« 映画を観る→『東京タワー』 | Main | 映画を観る→『秒速5センチメートル』 »

池田暁子『片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術』(文藝春秋)

いつまでも部屋がもひとつ片付かないので、買ってしまいました。

片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術
池田 暁子

文藝春秋 2007-04
売り上げランキング : 914

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


読み終わってから池田暁子さんのHPを拝見。
TOP画像が虫のイラストだったので、思わず、そのまま”閉じる”をしそうになりました。

整理するための本や片付ける本というのは他にもたくさん出回っておりますが、ふむふむと感じたり、読んだ直後は奮起していても、実際それが反映されるかというと、難しいところ。
でも、本書はほんっとにシンプルな結論。
そして、非常に納得できてしまいます。


実家住まいで自分の散らかすスペースは限られているのもあって、さすがに著者の池田暁子さんのお部屋ほどは乱れていないのですが、共感できるところが多々ありました。
特に笑ってしまったのが片付け方。
要る物、要らない物などを分別し始めるものの、収集がつかなくなって、一旦停止するべく、大きいものは積み上げ、小さいものは紙袋に詰め込む。
めっちゃやってしまっています(笑)
こないだお掃除した時におさまらなくなったこまごましたものを詰めた紙袋が現に隣にあるからね。

池田さんは片付けをするに当たり、”とりあえず”を禁止します。
とりあえず、置いておこう。
とりあえず、避けておこう。
それの繰り返し、それじゃあ、片付く日なんて遥か彼方、いや、きっとそんな日はやってこない。
私生活で私は”とりあえず”を多用します、勿論、周りに迷惑をかけるような事柄以外ででのつもりですが。
でも、確かに片付けにおいては、禁止する気合いがないと、まずいかも、としみじみ。
片付けたいんなら、やっぱり”捨てる決心”も必要。
(リサイクルとして寄付したり…なんていう道もありますけれど、今回の池田さんのようなケースではそれは酷かも…)

無事片付いた後のケアも大事。
出したら、なおす(片付ける)。
持ち帰ったら、なおす(片付ける)。
すぐにやっちゃえば、散らかることはないので、後々楽ちん。

私も見習って、次のお休み、決死のお片付けをしてみようと思います!
いっつも”とりあえず”置いといちゃうので^^;

|

« 映画を観る→『東京タワー』 | Main | 映画を観る→『秒速5センチメートル』 »

Comments

ぽっぽさんこんにちは。
あ~私もやっている…。どうしようもなくなった大きなものは積み上げ、小物は袋に。
そんな袋が何個もあるある!
たまにその中をのぞいて少しだけ小物を捨ててみたり、袋の中身をひとつにしてとりあえず袋の数だけ減らしてみたり…。
結局全然片付いてないのさ(・・;)
『とりあえず禁止』か。
私も心がけよう!

Posted by: くろまめ | May 18, 2007 at 09:47 AM

くろまめさん、いらっしゃいませ♪
袋、減らしてみたり…やりますやります!
減らしたことで一歩前進したという満足感を得ています(笑)
これを機に中学生くらいからほぼ未使用のまま机に陣取っていたもらいものの鏡台を処分しました。
日焼けだけさせちゃってちょっと申し訳ないけれど(>_<)
お互い謎の袋をなくしてゆきましょう~(笑)

Posted by: ぽっぽ | May 18, 2007 at 02:48 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/15063133

Listed below are links to weblogs that reference 池田暁子『片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術』(文藝春秋):

« 映画を観る→『東京タワー』 | Main | 映画を観る→『秒速5センチメートル』 »