« 横山秀夫『第三の時効』(集英社) | Main | その5☆第138回芥川賞・直木賞 »

三浦しをん『私が語りはじめた彼は』(新潮社)

私が語りはじめた彼は (新潮文庫 み 34-5)私が語りはじめた彼は (新潮文庫 み 34-5)
三浦 しをん

新潮社 2007-07
売り上げランキング : 21192

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


本屋大賞絡みで単行本を購入したものの、ずーーっと棚に収まったままであったものを漸く読みました。

初めて読む作家さん、三浦しをんさん。
直木賞、受賞されましたね、『まほろ駅前多田便利軒』

女性をひきつけて止まない村川、彼の周りにいる人間たちが語り始めることにより、物語は進んでいく…。
連作短編集。

すごくタイトルがきれいだなと漠然と感じていて。
しかし、冒頭の”昔の話”(2Pほどなのですが)の描写が痛くて、嫌。
前回読みかけて挫折した時も同じとこでギャッと感じたのに忘れて読み返してしまった…痛い描写は苦手…。
そんなテンションで読み出しました。

三浦しをんさんファンの方には「一冊目にこの本を選ぶなんて!」みたいなコメントを頂きました。
他の作品を知らない私も、入り方間違えたかなと読みながら思っていましたが。
別の作品に関するレビューなどをちょこちょこ読んだことはあったので、「この作家さんって、こういう感じだっけ?!」とどきどき。
もう少しライトなイメージだったので…。
この『私が語り~』、ドロドロ…結婚に憧れている私の夢をぐいぐい押し退けてくれました。

”愛”=きれいなもの、ではないということは分かっているけれど、こんなに女性を引き寄せてしまう男性を奪い合う
ようなことはできないな~と、気が弱い私は思うのでした。
奪ったら奪ったで、今度は自分が奪われてしまう不安も覚悟も必要なんだもの。
終わらない連鎖、苦しい…。

面白いのは、こんなに色んなひとが村川を色んな意味で意識しているのに、彼自身がほとんど登場せず、彼の言葉が影響する場面も特にないところ。
それでも、どんどん存在がぼんやりながらも浮き出てくる村川という男性。
その導き方というか、積み重ね方は上手だなと思いました。

でも、私はあまり得意な作品ではないです。
次はベタでもご都合が良くても、もうちょっと能天気なラブストーリーが読みたい…。

↓単行本はこちら。

私が語りはじめた彼は私が語りはじめた彼は
三浦 しをん

新潮社 2004-05-25
売り上げランキング : 184471

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 横山秀夫『第三の時効』(集英社) | Main | その5☆第138回芥川賞・直木賞 »

Comments

三浦しをん先生面白いですよね~★
とか書きつつ私も1作しか読んだ事無いですが(*'-'*)
しかしながら本当に重めの1冊を選びましたね♪
でも面白そうと思ってしまう♪
三浦先生の作品は設定とか視点が、すごく独特でオリジナリティが溢れていると思うので、いろいろ読んでみたいです♪
やっぱり「まほろ駅前」が気になるな~♪
他はエッセイが面白いみたいなので♪エッセイも読みたい~

Posted by: あかね | December 28, 2007 at 01:47 PM

あかねちゃんが読んでいた「ロマンス小説~」が気になっていたので、今回この本を読んで、「あれ??予想と違う??」とドキドキしました^^;
なんとなーく、コミカルなイメージを持っていたので。
設定や話の繋げ方は丁寧で素敵でした☆
私もエッセイ読みたーい!

Posted by: ぽっぽ | December 28, 2007 at 11:22 PM

今年はどうもありがとうございました
来年も宜しくお願いします
三浦しをん作品来年はチャレンジしようかと思っています
良いお年を~♪

Posted by: 江戸っ鯉 | December 31, 2007 at 02:09 PM

>江戸っ鯉さん
こちらこそお世話になりました!
2008年もどうぞよろしくお願いしますね☆

三浦しをんさん、この作品だけ少し雰囲気が違うらしいので、一冊目は別の本から入られた方がいいのかもしれません^^;

Posted by: ぽっぽ | January 02, 2008 at 04:08 PM

しをん1冊目にコレなんてっΣ( ̄□ ̄;)!!(笑)
私もタイトルがキレイだな~と思って図書館で借りたんだけど、既読だった妹に「・・・暗いよ。」って言われて読み始めた思い出があります( ̄▽ ̄;)☆
予告されてだったからそんなに落ち込まなかったけど、なかなかズシリとくるよね。私は「女って怖いな~;;」と思いました(笑( ̄^ ̄;)
私もまだ読めてないけど、『まほろ』は面白いらしいよ(∂ω<)

↓↓後はモチロン!!抱腹絶倒のエッセイがオススメよv
http://kiyu-dailyscrapbook.cocolog-nifty.com/blog/2006/05/post_a133.html

Posted by: kiyu | January 05, 2008 at 06:56 PM

>kiyuさん
ほんと、ドロドロでした^^;
エッセイだとか、すごくコミカルな雰囲気なのに!
次はエッセイにしようかなと思っています☆
抱腹絶倒…楽しみvv

Posted by: ぽっぽ | January 10, 2008 at 10:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/17499791

Listed below are links to weblogs that reference 三浦しをん『私が語りはじめた彼は』(新潮社):

« 横山秀夫『第三の時効』(集英社) | Main | その5☆第138回芥川賞・直木賞 »