« September 2006 | Main | November 2006 »

October 2006

アルコ『ヤスコとケンジ』(集英社)

ヤスコとケンジ 1 (1)ヤスコとケンジ 1 (1)
アルコ

集英社 2005-08-25
売り上げランキング : 43634

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ケンジとヤスコは二人きりの兄妹。
元暴走族族長ケンジの愛は熱くて深し!
ヤスコは行き過ぎるそれがうっとうしくてたまらない。
そんなある日、ヤスコは恋をした。
勿論、ケンジ放っておくわけがなく…。

衝動買いで買ってみた。
コメディですねぇ~。
でも、時折じぃんとしたりもして。
なんだかんだ言ってもケンジはヤスコをものすっごく愛しちゃっているんです。
他のもの(例えば、自分を想ってくれる女性の存在だとか)が何にも目に入らないくらいに。
自分が長女だからか、お兄ちゃんって憧れます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

稚野鳥子『東京アリス』(講談社)

恋よりもお買い物に夢中
ほしい物はたくさんあるのに
探し物はまだ見つからない

東京アリス 1 (1)東京アリス 1 (1)
稚野 鳥子

講談社 2006-09-13
売り上げランキング : 61928

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『クローバー』の作者さんが講談社から初コミック。

お買い物ダイスキOL”ふう”が主人公。
ふうと彼女の友人たちの恋模様を描いたストーリー。

『クローバー』とかぶるところがありますね…クールな上司が気になる!ところとか。
主人公とその女友達の恋模様を描くということもやってはりますしね。

でも、面白かった。
少女マンガ、いいっス!と思った。
女の子のお買い物へのときめき(ふうみたいにめちゃ買いはまだしたことないけれどお買い物してワクワク、ハッピーを感じる気持ちは理解できる)、恋への迷い、悩み。
共感できるところが多い。

まだ1巻目。
2巻目以降、ふうがお買い物よりも恋愛に目覚める日は来るのか??
それが見所。
それにしても、あんなカッコイイ上司欲しいわ~(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

小栗左多里『かんたん!勝負ごはん』(ヴィレッジブックス)

かんたん!勝負ごはんかんたん!勝負ごはん
小栗 左多里

ヴィレッジブックス 2006-09
売り上げランキング : 1854

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『母に習えばウマウマごはん』の第二弾。
今回もコミックをまじえながら、レシピを紹介。

けっこう変わったレシピもあったりして、味の想像がつかなかったりします。
ハンガリー料理も少し掲載。

今回はお料理本なので、致し方ないのですが、最近トニーさんの活躍があんまり読めなくて寂しい。
『ダーリンは外国人』の3巻は出ないかな…。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

マツモトケイジ『30日間マクドナルド生活』(祥伝社)

30日間マクドナルド生活―自分の体で実験してみました30日間マクドナルド生活―自分の体で実験してみました
マツモト ケイジ

祥伝社 2006-05
売り上げランキング : 39142

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

『スーパーサイズ・ミー』という映画をご存知でしょうか??
マクドナルドを3食、1ヶ月食べ続けたらどうなるのか?
そんな試みをしたモーガン=スパーロック監督によるドキュメント映画です。
一言で言うと、そういうことなんだけれど、実際は数人のお医者さんも付き、数値的なことも含めじっくり調べていった作品のようです。
けして身体に良さそうではありませんが、「面白いこと考えるよなぁ…」と感心してしまいます。
そして、『30日間マクドナルド生活』の著者・マツモトケイジさんは、それを倣った試みをされました。
「面白いこと考えるよなぁ…」と、やっぱり感心。
変なことをやったひとがいたからって、自分もやってみよう!とやるひともすごいよなぁ、と気になって手に取ってしまいました。

週に4日昼食にマクドを食べても、もうしばらくは要らない…と思うのに、1ヶ月!しかも3食!
…う。
想像すると、ちょっとおもたーい気分です(笑)
ポテトに最初に拒絶がくるというのは4日間のマクド生活でも感じました。
マクド、最近食べてへんなぁ、っていう方には空腹時に是非読んでもらいたい。

追記。
著者の方のHPをのぞくと、マクドナルド生活第二弾を何故かされていました。
二回も…!?(笑)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

瀬戸口みづき『いつだって妄想恋愛(ロマンティック)がとまらない』(メディアファクトリー)

いつだって妄想恋愛(ロマンティック)がとまらないいつだって妄想恋愛(ロマンティック)がとまらない
瀬戸口 みづき

メディアファクトリー 2006-10
売り上げランキング : 96687

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


出たよ、続巻…!!
…改めて題名を見つめると、少し買うのは恥ずかしかったのかもしれない(笑)
店員さんに「このひと、ロマンティックが止まらないんだ!!」って思われた!?(これも妄想…)
私(が店員側)だったら「あっ、このひともファンなんや!よろしく!」って思うけれど!
…これも妄想だ…。

前作↓

ロマンティック(妄想恋愛)がとまらないロマンティック(妄想恋愛)がとまらない
瀬戸口 みづき

メディアファクトリー 2005-11
売り上げランキング : 39034

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

相変わらず、妄想炸裂のみづき。
今回は前作につれてドライな恋愛観のヒロコという登場人物も増え、パワーアップしています。
相変わらず、キャッツは相方(みづき)の妄想につっこみまくりで素敵です。
ゆる~りと読んで、楽しみました☆

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安藤哲也『本屋はサイコー!』(新潮社)

本屋はサイコー!本屋はサイコー!
安藤 哲也

新潮社 2001-12
売り上げランキング : 157443

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


書店員なので、読んでみました☆
著者の方は出版社勤務ののちにアルバイトを経て、往来堂書店の店長となられ、現在はbk1へ。

「人よりPOSシステム」(簡単に言うと、データに基づいた商品管理…というところかな)、ベストセラーばかり並んでいる書店…読めば読むほど、ちくりとします。
確かに。確かに。
テレビで紹介された本を必死に集めて慌てて店頭で展開。
どこもかしこもそんな書店ばかりで、本に「出会い」に来ているひとはきっと面白味がないだろうな。
私もよく入った書店で人だかっているベストセラーコーナーを乗り越えて、小さく展開しているその店だけの仕掛け商品などを見てしまうもの。
「これは売れてんの知ってんねん、うちが見たいんはこれちゃうの」と他の書店さんではどんな本を大きく展開しているのか、という書店員として、そして、いち本好きとして本を探し回ってしまいます。
テレビで紹介!絶賛!された本は確かに私も興味は湧くけれど…とてもミーハーなので。
そういったベストセラーを切らさず、なおかつ、個性を持った書店にしていかなければならない。
一回「何、この本?」くらいの無名な本を一番目立つ場所に展開して、ドン!と売り上げを上げたいもんです。
ちっちゃく展開でも、意外と売れると、「よっしゃ!」と思う。醍醐味。

この本には書店員の熱い思い、ちょっとした「やった!」なエピソードなども盛りだくさんです。
「本屋はサイコー!」と私も言えるように励みたいです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« September 2006 | Main | November 2006 »