« 世界柔道 | Main | 松本大洋、「ピンポン」製作委員会『「ピンポン」ビジュアル・シネブック』(小学館) »

山田悠介『×ゲーム』(幻冬舎)

×ゲーム (幻冬舎文庫 や 13-6)×ゲーム (幻冬舎文庫 や 13-6)
山田 悠介

幻冬舎 2007-08
売り上げランキング : 111967

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


英明は小学校時代に仲間4人で同級生の蕪木鞠子に対していじめを行っていた。
「×ゲーム」と称し、いじめの内容を書いたクジを箱に入れ、それを引いては書いてあることを実行する-。
ある日、英明は鞠子に告白する、という×ゲームを引き当てていた。
それから12年。
突然、彼らの前に現れた鞠子は壮絶な復讐を始める・・・。


あらすじを書いていて思ったのは、先ず、山田悠介さんじゃなきゃ、読まない、ということ^^;
山田悠介作品は文庫化したものについては『リアル鬼ごっこ』をはじめ、すべて読んでいるのですが、「面白そう」な雰囲気は持っているのに、なかなか…「面白」くない…。。。
それでも、読む私は一体…。
文芸社さん(山田悠介さんのデビューした出版社)の営業さんがいいひとやからやったりして…(笑)
文章に関しては、読みやすくなってきています、かなり。

ただ、今回の作品は設定自体があまり好きではなかったのもあり、もうひとつ。

物語の進め方はいつも通り??

全体的に山田作品に関しては私は、登場人物に感情移入できない。
こういう内容のお話にはつきものなのかな。
復讐を肯定するわけではありませんが、ちょっとはやり返されれば?と思ってしまうくらいのキャラクタたち。
12年も経っていて、全く、いじめに対して反省の色もないので…。

いじめ自体には無関係の、別に性格も悪くはなさそうな英明の恋人・理香子は一番かわいそうでした。
彼女がされた×ゲームに鳥肌が∑
い~や~~><

|

« 世界柔道 | Main | 松本大洋、「ピンポン」製作委員会『「ピンポン」ビジュアル・シネブック』(小学館) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/16529340

Listed below are links to weblogs that reference 山田悠介『×ゲーム』(幻冬舎):

« 世界柔道 | Main | 松本大洋、「ピンポン」製作委員会『「ピンポン」ビジュアル・シネブック』(小学館) »