« December 2005 | Main | February 2006 »

January 2006

寺沢大介『喰いタン』(講談社)

初めてこのコミックのことを知ったのは、確か雑誌でちらっと”連載中”の広告を見た時、まだ単行本発売!とかではなくて。
確か”事件現場で食べながら事件を解決”みたいなことを書いてあって(うろ覚え)「うわ、気持ちワル!」と思った記憶が…。
今季ドラマ化もされて、森田剛さんも出ているので、観る。
正直、すごく”くだらない”と言ったらそうなんやけれど(笑)、ついつい観ちゃう。
なんだかんだで少しお気に入り。


喰いタン 1 (1)喰いタン 1 (1)
寺沢 大介

講談社 2002-11-22
売り上げランキング : 61,290

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


先ず、ドラマとえらく違うのが登場人物。
森田剛さん演じる、ドラマでは主要メンバーの野田涼介が出てこないのを始め、ドラマのHPのキャスト紹介に載っている中では(単行本4巻までを読む限りでは)東山さんと市川実日子さん演じる人物以外出てこないと言ってもいんではないかと。
京野ことみさんの演じる緒方警部も原作では男性やし、めっちゃ高野聖也と仲の良い?先輩後輩。

職業にしても、原作では通称”喰いタン”・高野聖也は歴史小説家兼探偵。
でも、ドラマでは探偵事務所・ホームズエージェンシーの探偵。
特に兼業の文字は今のところ出ていない。

今観ているところ、お話の中身もコミックとは違うような・・・???
もう、完全に別物かも???
共通して言えるのは、どちらも見ていると、お腹いっぱいな気分です^^;

*** *** *** *** *** *** *** ***

最近、本当にコミック原作の映像化が多い!
ラブコン』(まだHP始動はしていない模様)、『ハチミツとクローバー』、『DEATH NOTE』・・・集英社さんだけでこんなに!
少し前ならマンガはアニメ化が通常やったのに、最近ばんばん実写化しちゃって。
オリジナルはなかなかないんやろうか???
小説原作の映像化も合わせると、ほんとうにばんばんばばんって勢い。
バッテリー』の映画版は気になるー。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

いくえみ綾『カズン』(祥伝社)

カズン 1 (1)カズン 1 (1)
いくえみ 綾

祥伝社 2005-10-22
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


割と私の中でハズレ率の少ないマンガ家さんのひとり、いくえみさん。

<18歳、フリーター、彼氏ナシ このままじゃヤバイかも!?>
<変わりたい乙女たちへのメッセージに共感度100パーセント>

「どこにでもいる女の子」と銘打たれる主人公のぼんは、確かに!共感度。
変わりたいっていう心の奥では思っているのに、はなっから諦めているようなぼん。
初めての男友達ができたこと、モデルとして活躍するイトコがいたという事実、気になる男性が現れたこと、高校を卒業したぼんに次々とささいではあるけれども今までと少し違う変化が起きます。
後半のぼんの頑張りが次巻で一体どんな結果(過程)をもたらしたのか非常に楽しみ!


ぽっちゃりしたどこにでもいそうな女の子を題材にした、きらさんの『シンクロオンチ!』も面白いです、オススメ。
コメディ要素強し。でも、切ないとこもあるあたり、さすがきらさん。

シンクロオンチ! 1 (1)シンクロオンチ! 1 (1)
きら

集英社 2002-10-18
売り上げランキング : 204,534

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

| | Comments (0) | TrackBack (0)

山奈カコ『てんてこマンション―カコの上京1年め』(メディアファクトリー)

てんてこマンション―カコの上京1年めてんてこマンション―カコの上京1年め
山奈 カコ

メディアファクトリー 2005-11
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

第2回ダ・ヴィンチ コミックエッセイプチ大賞受賞作品。

ばたばたコメディに仕上がっているコミックエッセイ。
ずぅっと挙動不審、疑心暗鬼のカコさんが面白い。
変なとこ横着なところが自分に通じるものがあります^^;
作品としては、ちょっと『強気な小心者ちゃん』ぽい。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

安野モヨコ『美人画報ハイパー』(講談社)

美人画報ハイパー美人画報ハイパー
安野 モヨコ

講談社 2006-01-14
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

出た、ハイパー☆
『美人画報』の続編がついに文庫化。
置く棚のジャンルとしては女性向けの自己啓発本(エッセイ含む)なのですが、啓発というよりも”触発”本かも!
ひたすら安野さんが好きなもの、キレイ、可愛いと思うものを勢い良く書かれていて、自分の興味心がむくむくと。
「ネイルが一番お金かけずにできるおしゃれ」って、確かに!
ネイルアートなんて器用なことは超不器用のうちにはキビシイものの、久々に新しい色が欲しくなりました。
今日はお休みだし、お買い物っ♪

| | Comments (0) | TrackBack (0)

高津カリノ『WORKING!!』(スクウェア・エニックス)

WORKING!! 1 (1)WORKING!! 1 (1)
高津 カリノ

スクウェア・エニックス 2005-11-25
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


派手!ではないんだけれど、淡々とツッコミがあったりするところがけっこうツボ、そして、好き。

以前より、高津カリノさん=HP管理人名・がはこさんのホームページのファンで、ずっとHPは拝見していたんですが、ある日、デビューするということを述べられていた時はびっくりしました。
「へ~デビューかぁ、すごい~」と思って、またしばらく日が流れ…単行本が出るとの告知。
「えー!すごい!買おう!」とびっくり。
最近ネット本が非常に多いですね、ほんとに。
『きょうの猫村さん』もネットでの連載が元ですし、ブログ本などもたくさん(代表:『眞鍋かをりのココだけの話』『古田のブログ』)。
コミックサイトだとうちが今夢中!なのは”ヘッポコロジー”さん。
コミック自体が面白いんだけれど、エッセイ、特に旦那様の小学生の頃の日記を公開し、ツッコミが冴え渡っている『小学生日記』が大好き!
非常にオススメです。
このサイトの管理人であるa+r(アール)さんも今度雑誌に掲載が決まったそうで。
こうやって、どんどん世に出てゆくのですね><

| | Comments (0) | TrackBack (0)

岩代俊明『みえるひと』(集英社)

みえるひと 1 (1)みえるひと 1 (1)
岩代 俊明

集英社 2005-12-02
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

案内屋―霊と交渉し、時に排除する―明神と彼の管理しているアパート”うたかた荘”に暮らすことになった女子高校生・姫乃。
そして、”うたかた荘”に住む個性的な霊たち。
あんまり怖くはない、ホラーコミック。

読みきりで読んだ時に「怖っ!」とはおもたんですが、けっこう楽しく読めて、連載が始まってからは毎回ちゃんと読んでいます。
でも、どんどんジャンプの後ろの方にページが下がっているので、いつ連載が終わってしまうのかとちょっとハラハラしていたり><
案内屋の明神の活躍はカッコイイし、姫乃にもまだまだ何か謎がありそうだし…もっと続きが見てみたいんやけれどなぁ・・・ここからまだ面白くなると思うのですが、どうでしょう???

| | Comments (0) | TrackBack (1)

« December 2005 | Main | February 2006 »