« 谷川史子『花と惑星』(集英社) | Main | いくえみ綾『いとしのニーナ』(幻冬舎) »

映画を観る→『ホリディ』

公式ページはこちら → 

最高にホットでチャーミングな4人が奏でる恋と人生のアンサンブル!
(公式ページより)

失恋し、休暇を取ることにした映画広告会社を営むアマンダ。 同じく、失恋し、泣き暮れていた編集者のアイリス。 偶然、アマンダはアイリスが出していたホーム・エクスチェンジ(お互いの家を交換し、住む)の募集をネットで見つけ、早速LAからロンドンへ渡ることに。 アイリスもロンドンからLAへ。 そして、新しいときめきに出会うことに…。

とってもキュートでスカッとする物語です。
キャメロン=ディアス、ケイト=ウィンスレットが非常にチャーミング。
特に、あんまり洋画を見ない私だからかもしれませんが、ケイトのイメージが『タイタニック』のようなお上品な、綺麗な…というものしかなくて。
それががらっと変わってしまいました。
なんてオンナノコらしいの!って。
泣いて、怒って、笑って、跳ねて。
くるくる変わる表情がとても魅力的でした。

好きなひとのもとへ駆けるアマンダ。
自分の気持ちにけりをつけた瞬間にガッツポーズを決めるアイリス。
オンナノコが観て、きっと一緒に心躍るのではないでしょうか。

男性陣もよかったです。

ジュード=ロウ、かっこい~い。
涙もろい、ちょっとプレイボーイ?な空気も持っているアイリスの優しいお兄さん。
酔っ払って妹の家に押し掛ける…妹からしたら困ったお兄さん?(笑)

ジャック=ブラックも、歳が離れたおじいさんともばっちり楽しい会話を繰り広げ、アイリスをいつも笑わせてしまうユーモアある明るい男性をコミカルに、細かく演じていて素敵でした。
これまた詳しくない方なのですが、彼のキャラクターがこの映画にひと味加えていたのは確か。
観ていて、アイリスと一緒に笑顔になってしまいました。

アイリスが出会う元・映画脚本家のアーサーに関するエピソードにも注目。

|

« 谷川史子『花と惑星』(集英社) | Main | いくえみ綾『いとしのニーナ』(幻冬舎) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/14453099

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『ホリディ』:

» ホリディ 07-23 [ぺ・四十の映画部屋]
鑑賞日 3月26日 感 想 イン・ハー・シューズ/ジェニファー ウェイナー キャメロン・ディアスのファンなので楽しみにしてましたが、ジュード・ロウのファンになってしまいました! 前回観た「イン・ハー・シューズ」では”老けた部分”が目立っていたキ... [Read More]

Tracked on March 30, 2007 at 10:58 AM

« 谷川史子『花と惑星』(集英社) | Main | いくえみ綾『いとしのニーナ』(幻冬舎) »