« 東野圭吾『探偵倶楽部』(角川書店) | Main | 瀬戸口みづき『妄想恋愛(ロマンティック)がとまらない』(メディアファクトリー) »

東野圭吾『殺人の門』(角川書店)

殺人の門殺人の門
東野 圭吾

角川書店 2006-06
売り上げランキング : 258

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


小学生の時、ある日の出来事をきっかけに、主人公・田島和幸は”殺人”に興味を持ち始める。
そして、のちに彼に殺意を抱かせることとなる倉持修という同級生との出会い。
高校、就職と時は流れていくが、倉持との縁はなかなか切れず…。

まぁ、けして派手ではなく、地味な物語ではあります。
地味な物語を読者に退屈させずに読ませることができるというのはすごいことだと思います。
東野圭吾さんの作品は現実にありえる程度にリアルなんだけれど、何故かあんまり感情移入はできない…何でだろう??

主人公はいつも倉持修に心身ともに振り回されてしまうわけなのですが、「何でそんないつもいつもひっかかっちゃうんや!?」と私みたいなどんくささ満点の人間に思わずイラッとさせてしまうくらいにひどい。
それだけ倉持という人間が頭の回転が速く、話術巧みでカリスマみたいなのものを持ち合わせた人間なのだろうと考えるのだけれど、少しイラッ。
「お願い、しっかりして!」とけっこう夢中で読み進める私。

「歪んだ友情の物語」と解説の北上次郎さんは表現されていますが、納得。
倉持と田島の間にあるものはかたちは違えど、憎悪や嫉妬。
お互いがお互いを羨ましく思い、妬み、憎んだ。
それゆえに、お互いのことがよく分かる-。
そういったつながりのある友情がそこにはあるのかもしれない。

|

« 東野圭吾『探偵倶楽部』(角川書店) | Main | 瀬戸口みづき『妄想恋愛(ロマンティック)がとまらない』(メディアファクトリー) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/10961307

Listed below are links to weblogs that reference 東野圭吾『殺人の門』(角川書店):

« 東野圭吾『探偵倶楽部』(角川書店) | Main | 瀬戸口みづき『妄想恋愛(ロマンティック)がとまらない』(メディアファクトリー) »