« 丸木伊参『ユナイテッドアローズ-心に響くサービス』(日本経済新聞社) | Main | 池田暁子『片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術』(文藝春秋) »

映画を観る→『東京タワー』

07050813nec_0018


公式ページはこちら→ 

小倉で暮らしていたオカンとボク、そしてオトン。
家を出たオカンはボクを連れて筑豊の実家で暮らし始めた。
そして、中学を卒業したボクは初めてオカンの元を離れ、大分の学校に通うことになり、その後、東京の大学へ行くことになる。
自堕落な日々を送っていたボクは留年しながらもどうにかこうにか大学を卒業し、イラストレーターとして少しずつ仕事をしていく。
そんな中、親戚のおばさんからオカンがガンにかかっているということを聞く…。


本屋大賞にも輝き、とっても売れたこの本。
持っていますが、まだ読んでいません。
スペシャルドラマ(大泉洋さん)、月9ドラマ(速水もこみちさん)も観ていません。
でも、映画、観てきました。

東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~東京タワー ~オカンとボクと、時々、オトン~
リリー・フランキー

扶桑社 2005-06-28
売り上げランキング : 631

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック「家族を探して」『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』オフィシャルシネマブック
橋本 麻里 長島 有里枝

扶桑社 2007-03-28
売り上げランキング : 14569

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ザ・シナリオ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトンザ・シナリオ 東京タワー オカンとボクと、時々、オトン
松尾 スズキ

扶桑社 2007-03-28
売り上げランキング : 20934

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

これはありふれた物語 けれど、すべての人の物語
予告編でそう流れている通り、オカンとボクの人生は格別波乱に満ちたものではなく、ふたりの生き方もけして特異なものではありません。
だから、皆が共感し得る物語となっていると思います。

私は予告編、そして要所要所に流れていた音楽も好きでした。
優しくて、切なくて。


キャストの素晴らしさに、この作品は尽きるのではないでしょうか。
派手ではないストーリーを静かに、自然に演じる俳優の方々が素晴らしい。

オダギリジョーさんは観る前、「やだ、あの髪型」と思っていましたが、髪はあんなでも、カッコイイ…。
困った、やる時はやる、優しくて、泣き虫なボクを演じていました。

そして、オカン役の樹木希林さん、内田也哉子さん母子が素敵!
映画初出演の也哉子さんの演技は何だか妙にしっくりきていて、驚き。
まだ小さいボクを抱きしめるオカン、そして、高校生になり、親元を離れるボクを見送るシーン。
このふたつのシーンが好きです。
クライマックスにあたるところではなく、こういうちょっとしたところがぐぐっときておりました。
樹木希林さんは、鑑賞後母とも語りましたが、ただただ「すごい」の一言。
演技が上手や下手やとかじゃなくて、湧き出る空気みたいなものが圧巻です。

オダギリさんと樹木さんのタッグ、すごく良かった。

ただ、高校生のボク役の富浦くんが高校3年生まで演じてはるのに、大学生になった途端オダギリさんになるのはちょっと急成長過ぎて、思わずツッコミ入れたくなりました(笑)
せっかく自然な空気の映画やので、もうちょっと余裕持たせて成長させて欲しかった。
小林薫さんは若い頃のオトンからラストまでずぅっとひとりでやってはります。
髪型の変遷が見所?
こっちはそんなには違和感はなかったかな。

ちょこちょこ出てくる豪華なキャストにも注目してほしいです。
「えっ、それだけ!?」というくらいの出番で有名な方々が。

私は本当に最後のシーンではなく、途中途中でじーんとくるシーンが多かったな。
ひとによって、他にもじーんと感じるシーンがあるのではないかと思います。

この映画の雰囲気が好きやなぁ…。

東京タワー、一回は見てみたいな。

|

« 丸木伊参『ユナイテッドアローズ-心に響くサービス』(日本経済新聞社) | Main | 池田暁子『片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術』(文藝春秋) »

