« 映画を観る→『眉山』 | Main | 映画を観る→『舞妓Haaaan!!!』 »

映画を観る→『そのときは彼によろしく』

公式ページはこちら → 
ぽっぽの原作に対する感想はこちら → 


07052204imgp0806


試写会のチケットが当選したため、行って参りました☆
ただ、割と近々にチケットが届いたため、一緒に行く人探しに焦る焦る。
平日の18時に会場に来ることができる人がなかなかいない。
妹を何とか連れ出し、やれやれ…。
しかし、嬉しいハプニング!

なんと、平川監督を始め、出演者の長澤まさみちゃん、山田孝之くん、塚本高志くんの舞台挨拶が!!

全くそんなことを事前に知らされていなかったし、無料の試写会やからハナから期待していなかっただけに、大感激!
なんせ、ミーハーですから!!
山田くんは寡黙な感じで(妹は「暗っ!」と辛口・(笑))、塚本くんは関西弁で喋ったりとサービス、まさみちゃんはやはり可愛らしかったです。
「ラフにいこう!」とみんなに呼びかける塚本くんでしたが、山田くんは司会者の方のコメントに対して鸚鵡返しか「ハイ…」ばっかりで、それはそれで面白かったです(笑)。
やたら「水草屋の店長」という単語を連発して笑いを誘っておりました。
開演前にテンションが上がりきったぽっぽでありました…。

さてさて、映画のお話☆
アクアプラントショップ(水草屋さん)を営む智史はある日、店の前でアルバイトとして雇って欲しいという女性と出会う。
森川鈴音と名乗る彼女は最近引退したばかりのトップモデルであった。
ふとしたことから智史は彼女が13年前に別れた幼なじみの花梨であると気付く。
智史、祐司、花梨の3人は智史が引っ越す日までいつも一緒に過ごしていた。
再会を喜ぶ二人。
しかし、花梨が智史に会いに来たのには理由があった…。

光の入り具合が好きやなぁと観ていて、しみじみしてしまいました。
太陽の光、月の光、プリズムの光…。
音楽が気になるピアニストの松谷卓さん(『いま、会いにゆきます』の音楽もこの方)だということも嬉しかった。
主題歌は柴咲コウさん。
良い歌でした。

私は原作を読み、色々と感じた人間なので、どうしても先入観が捨て切れませんでした。
お店の雰囲気はしっくりきたし、智史が幼少時に過ごした空き地も素敵でした。
でも、夏目くんや美咲さんのエピソードは完全に違うものとなっていて、私は夏目くんのキャラクターが好きやったので、少しがっくり。
映画の夏目くんはそこそこ世渡りが上手そうなどこにでもいそうな若者になってしまっていた。
美咲さんは映画の中では良い役どころであったと思います。
ベツモノ、として観た方がいいでしょう。

山田くんの男泣きを観るのは何回目だろう…と思い返しつつ。
おっちょこちょいでピュアな青年を優しく演じられていました。
まさみちゃんも本人も「いつもより大人っぽい役」とおっしゃられていましたが、確かに。
しっかりしているけれど、智史に打ち明けられない秘密を抱いている花梨を観て、切なくなりました。
塚本くん演じる祐司は原作よりも登場シーンが多いような気がしたのですが、もうちょっと3人の絆を描いて欲しかったかも。

お父さんが3人を見守る、どっしりとした雰囲気の器の大きい大人、というイメージやったので、小日向さんじゃあ穏やか過ぎないか?と思ったのですが、山田くんに花梨のことを話す姿にはぐぐっときました。
そして、花梨の少女時代を演じた黒田凛ちゃんの大人びた、少し憂いを含んだ表情が素晴らしかったです。

個人的に、駅の別れの場面が幼少時、成長後両方とも印象に残りました。
切なかった。

最初、少し退屈してしまったのですが、気付くと夢中で観ていました。
あんまり原作を頭に置いてしまうと、集中できなくなっちゃうかも。
原作を読んだ身としては、もうちょっと前半、じっくりと作って、クライマックスまでに気持ちを上げて欲しかったとも思うのですが、世界観は好きな映画です。
原作同様、切なくって、愛おしい物語です。
ファンタジー的設定、奇跡という展開を一切受け付けない!という方にはオススメできません。


