« 映画を観る→『ピュー!と吹くジャガー THE MOVIE』 | Main | 映画を観る→『チーム・バチスタの栄光』 »

映画を観る→『L change the WorLd』

公式ページはこちら → 

↓ナビゲートDVD。

L WorLd of change the WorLdL WorLd of change the WorLd
松山ケンイチ 工藤夕貴 福田麻由子

バップ 2008-01-23
売り上げランキング : 66

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


名前を書かれた人間は必ず死に至る“デスノート”を駆使して犯罪者を粛清、新世界の神になろうとした“キラ”こと夜神月の野望を阻止するため、天才的な頭脳で応戦したL(松山ケンイチ)。
しかし、キラ事件の解決には、Lにとって多くの代償が伴った。
そんなLの前に、彼自身が解決しなくてはならない難事件が立ちはだかった。(シネマトゥデイ)


記事を書くのが遅くなりましたが、鑑賞自体は張り切って、初日のアサイチに行ってきました。
子どもから大人まで、土曜ということもあり、大賑わい。

意外とエグいシーンがあって、内心ビクビクしていました。
でも、”びっくりした!感”は『DEATH NOTE前・後編』の方があったかも。
今回の『L』は唐突ではなくって、少しドッキリするシーンの予兆みたいなものを感じ取れた気がするので。
『リング』の中田監督ということですごく緊張していたのですが、『リング』というより一瞬『バイオハザード』を思い起こしてしまったり。

松山くんは前回以上にL。
私はおヒョイさん演じるワタリもすごく好きだったので、Lがワタリに「私はあなたがいてくれれば幸せです」と何気なく告げるシーンは思わずうるっときてしまいました。
『DEATH NOTE』のラストがよみがえってしまって。

知人に「活動的なLなんて、何だか変」と言われていたのですが、原作ではLは月とテニスしたり、ケンカしたり、それなりに反射神経が良いところを発揮しているんですよね。
ただ、ちょっと他人とは違う動きを見せるだけで。
なので、Lらしい動きを工夫している松山くんにはただただ満足。

悪役のキャストも豪華で、佐藤めぐみちゃん、怖い怖い。
工藤夕貴さんの存在感は素晴らしかったけれど、せっかく豪華な悪役たちなのに全体で見ると、もひとつインパクトが薄くなっちゃったかなと。
工藤さん演じる久條には彼女なりに何が何でも貫きたい想いがあって、その想いの強さだけは伝わってくるものがありました。
彼女のとった行動自体は絶対に認めたくはないけれどね。

FBIのナンちゃんは…出て来る度に笑いが起こっていました。
…和みます。
でも、映画自体には特に影響なし…。
…それがまた和みます(笑)

子役の二人も頑張っていました。
福田真由子ちゃんは芯の強い真希をしっかり演じてはりましたし、BOY役の福田響志くんは日本語以外をぺらぺら喋っていて、知的な空気をしっかり醸し出していました。

BOYとLの最後のシーンも、ぐっときました。
思わぬところに…。
原作を読んでいる方しか分からないとは思うのですが、読んでいなくても”LからBOYへのプレゼント”、心温まるシーンでした。
是非原作も読んでみてください!

結論としては、L好きに贈る、Lについての映画、ですね。
『DEATH NOTE』のようなスリルある頭脳戦ではなく、体力勝負??
”デスノート”が暗躍するわけではないので、完全に人間と、人間の創り出した”凶器”による戦い。
分かりやすい内容にはなっているんじゃないかと思います。

私は松山くんのLを再び観ることができて、嬉しかった。
Lに血が通っていることを描いてくれたこの映画を楽しく鑑賞できました。


↓サウンドトラック。

Sound of L change the WorLdSound of L change the WorLd
サントラ 川井憲次

バップ 2008-01-23
売り上げランキング : 1622

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 映画を観る→『ピュー!と吹くジャガー THE MOVIE』 | Main | 映画を観る→『チーム・バチスタの栄光』 »

Comments

観て来ました、ワタクシもv
普段中田作品のような雰囲気の映画は避けて通ってるので、最初はちょっとびっくりしました・・^^;
後ろの席に小学生の姉妹連れのご家族がいたんだけど、「見せちゃっていいのー?(T^T)ユメニデソウ;」とかまで気になっちゃって(笑)☆

私もオヒョイさんが大好きなので、あの2人のシーンは胸がぎゅうっとしました(>_<)
松山くんが何かの雑誌で「僕にとっては最後までLとワタリの物語でしかない」と言っていたのが印象的でした。

Lが子供達や外の世界に触れてほぐれていくのが解って、最後のBOYのシーンも良かったよね。
私は全然予想してなかったので「そう繋がるんだー!!」と思ってドキドキ、うるうると嬉しかったです。

私も、嬉しかった!また松山くんのLに会えて!
Lをやりきった松山くんのこれからを、ますます楽しみに思いました(^ω^)G☆J♪


Posted by: kiyu | February 15, 2008 at 06:31 AM

ほんまにグッジョブ!

ワタリとL、LとBOYのふれあいを通して、世の事柄って、人間同士ってけして終わりなく、つながるもの、続くものなんだなと感じられました。
今はすでにLとは違う姿になっている松山くんですがこれからも色んな表現をしてくれるんやろうなと楽しみで仕方がありません☆

Posted by: ぽっぽ | February 15, 2008 at 02:46 PM

うわー。。。
ぽっぽさんの感想を読んで超テンション上がってきました☆
いちおー。。。
明日夜観に行く予定なので(マンガ喫茶同盟のアクティブ集会の一環として。笑)
観終えたらまたコメントさせていただきます♪

Posted by: あかね | February 15, 2008 at 04:34 PM

>あかねちゃん
マンガ喫茶同盟のアクティブ集会の一環…つくづく面白そうな同盟!(笑)
kiyuさんや私の感想を読まれたならお気付きでしょうが松山くん、そしてLを好きならきっと楽しめるはず!
あかねちゃんの感想、楽しみにしています☆

Posted by: ぽっぽ | February 16, 2008 at 05:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/40122587

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『L change the WorLd』:

» 映画『L change the WorLd』 [KIYU’s Daily Scrapbook]
Lが変わるのか。世界が変わるのか。 『L change the WorLd』 ( [Read More]

Tracked on February 15, 2008 at 05:28 AM

» 映画「L change the WorLd」の感想 [週刊少年ジャンプの感想]
まだ、映画館で観てないよって方は、公式サイトの右下の“ひょっとこ”を押すとゲームが楽しめますので、それをある程度やってから観にいくといいですよ。 (なお、「デスノート検定」というのがありますが、映画からの出題もあり、一度しか受験できませんので、映画を観て....... [Read More]

Tracked on February 22, 2008 at 10:04 AM

» LchangetheWorLd  [Sweetパラダイス]
LchangetheWorLd見てきました やはり映画はいいですね。外を歩き回るL。メイド喫茶やネットカフェに行ってるよ。そういうの興味あるのかな?Lは子供苦手!?子供相手にどう接していいか戸惑ってるし。男は女の涙に弱かった女子中学生に泣かれてさすがのLもお手上げ状...... [Read More]

Tracked on February 24, 2008 at 11:14 AM

« 映画を観る→『ピュー!と吹くジャガー THE MOVIE』 | Main | 映画を観る→『チーム・バチスタの栄光』 »