Comments

ぽっぽさんはじめまして。

私も先日「東京タワー」を観て来ました。
本も読んでいないし、TVドラマも観ていませんで
したが、この映画はなにかとても引かれるものがあ
りどうしても観たくて...。
静かに淡々と進んでいく場面、決して泣かせようと
創ったものではなくて、それでも心に染みてくる感
じ。素晴らしかったなあ。
キャストもよかったですね。希林さんのたたずまい
は何ともいえませんでした。
最後にミズエさんに渡されたおかんからの手紙には
何が書かれていたんでしょうね。

Posted by: くろまめ | May 09, 2007 at 01:03 PM

ぽっぽさん、こんばんは♪
TBありがとうございました!
心に染み渡る素敵な作品でしたよね。
ドラマ(大泉洋)も観ましたけど間違いなく映画の方が
良かったですw
キャストもハマってましたし文句なしでした。
富浦くん→オダギリさんは突然でビックリでしたけど(笑)

Posted by: こーいち | May 09, 2007 at 10:44 PM

>くろまめさん
はじめまして!コメント、ありがとうございます☆
本当にじんわり染みる映画でしたね…キャストも含めて素敵でした。
ミズエ宛ての手紙、確かに気になります!
最後の最後で出てくるかな?と期待しつつも、出てこず。
ミズエの表情から感じ取るとしましょう…(*'-'*)

>こーいちさん
いらっしゃいませ☆
コメント&TBありがとうございます。
ボクの役には大泉さんの方が合っているのかなと思っていたので、ビデオに録画しているドラマ版を楽しみにしているのですが、映画の出来はかなり良かったということですね。
「イマドキの子供の成長って早いわ~」と思いますが、あれは「早い」を飛び越えていますよね(笑)
もうちょっと入れ替え時期をどうにかできなかったのか^^;
ある意味、一番笑いそうになったとこでした(笑)

Posted by: ぽっぽ | May 11, 2007 at 12:04 AM

時間を捻出して行こうかどうか、迷っているところ。
でもぽっぽちゃんもこーいちさんも良かったと言っているし、やはりオダジョー派としては行くべきかしら・・(笑)^^;

Posted by: kiyu | May 15, 2007 at 03:16 PM

あんな髪型でもカッコイイ!です(笑)
オダジョー派は観ておいた方がいいのかも☆
なんてことないストーリー、設定なのだけれど、じんわりする映画です。
優しい、お母さん思いの息子を演じるオダジョーはすごく素敵でしたよv
もし観に行かれるなら是非感想アップしてくださいね(*゜▽゜*)
”オカン”でもあるkiyuさんの感想聞きたいですv

Posted by: ぽっぽ | May 15, 2007 at 11:15 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/15004960

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『東京タワー』:

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]           2007/04/14公開  (公式サイト) 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 泣き度[:悲しい:][:悲しい:][:悲しい:] 満足度[:星:][:星:][:星:][:星:][:星:]  【監督】松岡錠司 【脚本】 松尾スズキ 【原作】リリー・フランキー 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』 【主題歌】福山雅治 『東京にもあったんだ』 【時間】142分 【出演】 オダギリジョ... [Read More]

Tracked on May 09, 2007 at 10:38 PM

» 『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』舞台挨拶@丸の内ピカデリー1 [|あんぱ的日々放談|∇ ̄●)ο]
『蟲師』舞台挨拶@新宿ミラノ1に続いての生オダジョー。あれはホント酷かった(爆)さて田中裕子・大泉洋による2時間ドラマ版、最終回だけ見たw倍賞美津子・速水もこみちによる連ドラ版、そして映画版『東京タワー オカンとボクと、時々、オトン』が満を持しての登場実は...... [Read More]

Tracked on May 13, 2007 at 09:44 AM

« 丸木伊参『ユナイテッドアローズ-心に響くサービス』(日本経済新聞社) | Main | 池田暁子『片づけられない女のためのこんどこそ!片づける技術』(文藝春秋) »