« 原作:新海誠、漫画:佐原ミズ『ほしのこえ』(講談社) | Main | 映画を観る→『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』 »

久世番子『番線~本にまつわるエトセトラ~』(新書館)

本への愛が溢れまくり。

番線―本にまつわるエトセトラ (UNPOCO ESSAY COMICS)番線―本にまつわるエトセトラ (UNPOCO ESSAY COMICS)
久世 番子

新書館 2008-03
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『暴れん坊本屋さん』(全3巻)の久世番子さんによる、本への愛、本に関わる人々、場所の裏側を描いたエッセイコミック。


翻訳本の登場人物の名前を頭に取り込めないのはほんっとに共感。
私の場合、それが理由で世界史より日本史を選択したくらい。
本の貸し借りの話に始まり、本棚の隙間を余すところなく活用するなど、本好きなら理解できる部分があります。

そして、写植屋さん、校正さん、辞書の編集者さん…本に関わる様々な職種の裏側が読めるのもいいです。
久世さんの手により、面白おかしく描かれてはいますが、苦労話やプロっぷりも知ることができます。

個人的に一番興味が湧いたのは国立国会図書館と一箱古本市
どちらも機会があれば、是非訪問&参加してみたいです。
国会図書館の”人より本”に重きを置いた徹底振り、面白かった!

|

« 原作:新海誠、漫画:佐原ミズ『ほしのこえ』(講談社) | Main | 映画を観る→『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』 »

Comments

本好きにはたまらない感じの1冊だね!!
ぽっぽちゃんのレビューを読んで、読まねば!とワクワクです♪

国立国会図書館、図書館学の授業で見学に行ったな~^^
”授業”だから、裏側のお仕事部分も見学できて楽しかった♪
卒論の資料閲覧で個人的にお世話になった時は、時間がかかって泣かされましたが・・・( ̄▽ ̄;)

Posted by: kiyu | April 24, 2008 at 02:00 AM

>kiyuさん
図書館学!面白そーう!
裏側も見学した…ということは、まさしく今回の番子さんといっしょですねv
卒論の資料を探すのはかなり大変そう…^^;
ものすっごい量なんですよね??!
一度、のぞいてみたい”本の館”です☆

Posted by: ぽっぽ | April 25, 2008 at 02:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/40947632

Listed below are links to weblogs that reference 久世番子『番線~本にまつわるエトセトラ~』(新書館):

« 原作:新海誠、漫画:佐原ミズ『ほしのこえ』(講談社) | Main | 映画を観る→『名探偵コナン 戦慄の楽譜(フルスコア)』 »