« 世界選手権代表が決定 | Main | 映画を観る→『オーシャンズ11』(DVD) »

映画を観る→『バッテリー』

映画『バッテリー』を観て参りました。

天才野球少年・巧。 病気勝ちな弟のため、母の実家へと引越しをすることになる。 そこでキャッチャー・豪との運命的ともいえる出会いを果たす。 しかし、中学校へと入学した彼らを待ち受けていたのは…。


一体、いつになった原作本(小説)を読むのか、私。
全巻揃えているのに!
映画は文庫本が全6巻なのですが、それを1本におさめているようですね。
マンガだけは5巻まできっちりと読んでいる私は「えっ、そこ、まだ読んでへん…!」と、すごく気になるところで終わっていた5巻の先を思いがけなく知ってしまうのでした(笑)
や、やられた…!!

バッテリーバッテリー
あさの あつこ

角川書店 2003-12
売り上げランキング : 599

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


バッテリー (第1巻)バッテリー (第1巻)
あさの あつこ 柚庭 千景

角川書店 2005-03-17
売り上げランキング : 12176

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

この映画を観て感じたのは陽の光、木々の緑、青い空の美しさです。
何故か、それらがとても私には印象に残りました。

巧役の林くん、豪役の山田くん、二人とも、自然体で観ていて良かったです。
少年たちの笑顔もとても可愛らしかった。
豪くんの笑顔、あれは素晴らしい。
ピッチャーの不安を打ち消してくれる笑顔。
でも、その笑顔に曇りが見えた時…巧との間にすれ違いができてしまう瞬間でした。

友情に、野球に、家族に、全てのことに一生懸命な彼らを観ていると、胸がぐっときました。
そして、野球部の先輩が巧に対して行ったこと、それに対する言い分…戸村先生にあそこはもっと活躍して頂きたかったです。
先輩の苦しさも全く理解できないことじゃあない、でも、”暴力”というかたちは間違っている。
そこを先生が受け止めて、指導してくれないとーっ!
ラスト、何だかんだ気になってか、試合を観に来ている先輩たちを見つけて、少しほっとしましたが…。
逆に、校長先生に「野球は君たちのものではない」と言われた巧たちに「野球は誰のものなんですか?」聞かれて、おまえたちのものだと戸村先生が言ってくれたのは嬉しかったな。


”怪物”と呼ばれる中3の門脇くんは中学生に見えない(笑)。
しっかりした顔つきと身体つきに圧倒されました^^;
門脇くんと眼鏡の瑞垣くん。
この二人、何だか好きでした。

弟・青波が病床で兄にメッセージを送るシーン、病気勝ちな弟ばかりどうしても構ってしまう母親と心が通ったシーンにほろり。
お父さん役の岸谷五朗さんはさすが!
ちょっととぼけたところのある、しかし、きめるところはきめる!父親、というものを演じられておりました。
原作ではそんなお茶目じゃなかった気がするけれど(笑)

熊木杏里さんの主題歌を聞き、巧たちのその後の映像がちらりと流れて、きれいに終わりました。
すごく、きれいに。

|

« 世界選手権代表が決定 | Main | 映画を観る→『オーシャンズ11』(DVD) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/14633804

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『バッテリー』:

» 映画「バッテリー」 [FREE TIME]
先日、映画「バッテリー」を鑑賞! [Read More]

Tracked on April 10, 2007 at 10:24 PM

» 『バッテリー』 [アンディの日記 シネマ版]
感動度[:ハート:][:ハート:][:ハート:]          2007/03/10公開  (公式サイト) 泣き度[:悲しい:] 笑い度[:ラッキー:][:ラッキー:] 満足度[:星:][:星:][:星:]  【監督】滝田洋二郎 【脚本】 森下直 【原作】あさのあつこ 『バッテリー』(角川文庫刊・教育画劇刊) 【時間】118分 【出演】 林遣都/山田健太/鎗田晟裕/蓮佛美沙子/萩原聖人/上原美佐/濱田マリ/米谷真一/太賀/山田辰夫/塩見三省/岸部一徳/天海祐... [Read More]

Tracked on April 12, 2007 at 12:59 AM

» 801御用達映画「バッテリー」で超感動! [ノルウェー暮らし・イン・ジャパン]
りょうた(四年生)の野球好きの同級生が、ピュアな気持ちで「すごくよかった!」と言って、自分のお小遣いで原作本まで買ってしまったという映画「バッテリー」 実はこの映画、801ちゃん(‘やおい‘と読む)の間で評判の映画だという事は、801ちゃん系以外の人には知られていないことだろう。... [Read More]

Tracked on May 01, 2007 at 01:52 PM

« 世界選手権代表が決定 | Main | 映画を観る→『オーシャンズ11』(DVD) »