« 映画を観る→『DEATH NOTE』(前編・後編) | Main | ほしのゆみ『奥さまはマリナーゼ 2』(宙出版) »

映画を観る→『犯人に告ぐ』

公式ページはこちら → 

雫井脩介さん原作小説の実写化!
小説を少し前に読んでいたのですが、すっかりトヨエツのイメージで読みふけっていたので、実際に動くトヨエツを観られたことで既に感動していました。
それくらい、はまっていた。

実写にあたって、原作は巻島の娘が心臓が弱い、という設定でしたが、妻(松田美由紀さん)が心臓が弱い、となっていたこと。
娘はおらず、ようやく授かった一人息子がいること、と、家族設定が異なっていたくらいで、他は割と、原作に忠実…かな。
曾根と植草という、黒いキャラクタが原作よりもセコイ感じが若干。
小澤征悦さんが少し前に放映された『天国と地獄』に続き、ちょっと悪い役。
私の中では今までけっこういいひと役のイメージが強かったので、割増で「きぃ~っ」となります。

津田長を笹野高史さんが演じられていたのも嬉しかったです。
津田長と巻島を疎ましく感じる刑事たちのもめるところは微妙にいらない気もしつつ。
キャストが渋くて、良い。

ただ、映画が始まると同時に、身代金受け渡しに挑んでいる母親のシーンが流れるのですが、唐突でびっくり。
原作を全く知らないひとはさっぱりワケが分からないんではないだろうかと思いました。
冷静にその後のシーンを観ていれば、大体の筋は理解できるかもしれませんが、2時間ほどにまとめるために、色々省いてしまっている感があります。
巻島の人生の岐路を分けた、誘拐事件後の記者会見で記者にキレるシーンは、「あれじゃあ、ただ癇癪を起こしたみたい…」。
ラストも、私がぐっときた終わり方ではなかったし…。
キャストが渋く、迫力も雰囲気もある映画だったので、もっと真に迫るラストにして欲しかったな。

ラスト。
無駄にびっくりさせられました。
ぎゃ!
ってびっくりしたらエンドロール…。
本当にただ、びっくりさせられて終わってしまったので、笑いが逆にこみ上げてしまいました。
…悔しいっ。

まとめちゃった感により、2時間ドラマみたいになっちゃいましたが、面白かったです。
原作のイメージで補いつつの鑑賞だと十分楽しめるかも。
ちょっとだけしか出ないけれど、犯人、”バッドマン”を演じる役者さんにも注目。

|

« 映画を観る→『DEATH NOTE』(前編・後編) | Main | ほしのゆみ『奥さまはマリナーゼ 2』(宙出版) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『犯人に告ぐ』:

« 映画を観る→『DEATH NOTE』(前編・後編) | Main | ほしのゆみ『奥さまはマリナーゼ 2』(宙出版) »