« 横山秀夫『臨場』(光文社) | Main | 映画を観る→『自虐の詩』 »

山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』(河出書房新社)

大事な人と抱き合って新しい年を迎えるということは、陳腐なようでいて、実は奇跡だ。

人のセックスを笑うな (河出文庫)人のセックスを笑うな (河出文庫)
山崎 ナオコーラ

河出書房新社 2006-10-05
売り上げランキング : 161741

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
美術専門学校に通うみるめは19歳の時、39歳の講師であるユリと出会う。


松山ケンイチくんファンのひとりとしては、10月1日から発売されている文庫新装版をおすすめ。
表紙が映画仕様です。

Imgp0998


映画は1月公開。
前売り特典の赤いハートのピンバッヂが少し欲しい。

文藝賞を受賞されたり、芥川賞の候補となったり、話題を集めていた本作。
第一印象はあんまり良くなかったです。
筆名もタイトルも、奇抜なだけに見えてしまって。
インパクトはあったので、文庫になった時もちょっと読みたいかな?と思いつつ、月日は流れる。
そして、映画化。
松山くんが出る。
読もう。単純。

字が大きくて、薄くて、改めて驚く。

読み始めると、タイトルの奇抜さはセックス=恋愛を表している?と感じました。
性描写が生々しかったりということもないので、安心して読めました。
想像以上に、柔らかくて、ふわふわした読み心地。

みるめとユリちゃんの恋が恋なのか愛なのかもよく分からない。
でも、本人同士に分かっていればいいものなんだろうな、とも思ったり。

”せつなさ100%”と書いてありましたが、そんなに切なくて苦しくはならず。


私個人としては、一緒に載っている短篇『虫歯と優しさ』の方が好きです。
こっちの方が切なかった。
一瞬、ちょっと変わった恋愛モノなのかと思いきや、ストレートでした。
彼氏の好きなところを「頭が良かったり、面白かったりする」ところではなく、「冷蔵庫にハミガキ粉を入れているところ」だという主人公。
自分と同じように、好きな人に想ってもらうのって、難しい…改めて、思った。


↓単行本はこちら。

人のセックスを笑うな人のセックスを笑うな
山崎 ナオコーラ

河出書房新社 2004-11-20
売り上げランキング : 10164

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 横山秀夫『臨場』(光文社) | Main | 映画を観る→『自虐の詩』 »

Comments

へぇぇぇ~o(*'o'*)o
松山くんで映画化だったんですね!
知らなかった!
過激なタイトル・・・だからか
ちょっと読まず嫌いしてたけど
文庫買います♪(笑)
ドキドキ~
映画楽しみだ~♪
ぽっぽさんありがとー★

Posted by: あかね | October 29, 2007 03:11 PM

うん、私もかなりタイトルでびびっていました(笑)
買っちゃうんやね∑
ふふふふ(笑)

是非映画の公式ページ観てくださいv
松山くん、めちゃ可愛いですv

Posted by: ぽっぽ | October 31, 2007 12:38 AM

どうも~♪
公式ページみました♪
やっぱ萌え★
かっこいいですね~
原作も・・・新装版の文庫ゲットで読みました♪
けっこー良かった♪
TBさせていただきます

Posted by: あかね | October 31, 2007 04:51 AM

こんにちは^^
ぽっぽちゃん、あかねちゃんに続いて私も読みますよ!
(図書館で借りてきたまま積んであるのだ(笑)^^;)

映画化の話は夏前から映画雑誌でチェックしていたので超楽しみ~v
松山クンの恋する姿がとってもキュートらしいわよ(〃▽〃)♪

Posted by: kiyu | November 01, 2007 05:09 PM

>あかねちゃん
想像と違う感じやよね?!
ちゃんと新装版でご購入、さすが☆
TB、ありがとう!

>kiyuさん
松山くんをイメージしてにやにやしながら読んでください(笑)
キュートな松山くん…たまりませんvv

Posted by: ぽっぽ | November 01, 2007 11:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 山崎ナオコーラ『人のセックスを笑うな』(河出書房新社):

» 人のセックスを笑うな / 山崎ナオコーラ [あかねのたわごと☆本日記]
人のセックスを笑うな (河出文庫)山崎 ナオコーラ 河出書房新社 2006-10-05bk1 ぽっぽサンのブログを読んで、そっこー書店へ走りました『 人のセックスを笑うな 』ですSTORY:19歳のオレと39歳のユリ。恋とも愛ともつかない いとしさが、オレを駆り立てた……美術専門学校の講師・ユリと過ごした日々を、みずみずしく描く、せつなさ100%の恋愛小説。というわけで勢いで読みました…山崎ナオコーラ先生の『 人のセックスを笑うな 』ですというのも、ぽっぽさんのブログを見て... [Read More]

Tracked on October 31, 2007 04:52 AM

« 横山秀夫『臨場』(光文社) | Main | 映画を観る→『自虐の詩』 »