« 1週間編集部『松山ケンイチ 1st Photo Book 起』(講談社) | Main | 森博嗣『夢・出逢い・魔性』(講談社) »

映画を観る→『ザ・シューター 極大射程』

公式サイトはこちら → 

極大射程〈上巻〉極大射程〈上巻〉
スティーヴン ハンター Stephen Hunter 佐藤 和彦

新潮社 1998-12
売り上げランキング : 529

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
極大射程〈下巻〉極大射程〈下巻〉
スティーヴン ハンター Stephen Hunter 佐藤 和彦

新潮社 1998-12
売り上げランキング : 955

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


2000年”このミステリーがすごい!”海外部門第1位に輝いた作品が原作。
2キロ先の標的を射抜くことができる凄腕スナイパー、スワガー。
隊の裏切り、仲間の死…海兵隊の特殊部隊を抜けた後、3年の月日が流れ、彼はひっそりと山の中で愛犬と共に暮らしていた。
そんな彼の元に、ある日、大統領暗殺を阻止するための協力の要請がかかる。
早速、調査を始めるスワガーだったが、思いも寄らぬ出来事が彼を待ち受けていた…。

珍しく、自主的に洋画。
しかも、アクションあり。
お腹膨らました直後だったせいか、前半、うとうとしてしまった…。

ドキドキハラハラ、それは確かに感じることができます。
にしても、銃の撃ち合い、爆破、激しいなぁ…と、ヒヤヒヤしながら観ていたら、PG-12。
きっちり年齢制限ついていました、知っていたら観なかったかも…血、苦手です。
まぁ、露骨なエグイ場面はまだ控えていると思いますが、そういった乱闘?シーンがダメ!っていうひとは止めておくべきでしょう。

途中巻き込まれるFBIのニックは憎めなくて、好きなのですが、スワガーの犯行かどうか疑い、色々と調べてくれていたのに、拷問されるわ、もひとつ優しい救出をしてもらえないわで、何だかかわいそうでした。
ニックは頑張っていたよ…。

とにかく、”やられたらやり返す!!”
復讐、復讐、復讐…。
観終わった後、もう少しスカッとできるかと思っていたのですが、もうひとつスワガーが最強・最恐ということ以外を感じることができませんでした。
仲間の死のあたりはちょっと人間味を感じることができたけれど、その後のスワガーは観ていて痛々しくて。
何だか、悲しくなっちゃった。
だから。
スワガー、ドニーの元奥さん、ニック、FBIの方々。
皆がこの事件後、ハッピーになれれば、いいな。
その辺り、小説ではふれているんやろうか。
原作、ちょっと気になっちゃいました。

|

« 1週間編集部『松山ケンイチ 1st Photo Book 起』(講談社) | Main | 森博嗣『夢・出逢い・魔性』(講談社) »

Comments

コメント&TBどうもでした~♪
血が苦手なんですか・・・
映画の選択誤ったかも!?(笑)
>スワガーは観ていて痛々しくて。
確かに、復讐に狂ってましたよねぇ・・・
親友が殺された作戦が、大量虐殺に関わっていたって事を知らされたのも、ひたすら復讐する要因になってたのでしょうかねぇ・・・

Posted by: はっち | June 12, 2007 at 06:44 AM

はっちさん、コメントありがとうございますv
途中はすごく夢中になって観ることができたのですが、見終わった後、もうちょっとほっとしたかったかなぁ…と。
そんな要望、本当に映画の選択を誤っていますね(笑)
これを機に、アクションのある映画も観たくなりつつはあるのですが☆

Posted by: ぽっぽ | June 13, 2007 at 12:39 AM

ぽっぽさん
今晩は★☆
TB&コメントありがとうございますm(__)m
日曜日、「猿の惑星」がテレビで放映されて
いました。マークが主演でしたが、シューター
でのマークと少し重なりました。
映画館で観た記憶はあるのですが・・・。
あまり憶えておらず。断片的には
憶えているのですが(^_^;)

Posted by: mezzotint | June 18, 2007 at 06:31 PM

>mezzotintさん
コメント、ありがとうございます!
私はこの映画で初めてマーク=ウォールバーグをちゃんと観たのですが、無骨な感じでかっこよかったです。
『猿の惑星』ではどのような役どころを演じられていたのでしょう??
気になります~(≧∇≦)

Posted by: ぽっぽ | June 19, 2007 at 02:02 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/15340745

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『ザ・シューター 極大射程』:

