« 宇仁田ゆみ『男女 宇仁田ゆみ作品集』(白泉社) | Main | 原作:森博嗣、画:スズキユカ『女王の百年密室』(幻冬舎) »

森博嗣『女王の百年密室』(新潮社)

「どうして? どうして?」

「何故、何故?」

それを言うのが人間

女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)女王の百年密室―GOD SAVE THE QUEEN (新潮文庫)
森 博嗣

新潮社 2004-01
売り上げランキング : 80714

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


時は2113年。
小型飛行機で見知らぬ土地に不時着したミチルとパートナのロイディはとある街に辿り着く。
そこは”女王”に統治された、”死”のない”楽園”…。
しかし、祝祭の夜に起きた事件をきっかけに、その都市の秘密とミチルの過去が呼応し始める…。


読み終わった後の気持ちを一言であらわすならば、「満腹」…(笑)
ページ数じゃなくて、内容が濃い。
新潮文庫の森作品はやはり、講談社のものよりも重い気がするー><
面白かったけど!
「そして二人だけになった」よりも、世界観など、好きです。
でも、やっぱりヘヴィー。

ミチルの過去も、壮絶だし、女王のいる、”神”が絶対的存在である都市も何だかとても怖かった。
人間って、生きているって、死ぬって…。

復讐では解決できない。
復讐は、新たな復讐を生む。

人間は、繰り返す。
何度も、何度も、同じことを。

SFミステリ…なのかなぁ。
近未来のお話だけれど、そこに生きる人々の姿は生々しく、リアルに感じてしまいました。

個人的には女王の側近である、ユウイ・ナナヤクが好き。

いつもミチルに優しかったし、人間味がある感じがしたので…。

女王シリーズの『迷宮百年の睡魔』、既に入手してあるのですが、ちょっとスパン空けてから読みます。

森さんが感謝の意とともに、「彼女の一枚の写真が、この物語のすべてと等しい」と冒頭で語る、クリスティナ・ガルシア・ロデロという写真家が非常に気になる…うー><

途中から、と言ってもラスト間際からですが、なんと漫画と同時進行で読んでいました。
その感想はまた後日。

|

« 宇仁田ゆみ『男女 宇仁田ゆみ作品集』(白泉社) | Main | 原作:森博嗣、画:スズキユカ『女王の百年密室』(幻冬舎) »

Comments

このお話の世界観はかなり濃いですよね~
ミチルの過去とこの王国?の価値観やらが合い重なって凄いですものね
ミチルとロイディのやりとり?は結構好きです♪

Posted by: 江戸っ鯉 | August 21, 2007 06:06 PM

良いな~
ぽっぽさんのレビューを読むと
このシリーズも読みたくなっちゃう!
それに表紙とかキレイだしね♪
欲しいのはやまやまですが最近節約中~(涙)
図書館へ行こうかなー

Posted by: あかね | August 21, 2007 08:02 PM

>江戸っ鯉さん
濃くってちょっと疲れました(笑)
でも、ロイディと話している時のミチルはとても可愛くて、ほっとしました☆

>あかねちゃん
節約…私の身に響く言葉やわ(笑)
本代以外にも使いたいとこがあるはずなのに、結果的に本に一番お金がかかっている私。
あかねちゃんを見習ってたまには図書館に行こうと思いますv

Posted by: ぽっぽ | August 23, 2007 09:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 森博嗣『女王の百年密室』(新潮社):

« 宇仁田ゆみ『男女 宇仁田ゆみ作品集』(白泉社) | Main | 原作:森博嗣、画:スズキユカ『女王の百年密室』(幻冬舎) »