« 指南役『キミがこの本を買ったワケ』(扶桑社) | Main | いくえみ綾『いとしのニーナ』(幻冬舎) »

横山秀夫『ルパンの消息』(光文社)

「幻の処女作」がついにベールを脱いだ!

ルパンの消息ルパンの消息
横山 秀夫

光文社 2005-05-20
売り上げランキング : 42365

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ある日、警視庁にもたらされたタレこみ情報。 15年前に自殺として処理された女性教師は実は殺されたのだ-教え子の男子高校生3人の手によって。 時効まで24時間。 死の謎と男子3人によって計画された”ルパン作戦”が絡み合い、驚愕の結末へ。


どうなるの?どうなるの!?どうなるの!??
と、謎の謎の謎…というラストへの流れはとても素敵でした。
”犯人は誰だ!?”という問いかけに対する答えだけで終わらないところが良かったな。
とりあえず、最初の流れではそういう終わり方になるとは思ってもいなかったので。

”警察小説の名手”だなんて評されることがしばしばの横山秀夫さん。
ノベルスは文庫に比べると、売れ方が地味な印象(店の客層によって差はあるとは思いますが)。
横山秀夫さんの小説が気になっていた私は”ルパン”に何となくひかれて購入。
最近になってようやく読むことができました。
「(思っていたよりも)若い文章を書くんやなー」なんて。
加筆はされているようですが、処女作だから…かな。
読みやすく、ノリがよくて、面白い。

割とたくさん出てくるキャラクターの性格付けもきちっとできていて。
高校生、教師、警察。
罪を犯した者、過去に苦しむ者、現在を大切に思う者。
ツッパって学生生活を過ごしていた3人の男子高校生が15年経ち、全く違う道を生きている…。
高校生の頃、とはいきませんが、15年前を振り返ることができる歳になってくると、その歳月を感じることができて、ほろ苦い思いを感じました。

|

« 指南役『キミがこの本を買ったワケ』(扶桑社) | Main | いくえみ綾『いとしのニーナ』(幻冬舎) »

Comments

お名前は知っているけど、私もまだ読んだことないんですよ~^^;
でもぽっぽさんの感想を拝見したら面白そう!
”気になってる本リスト”に加えておこうっと♪

『鋼』⑯も楽しみ~v

Posted by: kiyu | March 19, 2007 02:17 PM

同じ職場の方がオススメ!と言う作家さんなので、ようやく読んでみたのですが、本当はもっとズバリ”警察小説”を読む方がよいのかも??
想像していたよりもかたくなかったです。

鋼、ワケあって?12巻~しか持っていないんです(笑)
12巻までも一度は読んでいるんですけれどね^^;
リン皇子のファンなので、16巻以降が気になっております☆

Posted by: ぽっぽ | March 20, 2007 11:37 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 横山秀夫『ルパンの消息』(光文社):

« 指南役『キミがこの本を買ったワケ』(扶桑社) | Main | いくえみ綾『いとしのニーナ』(幻冬舎) »