« 宇仁田ゆみ『スキマスキ』(小学館) | Main | 森博嗣『人形式モナリザ』(講談社) »

山田悠介『親指さがし』(幻冬舎)

4344407172親指さがし
山田 悠介

幻冬舎 2005-10
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


V6の三宅くん主演で夏に映画化。
単独主演、すごい!
頑張ってほしいです。


我が家では何故か毎週深夜『着信アリ』を欠かさず、観ています。
でも、何気に私は怖がりです。
怖いシーンでは主人公が「キャー!!」、私は「ひぃー!!」となっています。
家族にはうるさがられ、トイレには行けず・・・なのに、山田悠介さんの本はまた読んでいます。
文庫になったらついつい手を出してしまうのです><


”親指さがし”というゲームを試みたばかりに同級生の由美が行方不明になってしまう。
失踪から7年が経ったのをきっかけに当時いっしょにゲームをした武ら4人は謎の解明に挑むのだが・・・。


このゲーム?のやり方はみんなでぐるっと円を作って、隣のひとの左手の親指を隠す。
そうすると、幽体離脱して、とある別荘の中に意識が移動する。
その別荘で昔、バラバラにされて殺された女性がいたのだが、その時に左手の親指だけが見つからなかった。
親指を見つけることが目的。
禁止事項はひとつ。
背後から肩をぽんぽんと叩かれる。しかし、後ろだけは何があっても振り向いてはいけない・・・。

ちっちゃい頃にありそうな噂話をもとに、事件が起こるのですが、私は絶対やりません、こんな怖そうなゲーム!
こんな話聞いたら余計にやらない!!
と、怯えています。

さらっと読んで、怖がって。
(私の場合)十分ホラー小説のモトは取れているのかな、とも思うのですが、相変わらず、山田さんの作品はどうもお話がうまく行過ぎているようで、う~ん><
謎の解明がスムーズ。


なぜか、箕輪スズが途切れようとしない。
まるでスズがそうさせているかのようだった。

(本文より)

へ~・・・それでスムーズなんだ・・・。

*ツッコミまくりですが、気になる作家さんのひとりですので、これからもチェックはしていきたいところ。
”あらすじ”読むと、「面白そう」とひかれてしまう。。。


追記。
うちは巻末の”解説”もきっちり読んでいるのですが、この本の解説はもうちょっとばりっと書いて欲しかったな。
文章を書く方としては、少し雰囲気を変えたこの解説は面白くできているのかもしれないけれど、山田さんの小説のみを真面目に論じているのを読んでみたかった。
文体に惑わされて、もう一編お話を読んでいるような感じで、本編読後はちょっとテンションがついていけなかった・・・情けない...ρ(..、)
も一回解説、読み直してみよ。

|

« 宇仁田ゆみ『スキマスキ』(小学館) | Main | 森博嗣『人形式モナリザ』(講談社) »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/7086451

Listed below are links to weblogs that reference 山田悠介『親指さがし』(幻冬舎):

» 親指さがし [お家をEnjoy!]
昨日お風呂で一気読み・・・短いし内容が全然ないのでサクっと読めちゃった。 のぼせなくって風呂読にはちょうど良い。 しかし、展開が全て予想通りの結末って、もうちょっと作家らしく楽しませて欲しいけど、まだ子供だもんなぁ・・・仕方ない。 子供向けのライトノベル....... [Read More]

Tracked on November 29, 2005 at 06:10 PM

« 宇仁田ゆみ『スキマスキ』(小学館) | Main | 森博嗣『人形式モナリザ』(講談社) »