがどんな感じか、私は全く知らないのですが><
…と、物価の話はいったん、置いといて(笑)

もともと谷川さんもあいざわさんといっしょで(タイプは違いますが)、少しオトナっぽい雰囲気を含んだ作品が多かったのですが、最近は専らオトナ女子向け作品を描かれていますね。
この歳になって昔とはまた違う楽しみをコミックから得ているな~と最近ふと思います☆
雑誌、今も連載中なんですよね??
他のお話も早く読みたいなv

Posted by: ぽっぽ | October 22, 2008 at 12:45 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/42814583

Listed below are links to weblogs that reference 谷川史子『おひとり様物語 1巻』(講談社):

« その9☆ネコムラ! | Main | あいざわ遥『リネンとガーゼ 1巻』(集英社) »