« 川原泉『笑う大天使(ミカエル)』(白泉社) | Main | 鴨居まさね『家出のじかん』(集英社) »

映画を観る→『明日の記憶』

『明日の記憶』をママさんといっしょに観て来ました。

明日の記憶明日の記憶
荻原 浩

光文社 2004-10-20
売り上げランキング : 2,379

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


荻原浩さんの原作は昨年の本屋大賞にもノミネートされたほどの話題作。
私は新潮文庫の『コールドゲーム』を読み(ぽっぽの読書感想はこちら)、文章がけっこう好みではあったのですが、『明日の記憶』は未読。

ある日、アルツハイマーを宣告された夫、支える妻。
現実的なようで、身近ではないような状況。
渡辺謙さんと樋口可南子さんの熱演が迫力をもって、アルツハイマーという病の恐怖、不安を通して、ひととひとが支えあっていくこと、働くこと、生きていくことを伝えてくれています。

全体を通して、良い映画だと思いました。
号泣。
病を宣告されるところ。部下のみなが主人公を見送るところ。
音楽の大島ミチルさんもすきで。
あとは好みか好みでないかの問題かな、と。

大切なひとが自分のことを忘れてしまうなんて、それは時として死なれてしまうことよりも辛いのかもしれない。

とんねるずの憲さんが人柄のいい陶芸教室の講師、そして、病というものをきっかけに少し闇が挿してしまう人間をうまーく演じられていました。
うちは憲さんがすきなので、彼の演じた人物がしたズルイやり口とは別にちょっと胸がちくっとしましたが…。

そして、物語の冒頭でミッチーが渡辺謙に行っていた記憶力チェックみたいなものがあったのですが、けっこう危なかった、私の記憶。
さくら、電車、猫。
ジャンルばらっばらで覚えにくいよー><

|

« 川原泉『笑う大天使(ミカエル)』(白泉社) | Main | 鴨居まさね『家出のじかん』(集英社) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/10114510

Listed below are links to weblogs that reference 映画を観る→『明日の記憶』:

» 渡辺謙主演 堤幸彦監督「明日の記憶」特別編・大ヒット記念 [bobbys☆hiro☆goo☆シネプラザ]
渡辺謙主演・堤幸彦監督作品「明日の記憶」の試写と ティーチインに参加してきました。 映画は「若年性アルツハイマー病」を 扱っているので重いイメージがあったのですが そこは「堤監督作品」うまく見せてくれます。 前半は「HOW TO アルツハイマー」的で 現実味があるため一種のホラーにもなりますが 観ていて前半で少し恐ろしくなりました。 自分にもこんなことあるやんと思いながら ちょうど主人公の佐... [Read More]

Tracked on May 20, 2006 at 02:24 PM

» 明日の記憶 [映画評論家人生]
千日前国際シネマ 本作に触れない、とても映画評論とは言えない評論を書くが、どうか勘弁してほしい。 人は人でありながら、人とは何かを考える。人は永遠に人、自分を追求する。「生まれてきた意味」「生きてい... [Read More]

Tracked on June 10, 2006 at 02:40 AM

« 川原泉『笑う大天使(ミカエル)』(白泉社) | Main | 鴨居まさね『家出のじかん』(集英社) »