« 瀬戸口みづき『妄想恋愛(ロマンティック)がとまらない』(メディアファクトリー) | Main | 川原泉『レナード現象には理由がある』(白泉社) »

森博嗣『月は幽咽のデバイス』(講談社)

月は幽咽のデバイス月は幽咽のデバイス
森 博嗣

講談社 2003-03
売り上げランキング : 133460

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


Vシリーズ3作目。
狼男が出るという噂のある屋敷の中で衣服を引き裂かれた凄惨な死体が発見される。
しかし、現場は密室、室内中に散った血、そして水槽の側には大量の水。
事件の真相に瀬在丸紅子が挑む。


『今はもうない』(S&Mシリーズ)を読んだ時もまんまと森博嗣さんに「ヤラレタ!」と思いましたが、また「ヤラレタ!」ですよ。
物語を読み進める時点で、いや、この本を読もうと思った時点でかもしれない。
私の頭の隅にある概念がごとんと重い音をたててまるごとひっくり返されちゃう感じ。
ミステリとはこーいうものだ、犯人やトリックはきっとこーいうことだ、という基本軸をぐるりと動かされてしまう感じ。
森博嗣さんにはまってしまう要因でもあるのだけれど、またまんまとひっかかっちゃったなぁと。

さ、次も読むぞ!

|

« 瀬戸口みづき『妄想恋愛(ロマンティック)がとまらない』(メディアファクトリー) | Main | 川原泉『レナード現象には理由がある』(白泉社) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/10971757

Listed below are links to weblogs that reference 森博嗣『月は幽咽のデバイス』(講談社):

« 瀬戸口みづき『妄想恋愛(ロマンティック)がとまらない』(メディアファクトリー) | Main | 川原泉『レナード現象には理由がある』(白泉社) »