» ザ・シューター/極大射程 [Akira's VOICE]
詰めが甘いアクションミステリー。 [Read More]

Tracked on June 07, 2007 at 10:26 AM

» 「ザ・シューター 極大射程(SHOOTER)」 [Wilderlandwandar]
「この 邦題のタイトルが ”おかしい”」映画部門上位にに選ばれそうな作品。「ザ・ [Read More]

Tracked on June 07, 2007 at 04:03 PM

» ザ・シューター 極大射程(映画館) [ひるめし。]
合衆国VS孤高の狙撃手 [Read More]

Tracked on June 08, 2007 at 05:07 PM

» 一足早く「ザ・シューター/極大射程」観てきました。 [よしなしごと]
 今回は一般の試写会でした。場所は九段会館。映画のタイトルはザ・シューター/極大射程です。 [Read More]

Tracked on June 09, 2007 at 01:09 AM

» ザ・シューター/極大射程 (Shooter) [Subterranean サブタレイニアン]
監督 アントワーン・フークア 主演 マーク・ウォールバーグ 2007年 アメリカ映画 125分 アクション 採点★★★★ 男の子なら誰しも一度は夢想する“脳内戦争”。きっと“もし街中にゾンビが溢れたら?”の次くらいに人気のある夢想だと思うのだが、その“もし戦争になったら..... [Read More]

Tracked on June 09, 2007 at 01:59 AM

» 【2007-74】ザ・シューター/極大射程(SHOOTER) [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
合衆国VS孤高の狙撃手 [Read More]

Tracked on June 10, 2007 at 04:33 PM

» ザ・シューター 極大射程 2007-27 [観たよ〜ん〜]
「ザ・シューター 極大射程」を観てきました〜♪ 元海兵隊の名狙撃手、スワガー(マーク・ウォールバーグ)は人里はなれた山奥で世間とのかかわりを断ち切って生活していた。そんな彼の元にジョンソン大佐(ダニー・グロヴァー)が訪ねてくる。大佐によると、大統領の暗殺狙撃計画が進行している、狙撃手の立場で大統領の遊説先を調査して欲しいというのだった・・・ 人気Blogランキング     ↑ 押せば、2km先のターゲットを狙撃できるかも!? ... [Read More]

Tracked on June 11, 2007 at 10:35 PM

» ザ・シューター 極大射程 マーク・ウォールバーグ、なかなかかっこいい! [銅版画制作の日々]
  「ディパーテッド」では存在感のある演技で、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされた、マーク・ウォールバーグ。今回の映画「ザ・シューター」ではかなりの腕利きスナイパー役に挑戦だ映画の原作はスティーヴン・ハンターという人が1993年書いた「ポイント・オブ・インパクト」という長編小説らしい。2000年には翻訳され、大ベストセラーとなったそうだ。 マーク・ウォールバーグは主演というイメージのある俳優さんではないが、過去にも、「猿の惑星」01年作品、ティム・バートン監督で主演をしている。確か鑑賞したが、... [Read More]

Tracked on June 15, 2007 at 04:40 PM

» 「ザ・シューター/極大射程」 [やまたくの音吐朗々Diary]
公開中の映画「ザ・シューター/極大射程」を観賞。監督はアントワーン・フークア、出演はマーク・ウォルバーグ、マイケル・ペーニャ、ダニー・グローバー、ケイト・マーラ 、イライアス・コティーズほか。勧善懲悪、リベンジアクション、孤高のマッスルヒーロー。新しさがないと... [Read More]

Tracked on June 19, 2007 at 02:58 AM

» 「ザ・シューター 極大射程」 [Tokyo Sea Side]
合衆国VS孤高の狙撃手!というコトで、マーク・ウォルバーグ演じるスワガーはとにかくすごい。体力だけじゃなく、頭の回転が速く知識も豊富、集中力はずば抜けている。…どことなく「ボーン・アイデンティティ」シリーズのマット・デイモンと被っている印象を受けました。 ストーリーは少々ありがちな気もしますが、ハデさは半端ない!銃撃戦はもちろん、爆発シーンもものすごいです。ラストのどんでん返しも「そうこなくっちゃ☆」ってカンジで気持ちよかったです。... [Read More]

Tracked on June 29, 2007 at 01:35 PM

« 1週間編集部『松山ケンイチ 1st Photo Book 起』(講談社) | Main | 森博嗣『夢・出逢い・魔性』(講談社) »