« 映画を観る→『百万円と苦虫女』 | Main | 森下えみこ『女どうしだもの』(メディアファクトリー) »

映画を観る→『20世紀少年』

公式ページはこちら → 

↓サントラはこちら。

映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラック映画「20世紀少年」オリジナル・サウンドトラック
サントラ

Sony Music Direct(Japan)Inc.(SME)(M) 2008-08-20
売り上げランキング : 1578

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓原作はこちら。

20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)20世紀少年―本格科学冒険漫画 (1) (ビッグコミックス)
浦沢 直樹

小学館 2000-01
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ケンヂは実家の酒屋を閉めた後、コンビニを営業していた。 一緒に暮らすのは母と、ある日突然姉が置いていった姪のカンナ。 ある日、警察が酒屋時代からの顧客であった敷島教授の行方について尋ねに来る。 教授の失踪には謎の宗教団体が関係しているらしいと聞くが、全く思い当たるふしのないケンヂ。 しかし、小学校の同窓会に参加したケンヂは同じく、宗教団体にはまっている同級生の知人の話を聞き、彼からその教祖が言っていることとケンヂたちが幼い頃に友達同士で考えていた話がそっくりなことを指摘される。 やはり身に覚えはないケンヂだったが…。


映画化が決まった時からめちゃくちゃ楽しみにしていました、『20世紀少年』。
冒頭、タイトルがばーんと出た時、「わー!わー!!」と、内心かなり興奮していました。
最初から最後まで、本当にコミックを再現している、実写としてはばっちりの出来であったと思います。
おかげで、2時間半、夢中で観過ぎて、若干疲れました。
しかし、素晴らしかったです。

ちょっと残念だったのは、見た目はそっくりなんだけれど、ちょっと舌足らずな感じの子役の子たちかな。
大人役の俳優陣がしっかりしているがために、余計に。
あとは、どうしても仕方が無いことであるとは思うのだけれど、細かいエピソードをはしょってしまっていること。
細かいけれど、”ともだち”の恐ろしさ、物語の悲劇、ひととひととのつながりを描く上でコミックにおいてけっこう意味があるシーンも多かったので、物語全体の説得力が弱まってしまったかなと思いました。
コミック読者ではないひとが観たら、迫力や役者さんのインパクトがあるから面白い雰囲気は感じてもらえるだろうけれど、色々ツッコミも多いのではないかと。
オッチョの加入だって、唐突だったもんなぁ。
↑原作では加入までにも彼の道程が描かれています。

ケンヂチーム以外の役者さんも良かったです。
ARATAさん、好きなのですが、最初、マサオくん役と聞いた時は少しショックでした(笑)
でも、役としてはけっこう大きいし、映画で観ると、しっかりはまっていたので、2章以降も期待。
池脇千鶴ちゃん、素敵でした~面白い…接客としては真似できないけれど、ちょっと言ってみたくなった(笑)
森山未来くんは…髪型が再現されていて、ファンとしてはこれまた複雑(笑)


唐沢さん、思っていたよりも、ぐっと”ケンヂ”でした。
劇中音楽、そして、主題歌も想像以上にはまっていて、嬉しかったです。
久しぶりにコミックを読み返して、またヒヤヒヤしようと思います。
絶対、2章以降も観ます!!

|

« 映画を観る→『百万円と苦虫女』 | Main | 森下えみこ『女どうしだもの』(メディアファクトリー) »

Comments

ケータイでは拝見していたんだけど、コメントに来るのが遅くなっちゃってゴメンね~;
やっとPCでお邪魔できました☆

私もテンション高いまま↑↑興奮して映画を観ました!
嬉しくて楽しくて(≧∇≦)ノ
でも・・確かに、細かなエピソードや回想と現在、大分簡潔になっていたかも;
知っているからつい、脳内自動補完で夢中になっちゃった☆^^;
浦沢先生が監修しての”ともだち”新解釈、これからどう展開・着地していくのか・・・
堤監督とキャストの皆様に期待して、楽しみに待ちたいです♪

Posted by: kiyu | September 22, 2008 at 10:20 PM

>kiyuさん
私も専らケータイチェックです(笑)
コメント、いつも、感謝ですvv

脳内補完できる読者は夢中で鑑賞できちゃいますよね、勿論私も物凄い集中して観てしまいました☆
個人的には満足度高いんですけれど、意外と良いエピソードがあるのよ…と、まだコミックを知らない方にもオススメしたい感じですv

次回も、楽しみですね♪

Posted by: ぽっぽ | September 25, 2008 at 10:51 AM

コメント遅れてごめーんwobbly

でも、ぽっぽちゃんのレビュー読みながら
「うんうん!」
ってうなずいちゃった!

