« 映画を観る→『河童のクゥと夏休み』 | Main | 枡野浩一『枡野浩一短歌集① てのりくじら』(実業之日本社) »

映画を観る→『ベクシル-2077日本鎖国-』

公式ページはこちら → 

21世紀初頭、世界市場を独占した日本のハイテク技術は危険視され、国際規制の対象となった。

これに猛反発した日本は国連を脱退し、鎖国を強行。
それから10年間、ハイテクを駆使した完全なる鎖国により日本の実像は厚いベールに隠された。
2077年、日本に潜入した特殊部隊の女性兵士ベクシルは、異様な光景を目撃する。
(シネマトゥディより)


ロボット、かっこいい。
”人間”として生きることの尊さを描いた作品。

一番家から近い映画館でやっている映画を優先的に観ている私(笑)。
あんまり絵の雰囲気は好きではないので、どーだろう??と思っての鑑賞。
『ピンポン』はすごく好きな作品で、DVDも持っているのですが、今回はアニメ。
アニメ、というか、ゲームの映像を観ている感覚に近かったです。
表情や動きも、若干固く感じました。
非常に凝っている映像に、最初目が疲れる!と思っていましたが、だんだん慣れてくる。
実写に近いアニメ…っていうポジションなのでしょうか、この作品。
アメリカ人よりも日本人のキャラクタが”リアルにかたどられた”(≠リアル)画だったので、ちょっと不気味と感じた瞬間もあります。

メインは黒木メイサさん、谷原章介さん(好きv)、松雪泰子さんといった俳優さんたちなのですが、他のキャラクタも「あ、聞いたことある!」という声の方が多いように感じました。
俳優さんばかりで固めるのではなく、ある程度声、名前の知られた声優さんで脇を固めることでアニメとしては良くなっているのかな。

私が応援するキャラクタは何故かいつも消えていくことが多く、今回もどんどん消えていくので、寂しかったです(苦笑)
日本が高い技術力のために、危険な国と化し、国民に対して行ったことはぞっとしました。
日本、怖。
そして、この映画における日本の末路に、日本国民としては複雑…「に、日本が…」…えらいことになっています。

ベクシル、男性だと思っていたので、出だしから勘違いが発覚し、戸惑い。
クールかと思いきや、仕事への責任感が強いだけで、基本的に仲間思いの感情豊かな女性。
そして、ベクシルと対照的な存在として描かれているマリア。
松雪さんのイメージと合っていてカッコ良かった。
目的のためには犠牲もいとわない姿勢を見せている彼女ですが、”作戦”途中、ふと揺らぎが見えるシーンは切なくなりました。

音楽が少し騒がしかったかな。
カッコ良くて、世界観に合ってはいるんだろうけれど、ガンガン流れているので、ちょっと賑やかな印象。

物語の流れは大体見えてきますが、迫力のおかげで割と楽しんで観ることができました。
でも、ラストがあまりにも都合良いがして、そこが不服。
途中の流れで”それ”はないことになったんじゃあないの??と疑問。
ちょっと残念。


ベクシル コンプリート・ガイドベクシル コンプリート・ガイド
小学館プロダクション

小学館プロダクション 2007-08-08
売り上げランキング : 149946

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ベクシル~my winding road~ (ガガガ文庫 た 2-1)ベクシル~my winding road~ (ガガガ文庫 た 2-1)
谷崎 央佳/「ベクシル」製作委員会

小学館 2007-07-18
売り上げランキング : 122753

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ベクシル オリジナル・サウンドトラックベクシル オリジナル・サウンドトラック
アンダーワールド ブラック・ストロボ ヴァリアス

WARNER MUSIC JAPAN(WP)(M) 2007-08-08
売り上げランキング : 59123

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 映画を観る→『河童のクゥと夏休み』 | Main | 枡野浩一『枡野浩一短歌集① てのりくじら』(実業之日本社) »

Comments

コメントお返ししたつもりだったのですが
してませんでした(汗)。

設定は面白かったんですけどラストは微妙でしたよね。
もうちょっと盛り上げて欲しかったです。
声優陣はみんなうまくて違和感なかったかな。
特に松雪さん良かったですね。

Posted by: こーいち | September 11, 2007 at 08:52 PM

ラストが、ちょっと都合がよい感じでしたね^^;
けっこう迫力はあったので残念でした。
『ピンポン』とはまた違う楽しみ方はできましたが。
声の方は確かに良かったですv

Posted by: ぽっぽ | September 12, 2007 at 12:23 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/16212840

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『ベクシル-2077日本鎖国-』:

» 『ベクシル 2077 日本鎖国』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:]          2007/08/18公開  (公式サイト) 映像美[:結晶:][:結晶:][:結晶:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】曽利文彦 【脚本】半田はるか/曽利文彦 【時間】109分 【声の出演】 黒木メイサ/谷原章介/松雪泰子/朴路美/大塚明夫/櫻井孝宏/森川智之/柿原徹也 <ストーリー> 21世紀初頭、バイオ・テクノロジーとロボット産業の急速な発展から、日本は世界を大きくリードした。そのため、様々な危険が... [Read More]

Tracked on September 12, 2007 at 05:47 PM

» ベクシル -2077 日本鎖国- 観てきました。 [よしなしごと]
 今年60本目(映画館・試写会のみカウントで)の今回はベクシル -2077 日本鎖国-を観てきました。呪怨 パンデミックのように声優が最悪じゃなければいいけど・・・。 [Read More]

Tracked on September 14, 2007 at 07:04 PM

« 映画を観る→『河童のクゥと夏休み』 | Main | 枡野浩一『枡野浩一短歌集① てのりくじら』(実業之日本社) »