そのときは彼によろしくそのときは彼によろしく
市川 拓司

小学館 2007-04-06
売り上げランキング : 500

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


↓6月発売の花梨視点によるサイドストーリー。

プリズム色の場所プリズム色の場所
益子 昌一

小学館 2007-06-07
売り上げランキング : 90814

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓最近すぐコミック化されますね…。

そのときは彼によろしくそのときは彼によろしく
市川 拓司 宮園 いづみ

小学館 2007-05-25
売り上げランキング : 71691

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓近日発売。サウンドトラック。

そのときは彼によろしくそのときは彼によろしく
サントラ

ERJ 2007-05-30
売り上げランキング : 27840

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↓もうじき発売、主題歌。

プリズムプリズム
柴咲コウ 市川淳 REO

ユニバーサルJ 2007-05-30
売り上げランキング : 354

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 映画を観る→『眉山』 | Main | 映画を観る→『舞妓Haaaan!!!』 »

Comments

ぽっぽちゃん・・・!
ナマ塚っち、カッコ良かったでしょー?(>ω<)♪
私も会ったことあるけどさー・・羨ましい(笑)!!

このお話、市川作品の中で一番好きなお話です。
映画化ってことで文庫が出てたので、買って再読中なの。
私も公開前にレビューにしようと思ってたんだ^^

しっかり別物認定して、楽しみに映画館に行って来ますね(∂ω<)

Posted by: kiyu | May 25, 2007 at 04:54 PM

うううう、うらやましすぎます!
わたしも早く観にいきたい!
でも、やっぱりファンタジー設定か~。。。
ま、市川たくじ先生の原作映画って。。。
今までもファンタジータッチですもんね。
ちょっと苦手な私(笑)
でも、映画!楽しみにおります☆
原作は読んでいないので☆☆☆ワクワク

Posted by: あかね | May 25, 2007 at 10:56 PM

>kiyuお姉サマ
実は席がちょっと遠かったせいもあって(まさか舞台挨拶があるなんて予測できなかったので^^;)あんまりはっきりとお顔拝見できていないんです(笑)
でも、映画のHPに載っていた舞台挨拶の写真と同じような格好をしていたような(山田君も)。
山田くんが静かな分、余計に明るい青年に見えました。
他のひとが喋っている時も監督に耳打ちしてたりして(笑)
塚っちファンのkiyuさんにはちょっと物足りないかも?
また感想載せてくださいね♪

>あかねさん
相変わらず、市川ワールドでした☆
しっかり受け止めて観てきてください(笑)
原作読んでいないひとの方がすんなり入り込めるかもしれないです。
あかねさんの感想、楽しみにしていますっ(≧∇≦)ノ

Posted by: ぽっぽ | May 27, 2007 at 12:10 AM

こんばんわ!コメントありがとうございます!

>ファンタジー的設定、奇跡という展開を一切受け付けない!という方にはオススメできません。

ボクもソウ思いますよ!
奇跡なんて、、、って思ってる方は絶対失敗したぁ~って思っちゃうと思います!

でも純粋に奇跡を信じちゃう方にはたまらない映画ですよね!
山田君も長澤将美ちゃんもすごく良かった!お似合いのカップルって感じで!

こんな素敵な映画、どんどん作ってもらいたいって思います!