ちょっとしたわきキャラでもさ、キャストが豪華だよね!
火事のシーンは、ショックだったけど、コミックそっくりすぎて笑ってしまった私ですcoldsweats01

でもさ。ケンヂ役の子役の子!唐沢さんにソックリじゃない?あれにはビビりました♪

2章も楽しみだねnote

コミック読み返したいなぁshine

Posted by: あかね | September 25, 2008 at 01:58 PM

>あかねちゃん
いえいえ、コメント、感謝ですv
子役の子達、はまっていて可愛かったよねv
演技はつたなかったけれど、それがまた可愛かった(≧∇≦)
ケンヂくんはかなり似てたね、唐沢さんに(笑)

2章もまた感想言い合いましょう♪

Posted by: ぽっぽ | September 26, 2008 at 01:32 AM

コメント失礼します。
自分も観ました「20世紀少年」!! (偶然ですがこの記事がupされた日に)

実は原作を未読なので、理解度はたぶん低いと思いますが、展開を読めない分楽しめました。(本当に遊んでいるようにも映るトモダチの目的だとか)
せっかくなので次作も前知識なしで挑もうと思っています。

オッチョは(子供時代含めて)存在感ありましたね。

Posted by: isaki. | September 28, 2008 at 07:48 PM

>isaki.さん
コメント、感謝です☆
原作未読で鑑賞した方、周りにいなかったので、感想を聴くことができて、新鮮。
未読の方も夢中になれる映画のようで、何より。
ともだちの目的は、原作を読んでいる私も最後の最後まで分かったような、分からないようなな状態><
どんどん謎が増えていってしまう、浦沢作品…ドキドキです。
いつか、機会があれば、映画完結後にでも読んでみてくださいね☆

オッチョ、良かったです!
豊川さん、身長も大きいし、乱闘シーンも迫力があって。

第二章以降、お互い楽しみましょう~!

Posted by: ぽっぽ | September 30, 2008 at 01:09 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/42529488

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『20世紀少年』:

» ゴンゾウ ?伝説の刑事? 第10回 最終回 [池脇千鶴の秘密]
... 短編ではなくて全てが繋がっていました それは3年前にゴンゾウ(黒木俊英 ... [Read More]

Tracked on September 20, 2008 at 07:54 PM

» 映画『20世紀少年』 [KIYU’s Daily Scrapbook]
世界が終わろうとしています。僕らの”ともだち”によって―――。 『20世紀少年 [Read More]

Tracked on September 22, 2008 at 10:33 PM

» 20世紀少年 (第一章) / 映画 [恋する図書館。]
大好きなマンガの映画化『20世紀少年』を観てきました ちなみに三部作の第一章デスSTORY:ロックスターを目指していたが、今は実家のコンビニを継ぎ、失踪した姉の子供を育てているケンヂ。同窓会で会った旧友から、「ともだち」と呼ばれる教祖が率いるカルト教団が、ケンヂが子供時代に作った「よげんの書」とそっくりの怪しい事件を起こしていることを聞く。その後、仲間の1人だったドンキーが殺され、事件の謎を解こうとケンヂは立ち上がる。しかし、「ともだち」によって、テロリストの汚名を着せられてしまい…。と、いうわけ... [Read More]

Tracked on September 29, 2008 at 06:42 PM

» 映画:20世紀少年 観てきました。 [よしなしごと]
 原作も知らないし、当初は見ないつもりだったのですが、かなり人気もあるようだし・・・。20世紀少年を観てきました。 [Read More]

Tracked on September 30, 2008 at 02:03 AM

« 映画を観る→『百万円と苦虫女』 | Main | 森下えみこ『女どうしだもの』(メディアファクトリー) »