« スネオヘアー『スカート』 | Main | 映画を観る→『それでもボクはやってない』 »

三崎亜記『となり町戦争』(集英社)

となり町との戦争がはじまる。

となり町戦争となり町戦争
三崎 亜記

集英社 2006-12
売り上げランキング : 852

Amazonで詳しく見る
by G-Tools
ある日、突然となり町との戦争が始まった。 戦争がすぐ側で起きていることに現実味を感じることができぬ中、広報紙に発表される戦死者の数は確実に増えていく。 戦争は確かに今起こっていることなのだ-。 そんな中、”僕”のもとに”戦時特別偵察業務従事者”の任命書が役場から届いた。


何の前触れもなく、地域の広報紙にぽつんと掲載される戦争の告知。
やがて、戦争開戦の日を迎えても、町が崩壊している様子もないし、人々はいつも通りに生活している気がする。
本当に戦争なんてやっているの??と疑問を抱く主人公。
数日後、広報紙には戦死者の数が掲載されており、”戦争”の気配を僅かに感じることになる。
見えない戦争、そのテーマはとても興味深く、楽しみにしておりました。
間接的に、時に直接的に、現実ではないかのような戦争に関わる登場人物たち。
そんな小説を読んだ私はさらにさらに間接的に関わっているような気がして…感覚が鈍く、薄い。
登場人物たちがリアルに感じることのできない状況はさらにリアルに感じることができなくなった。
何か、距離を感じてしまったぞ??
リアルではない戦争を描くにあたり、物語の輪郭までもぼやけてしまっているような気がする。
文章の雰囲気、描き方はとても丁寧で、いいと思うのだけれど、”戦争のリアル”が迫ってこないの。

淡々とした香西さん(役場の女性)、そして、彼女の弟のキャラクターなんて、けっこう好きなんだけれどなぁ。
面白くない!ことはないのですが、何だか壁を感じつつ、読了。

|

« スネオヘアー『スカート』 | Main | 映画を観る→『それでもボクはやってない』 »

Comments

私も最近読みました。
でもちょっと、読後感がだめだったかも(>_<)
三崎さんが、と言うことではなくて、話の内容が。
『BR』(読まれました?)の読後感に通じるものが否めなかったというか・・・。

『失われた町』も図書館予約待ちなんだけど、コチラはどう出るかな~??

Posted by: kiyu | March 04, 2007 at 01:09 AM

『BR』、読んでいないですー;_;
どんな感じだろう??
ぽっぽは置いてきぼりをくらったような、疎外感を^^;
売れたかどうかという話だと、”売れた”作品であるので、「う~ん」という感じです。
『失われた町』、読んだら感想を教えてくださいませ♪

Posted by: ぽっぽ | March 06, 2007 at 09:09 PM

『BR』、読んでないならあえて薦めません(笑);
やはり法のもとに殺し合いが勧められるなんて、絶対おかしい。それはもう当たり前に。
映画が国会論争やR指定などかなりもめてましたけど、それもDVDで観ましたけど(愛する塚本高史くん観たさに・・^^;)、
あれは本の方がヤバイです。
映像は直接的で刺激方法としては簡単だけど、活字の威力の方がイっちゃってます( ̄^ ̄;)
映画にR指定つける前に、絶対原作本をどうにかした方がいいと思う・・・。

単純にあらすじが知りたくて、且つ多少の流血シーンに耐性があるなら、DVDの方を(^_-)
塚本くんは勿論!藤原くんが相当カッコイイですv

Posted by: kiyu | March 07, 2007 at 02:04 AM

kiyuさん、塚本くん、ダイスキのようですね(笑)
『BR』は友達が安藤くんのファンで、観た~という感想は聞いていたのですが、私は授業の関係で冒頭だけ観たことがあるだけなんです。
エグイのが非常に苦手なので、怖くて観れていない…TSUTAYAで手に取って悩む…ということを何度もやりつつ、結局観ずに。
そのうち、明るい時間に観てみようかな…^^;

Posted by: ぽっぽ | March 08, 2007 at 11:20 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/14082930

Listed below are links to weblogs that reference 三崎亜記『となり町戦争』(集英社):

» 「となり町戦争」 [ば○こう○ちの納得いかないコーナー]
若い層を中心に注目を集めているという作家・三崎亜記氏。彼の2作目「バスジャック」の読後感を以前書いたが、非現実的な世界を日常世界に上手く織り込んだ不思議なテーストだった。「これは一寸注目したい作家だ。」と感じ、彼の処女作で在り、第17回小説すばる新人賞を受賞した「となり町戦争」を読んでみたいと思っていた。 ********************************** 或る日届いた「となり町」との戦争の知らせ。僕は町役場から敵地偵察を任ぜられた�... [Read More]

Tracked on March 02, 2007 at 02:00 AM

« スネオヘアー『スカート』 | Main | 映画を観る→『それでもボクはやってない』 »