« 映画を観る→『チルドレン』 | Main | 映画を観る→『blue』 »

森博嗣『魔剣天翔』(講談社)

魔剣天翔―Cockpit on Knife Edge魔剣天翔―Cockpit on Knife Edge
森 博嗣

講談社 2003-11
売り上げランキング : 55276

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アクロバット飛行中の二人乗り航空機で起きた殺人。
殺された被害者と同乗していた人間はどこかへと姿を消してしまい、警察は追いかけることに。
そして、事件の鍵を握る、宝剣エンジェル・マヌーヴァの行方。
宝剣の謎、完全なる密室での殺人の謎。
瀬在丸紅子が華麗に解き明かす。


飛行機…森さん…と、思わず、頬が緩みます。

保呂草さんが珍しく動き回っていたように感じたこの作品。
何だか、意外とマトモ、男の人なんやなぁ、としみじみ。
犀川先生よりは立ち回りが明らかに上手そうです(笑)
ジャーナリスト・各務亜樹良の今後もちょっと気になる。
どうやら次の作品にも出てくるような感じやし。

れんちゃんは今回、切なかった…。
紫子さんとの関係もちょっと変わってくるのかな、今後。
私としては、林さんが出てきた作品なので、とても楽しく読んでいました。

相変わらず、いくつかの謎が作中には散りばめられているのだけれど、その解答がなかったりもして、「えっ、どういうこと??!」とひとり置き去りにされてしまいました。
事件の謎を解いた紅子は動機や人間関係について、「そういったものに、私は興味がありません」と応える。
作中に出てくる小さな謎。
森さんはその解答をあえて提示することにはきっと興味がない。

でも、未熟な読者である私はひとり、モヤモヤ頭を抱えるのである(笑)

|

« 映画を観る→『チルドレン』 | Main | 映画を観る→『blue』 »

Comments

そうなんですよねー
森作品て
動機の背景(人間関係とかさ)そういったものはあまり描かれていなくて、けっこーもやもや想像をめぐらせちゃったりしますよね!
でも、森作品の探偵とか登場人物も何か。。。そーゆースタンスというか。動機を探ることがメインじゃない感じ。
もやもやだけどそこも魅力(笑)
各務亜樹良サンは、たぶんけっこー今後も絡んでくると思います!
わたしもVシリーズ『ねじれ屋敷~』から読んでないので☆森作品読み始めたいです☆(燃)

でもこの作品
れんちゃんにドキドキでした。紫子サンとの関係かー
フフフ
保呂草さんもかっこいいですよね(笑)
でも良く考えてみると林さんて、色男すぎ!(笑)

Posted by: あかね | June 20, 2007 at 02:38 PM

えぇ~!!
練ちゃん切ない?紫子との関係も関係もちょっと変わる?各務亜樹良も登場ですか!!

凄い気になります!!

森作品はシリーズの他にも色々散りばめられていますから読者は結構大変ですよね(笑)

そこも森作品の魅力の一つですね

S&Mシリーズ読破してVに戻ろうと思っていましたがこの記事を見てまた途中でVに戻る事にします!

Posted by: 江戸っ鯉 | June 20, 2007 at 04:56 PM

>あかねさん
動機も勿論やけど、登場人物たちが会話の中でちょっとしたナゾナゾ?をしていて、それの解答がそっちのけになったりすると、「答えは何なの!?」と一人迷宮に入り込みます(笑)
今、頑張って読み進めていますよ~☆
Vシリーズを7月中には制覇する予定です(*゜▽゜ヾ

>江戸っ鯉さん
れんちゃん好きの方はちょっとドキドキしちゃうと思います☆お楽しみに!
いろんなところに散りばめられた謎に見事に全部翻弄されているぽっぽです(笑)
それが楽しくなってきてるのですが(*^▽^*)
VもS&Mも是非是非読んでゆきましょう♪

Posted by: ぽっぽ | June 21, 2007 at 01:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/15701521

Listed below are links to weblogs that reference 森博嗣『魔剣天翔』(講談社):

« 映画を観る→『チルドレン』 | Main | 映画を観る→『blue』 »