« 宮部みゆき『長い長い殺人』(光文社) | Main | 山賊『やさぐれぱんだとペンギン』(小学館) »

映画を観る→『クライマーズ・ハイ』

公式ページはこちら → 


1985年8月12日、乗員乗客524名を乗せた日航機123便が、群馬と長野の県境に墜落、その一報が北関東新聞社に入る。
編集部で全権デスクに任命された悠木和雅(堤真一)は記者として扱う一大ニュースに対する興奮を禁じえないが、中央紙とのスクープ合戦や組織や家族との衝突を経て、命の重さに対しわき上がる使命感を覚える。(シネマトゥデイ)


非常に遅れての感想ですが、横山秀夫さん原作の『クライマーズ・ハイ』。
鑑賞後、けっこうずっしりくるものがあって、その日は少し沈んでしまっていました。

”日航機墜落”は実際に起こった事故です。
まだ私は幼く、当時のニュースなどが記憶には残っていないのですが、この事故で失われたのは500名以上の命。
しかし、映画はこの事件を描いたもの、ではなく、この事件に関わったひとつの地方新聞社のドラマです。
その新聞社を描くことにより、結果として、墜落事故の悲惨さ、遺族の方々の無念を鑑賞中ずっと感じていました。
事件現場の取材に駆けつけ、泥だらけになりながら、まるで戦場のような現場を見てきた記者2人。
必死で現場で得た情報を社に伝えるものの、上司の連絡ミスにより、印刷が間に合わず、記事にはならなかった。
過去の栄光にとらわれ、部下や現状を考慮できない上司と息も絶え絶えに連絡をしてくる部下。
堤真一さん演じる悠木がその間に立ち、苦悩し、時にはなりふり構わずに動き、衝突も多くする。

死体、ボロボロになった飛行機…荒れた現場から戻った記者の1人、神沢は精神状態がおかしくなってしまう。
神沢役・滝藤賢一さんの演技には息を呑むものがありました。
同じく現場に行った佐山(堺雅人さん)は彼のように恐怖に完全に飲み込まれることはなかったのだけれど、それは神沢より佐山の方が弱かったということでもないのでしょう。
現場は画での描写がほとんどなく、あくまでも登場人物たちの語りなどでしかなかったのに、事故が起きてから映画が終わった後も、”恐怖”を感じた。
神沢が壊れてゆく様による影響は大きかった。

勿論、血走った形相で怒鳴る堺雅人さんも非常に新鮮で、驚きでした。

部長の等々力役で遠藤憲一さんが出演されていましたが、私、遠藤さんのこういう役がすごく好きで、かなり夢中で観てしまいました。
悠木と等々力が衝突するシーンも、大好きです。
衝突のシーン、他もいくつかありました。
女性であるが故に仕事を任せてもらえないのかと抗議する女性記者・玉置。
編集部対販売部。
ぶつかることが”男らしい”というわけではないのですが、横山さんの小説にある”男くさい”雰囲気がしっかり出ている映画であったことが嬉しかったです。

山崎努さん演じる社長と悠木の確執や重要とされていたはずの悠木と息子との関係だとか、色々と気になるところもあったのですが、邦画としては良い作品であると感じました。
印象に残るシーンも多かった。
役者さんたちが良かったなぁ。

若干ヘヴィーでした。
その日中、何だかんだで考えていた。
現実に起きた事故。
恥ずかしいくらい、この事故に対して無知であったので、この映画は少しずつでも知ろうと思うきっかけとなりました。

↓原作本(文庫版)はこちら。

クライマーズ・ハイ (文春文庫)クライマーズ・ハイ (文春文庫)
横山 秀夫

文藝春秋 2006-06
売り上げランキング : 694

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 宮部みゆき『長い長い殺人』(光文社) | Main | 山賊『やさぐれぱんだとペンギン』(小学館) »

Comments

この作品sign03
観たかったけど、けっきょく観れずにいたんだsweat01

でも、すごい深い内容だよね…
私自身
自分がどれだけ、事故や事件に無知か
実感しまくってしまいそう。。。
だからこそ、原作から読んでみたいかも。
と思いましたshine


Posted by: あかね | September 11, 2008 at 06:06 PM

〉あかねちゃん
遅いレスでごめんね(>_<)
私も無知ぶりを痛感。
横山さんの小説が好きなので、原作が気になっているのだけれど、先に映像で観てしまったからしばらく読まないかも^ロ^;
でも、いつの日にか☆

Posted by: ぽっぽ | September 18, 2008 at 12:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/42364327

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『クライマーズ・ハイ』:

« 宮部みゆき『長い長い殺人』(光文社) | Main | 山賊『やさぐれぱんだとペンギン』(小学館) »