« 『DEATH NOTE OFFICIAL MOVIE GUID(1)』(集英社) | Main | 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー(上・中・下巻)』(角川書店) »

映画を観る→『ダ・ヴィンチ・コード』

ダ・ヴィンチが残した暗号、”聖杯”の謎。
映画の感想をひとことで言うなら、「ビミョー」ではありました。
すごく迫力もあって、”つくり”は好き!はまりそうなくらい。

ただ、ストーリーを原作を読んで知っている分、ここの場面はもっと時間を割いて欲しかった!という希望も湧いてくるわけで。
とにかく暗号解読がこのお話のメインであると思うのです、原作では主人公・ロバートと暗号解読官のソフィーが試行錯誤しつつ、徐々に暗号の謎に迫っていく様が描かれています。
それをドキドキハラハラしながら読んでいた身としては、するりするりと謎が紐解かれていってしまう感じが否めない…呆気ないなぁって。
もっと苦労しているところが観たかった。

役者さんも良かったです。
サー・リーは渋くて少しニヒルな風格がカッコ良かったし。
シラスのシーンはけっこう原作通りで良かった。
司教への忠誠心も少ないシーンでしたが描かれていて。

少し原作とちゃう設定があるのですが、そういうプラスαを入れるならば、やっぱり謎解きのシーンをもっと濃密にして欲しかったな、と私は思っています。


作品としては好きです。
迫力と勢いは素晴らしい。
2時間30分、ほんとにあっという間です!


ダ・ヴィンチ・コード(上)ダ・ヴィンチ・コード(上)
ダン・ブラウン 越前 敏弥

角川書店 2006-03-10
売り上げランキング : 11

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

|

« 『DEATH NOTE OFFICIAL MOVIE GUID(1)』(集英社) | Main | 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー(上・中・下巻)』(角川書店) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/10436050

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『ダ・ヴィンチ・コード』:

« 『DEATH NOTE OFFICIAL MOVIE GUID(1)』(集英社) | Main | 宮部みゆき『ブレイブ・ストーリー(上・中・下巻)』(角川書店) »