« 池谷理香子『微糖ロリポップ』(集英社) | Main | 丸木伊参『ユナイテッドアローズ-心に響くサービス』(日本経済新聞社) »

映画を観る→『ラブソングができるまで』

公式ページはこちら→ 


ヒュー=グラントとドリュー=バリモアが繰り広げるラブコメディ。
80年代を一世風靡した人気バンド”PoP”のボーカルであるアレックス。
そんなある日、スーパースターである歌姫・コーラから依頼を受け、曲を提供することに。
返り咲きの大チャンス!
作詞が大の苦手、曲作りからも長く離れていた彼は大苦戦。
そんなある日、植物の世話をしにアルバイトに来たソフィーが口ずさんだ詞に強い何かを感じる。
作詞はできないと拒否するソフィーをどうにか説得し、歌作りを始める二人。
その歌はコーラに認めてもらえるのか?!

ヒュー=グラント演じるアレックスが80年代に活躍していたという設定のPVは確かに時代を感じた。
昔のものでも、いいものはいいと思うけれど。
”過去のスター”、ちょっと3枚目な部分のあるヒュー=グラントがカッコイイ。

個人的にソフィーのお姉ちゃんがすごく好き(笑)。
アレックスの大ファン、二人の子持ち。
肝っ玉母さん的で。
すっごく豪快で、情熱的。
あんなお姉ちゃんやったら頼りがいあるよねぇ。

物語の流れの予測は比較的つきやすいと思います。
このへんでうまくいって…このへんで衝突するんやろうなぁって。
もっと純粋に楽しみたまえ、と言われそうですが。
でも、最後じーんとくるはずのところが少しスピードアップしたように感じて、わたわたじーんとしておりました。

歌のシーンがちょこちょこと多く、歌姫のコーラが可愛いなぁと思いつつ、楽しめました。
アレックスとソフィー作の歌も勿論、アレックスが興業で歌う昔の”持ち歌”も良かった。
ラブコメとして、楽しめる作品ではあるけれど、せっかく設定としてドラマチックなのだからもうちょっと劇的!ロマンチック!なお話の展開やったらもっと嬉しかったな。
もっともっと、きゅん!とさせて欲しかったです。

|

« 池谷理香子『微糖ロリポップ』(集英社) | Main | 丸木伊参『ユナイテッドアローズ-心に響くサービス』(日本経済新聞社) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/14930869

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『ラブソングができるまで』:

» 『ラブソングができるまで』 [京の昼寝〜♪]
落ちぶれた80年代ポップスター  男に騙された元ライター ■監督・脚本 マーク・ローレンス ■キャスト ヒュー・グラント、ドリュー・バリモア、ブラッド・ギャレット、クリステン・ジョンストン、キャンベル・スコット □オフィシャルサイト   『ラブソングができるまで』  すっかり落ち目の80年代のポップスター・アレックス(ヒュー・グラント)の仕事は、今や遊園地などでのイベントへの出演ぐらい。 そんな彼にスターダムへの復活のチャンスが。 人気絶頂の歌姫、コーラ・コーマ... [Read More]

Tracked on July 11, 2008 at 08:29 AM

« 池谷理香子『微糖ロリポップ』(集英社) | Main | 丸木伊参『ユナイテッドアローズ-心に響くサービス』(日本経済新聞社) »