Posted by: あっしゅ | June 11, 2007 at 12:26 AM

あっしゅさん、コメントありがとうございます☆
好き嫌いは分かれるでしょうが、私は好きなタイプの映画でしたので、楽しめました。
山田くんも長澤さんも次回作も楽しみですね(≧∇≦)ノ

Posted by: ぽっぽ | June 11, 2007 at 02:19 AM

舞台挨拶羨ましいw
まさみちゃんと塚本君は一度見てみたいなぁ。

僕も前半はイマイチ入り込めなかったのですが
終盤は集中して観れました。
ハッピーエンドで終わってスッキリしたので満足できました♪

kiyuさんに薦められたので文庫本を買いました。
原作の方が評判はいいですよね。
近いうちに読んでみます☆

Posted by: こーいち | June 11, 2007 at 05:15 PM

サプライズでの舞台挨拶だったのですが、まんまとびっくりしておりました(笑)
本当にハッピーエンドだったので、観ていてほっとできました。
文庫本、ご購入されたんですね☆
そちらも是非お楽しみくださいv

Posted by: ぽっぽ | June 12, 2007 at 12:22 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/15192029

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『そのときは彼によろしく』:

» 子役「そのときは彼によろしく」【子役情報】 [子役情報と子役オーディション]
映画『そのときは彼によろしく』は、市川拓司さんが書かれた恋愛小説を元に、山田孝之、長澤まさみ、塚本高史、国仲涼子、北川景子、黄川田将也、本多力、和久井映見、小日向文世などが出演して話題になっています。この映画で子供時代の彼らを演じるのが、子役の深澤 嵐君...... [Read More]

Tracked on June 02, 2007 at 12:39 PM

» そのときは彼によろしく / 映画 [あかねのたわごと☆本日記]
映画『そのときは彼によろしく』を観て来ましたSTORY:かつて『あの町』で出逢い、小さな湖畔の廃バスを秘密基地に遊び回った三人。花梨と智史と佑司。それぞれの事情で離れ離れになった13年後、三人は運命的な再会を果たす。動き出す甘美で切ないドラマ。同時に蘇る「あの町」の美しい記憶。セピア色だった想い出が鮮やかな色を帯びて輝き始めたとき、運命が動き出した。『この世界には、物理学の教科書にも載っていない強い力がひとつある』そんな目に見えない力で繋がっている人々のめぐり逢いを描いた作品市川拓司のロングセラー小... [Read More]

Tracked on June 04, 2007 at 09:31 PM

» 「そのときは彼によろしく」試写会レビュー 透き通るプリズムの向こうに [長江将史〜てれすどん2号 まだ見ぬ未来へ]
誰よりも好演の花梨のファンの役者さんと、佑司の子供時代の子役さんの素晴らしさを延々と語るのもいいが(笑)、美しく生い茂る水草に、清く透き通った水、アクアプランツに身をゆだねてみるのもいいだろう。 ... [Read More]

Tracked on June 06, 2007 at 12:59 AM

» 【2007-75】そのときは彼によろしく [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
13年─ 突然現れた幼なじみの花梨 あなたの未来に、私はいないから・・・ どんなに別れを繰り返しても あなたに伝えたいことがあった─ どんなに離れていてもひかれあう強い力── 僕らはそれだけを信じていた。 ... [Read More]

Tracked on June 06, 2007 at 08:09 PM

» そのときは彼によろしく [Akira's VOICE]
人を思う気持ちは,命となる。 [Read More]

Tracked on June 07, 2007 at 10:21 AM

» そのときは彼によろしく [Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆)]
"この世界には、物理学の教科書にも載ってない強い力がひとつある”と市川監督は言う、、、。ボクは信じます、この強い力を! 評価:★8点...... [Read More]

Tracked on June 10, 2007 at 09:46 AM

» 『そのときは彼によろしく』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:]         2007/06/02公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:][:悲しい:] 空想度[:きのこグリーン:][:きのこグリーン:][:きのこグリーン:][:きのこグリーン:] 満足度[:星:][:星:][:星:]   【監督】平川雄一朗 【脚本】いずみ吉紘/石井薫 【原作】市川拓司 『そのときは彼によろしく』(小学館刊) 【時間】114分 【出演】 長澤まさみ/山田孝之/塚本高史/国仲涼子/北川景子/黄川田将也/... [Read More]

Tracked on June 11, 2007 at 05:05 PM

« 映画を観る→『眉山』 | Main | 映画を観る→『舞妓Haaaan!!!』 »