« 森博嗣『τになるまで待って』(講談社) | Main | のどがいがいが »

椎橋寛『ぬらりひょんの孫』1巻~続刊(集英社)

ぬらりひょんの孫 1 (1) (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 1 (1) (ジャンプコミックス)
椎橋 寛

集英社 2008-08-04
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ぬらりひょんの孫 2 (2) (ジャンプコミックス)ぬらりひょんの孫 2 (2) (ジャンプコミックス)
椎橋 寛

集英社 2008-10-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


妖怪の総大将、ぬらりひょんの孫であるリクオは妖怪のクォーター。
そのため、普段はほぼ人間として生活している。
なかなか妖怪としての能力を見せないリクオに跡継ぎとして反対する者も妖怪の組織の中にはおり、ある時、彼を殺そうとする計画が練られた。
そのために、リクオのクラスメイトに危険が及ぶことになり…。


連載が始まる前に、読み切りが掲載され、その時にお気に入りだった作品。
おじいちゃんが妖怪の総大将ぬらりひょんで、彼の下、幹部がいたりと、”組織”=奴良(ぬら)組を形成しているというのが興味深い設定だなと。
リクオの住む家にはたくさんの妖怪たちがいて、やたらと過保護に”ぼっちゃん”を想う姿は微笑ましく、あたたかい。
妖怪は”人間に畏れられる”存在、彼らにはプライドもある。

妖怪らしくないリクオが跡を継ぐことを好ましく思わない内部の人間、また、奴良組を良く思わない余所の妖怪たちも出てきて、妖怪同士の抗争が中心に描かれる。
そして、リクオのクラスメイトが妖怪に興味津々でリクオが妖怪の血を継いでいることに気付かずにどんどんトラブルに巻き込まれていくエピソードも。
危機に遭遇し、リクオが妖怪として目覚める姿がカッコイイです。
急に口調も外見も変わってしまうという。
普段は可愛らしい、まさに”ぼっちゃん”。
でも、妖怪の姿であっても、人間の姿であっても、総大将の孫に恥じぬ、芯の強さを持っています。
絵がきれいで、妖怪たちが魅力的に描かれている。
恐ろしいシーン、というものもあるのだけれど、妖怪人間含め、個性的なキャラクタたちのおかげでおどろおどろしいだけの物語にはなっていない。

このマンガを読むと、妖怪図鑑的なものが読みたくなってしまいます、怖がりのくせに。
妖怪、カッコイイ!ってなっちゃいます。

|

« 森博嗣『τになるまで待って』(講談社) | Main | のどがいがいが »

Comments

きょ、興味深いーpunch
ぬらりひょんの孫ですかsign02
おもしろそうheart02

最近銀魂も集めるのが遅くなってきていてweepマンガから遠ざかってキテターwobbly

ぬらりひょん
マンガ喫茶にてチェックしますscissors

Posted by: あかね | October 08, 2008 at 02:40 PM

>あかねちゃん
妖怪モノo(^-^)o
ぬらりひょん〜、私は「ゲゲゲの鬼太郎」でその妖怪を知っていたくらいやねんけれど、なかなか興味深いです☆
マンガ喫茶、また行ったらちら読みしてみて!

Posted by: ぽっぽ | October 09, 2008 at 10:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/42719604

Listed below are links to weblogs that reference 椎橋寛『ぬらりひょんの孫』1巻~続刊(集英社):

« 森博嗣『τになるまで待って』(講談社) | Main | のどがいがいが »