« 映画を観る→『猟奇的な彼女』 | Main | 映画を観る→『神童』 »

映画を観る→『スパイダーウィックの謎』

公式ページはこちら → 

両親が離婚して母親と森の奥にひっそりとたたずむ屋敷に引っ越してきた3人の姉弟マロリー(サラ・ボルジャー)、ジャレッド(フレディ・ハイモア)、サイモン(フレディ・ハイモア)たちは屋根裏部屋から謎の書を発見する。 そこには大叔父アーサー・スパイダーウィックの“決して読んではならない”という警告のメモが記されていた。(シネマトゥデイ)


時間が合ったので、近場の映画館上映最終日に鑑賞してきました。
いつも鑑賞前についついあらすじなどを調べちゃう私にしては珍しく前知識をあまり持たずに上映を迎えました。
観たいなと思った理由も主演のフレディ=ハイモアくん。
『チャーリーとチョコレート工場』のキュートな彼が気になって。
予告編で流れていた『奇跡のシンフォニー』も観に行きたいと思っています。
しかし、彼、今は16歳だとか。
まだまだ映画の中の彼は可愛らしいので、びっくり。
あっという間に男の子から男の人になるんだろうなぁ。
さて、今回彼は双子の兄弟であるジャレッドとサイモンの2役を演じています。
お話的にメインはジャレッド。
上記に挙げた作品に比べると、事情がありつつも、お母さんに対して反抗的な態度を見せたり、何かと騒ぎを起こしたりと、ちょっと困った子。
根はすごく優しい子なんですけれどね。

そんなジャレッドが大大おじさんであるアーサーの残した妖精図鑑を見つけたところから物語は始まります。
開けるなという警告を無視して中を見てしまうジャレッド。
そして、恐ろしいマルガラスに狙われることに…。

ファンタジーなんて、悪い妖精なんて…と、いう方にはオススメしませんが、そういう要素に理解ある方ならけっこうハラハラドキドキできちゃう作品だと。
鑑賞される方は是非、下調べや先読みしたりせず、夢中になって欲しいなと。
私は途中椅子から飛び上がりそうなくらいにビックリしたりと、かなり楽しんできました。
なかなか映像も良くできていたしね、迫力があったの。
怖い妖精はちゃんと怖かったし。

後半、何だか『ホーム・アローン』を思い出してしまった…VS泥棒がVS悪い妖精になった感じ。
子供が活躍するという設定もね。


ラストは、「ひゃ!」と思わず、声をあげそうに。
…ふふふ。

そして、ラストのラストはファンタジーらしい感じですが、うるっときちゃいました。
家族の愛が、何年経っても変わらないそれが、描かれています。

面白かった。


↓原作はこちら。
もともとは「スパイダーウィック”家”の謎」なんですねぇ。
全5巻、面白そう。

スパイダーウィック家の謎 1 人間、見るべからずスパイダーウィック家の謎 1 人間、見るべからず
トニー・ディテルリッジ 飯野 眞由美

文渓堂 2004-06-26
売り上げランキング : 37474

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 映画を観る→『猟奇的な彼女』 | Main | 映画を観る→『神童』 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/41335010

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『スパイダーウィックの謎』:

« 映画を観る→『猟奇的な彼女』 | Main | 映画を観る→『神童』 »