« 原案:小林光恵、漫画:佐々木倫子『おたんこナース』(小学館) | Main | 森博嗣『地球儀のスライス』(講談社) »

佐藤雅彦『プチ哲学』(中央公論新社)

あるものの価値を測るのに、いろんなものさしがあるということを知るのはとても大事なことです。
そして、その時もっと大事なことは、どのものさしをあなたが選ぶかということなのです。
『価値の測り方について』


4122043441プチ哲学
佐藤 雅彦

中央公論新社 2004-03
売り上げランキング : 2,858

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

文庫ということで小さいサイズ。
ちょこっと哲学を学んじゃおう、くらいの軽~い気持ちで手に取れる本。
堅苦しくなく、分かりやすい言葉とかわいいイラストでとんとんとん、と読むことができます。
私は「うんうん」「ほうほう」納得したり、感心したりしながら楽しんで読みました。

だんご3兄弟、バザールでござーるを創ったひと、と言うと、多分「あ~!」とピンとくるんじゃないでしょうか。
ちょっと、今私の中で気になる指数急上昇中のひとです☆
ハマってのめるこむ気質があるので、おそらくしばらくはこの方の著書を探し回ります^^;

29章目の「中身当てクイズ」は大学の時に友達に類似問題を出されたことがあって、その時は仲間内で私だけが解けたはずなのに、今回は「えっ、何でやっけ」と小さい謎に落ち込んでしまいました。
単純な問題なのに、焦った固い頭では解けない…ほぐさねば!!

|

« 原案:小林光恵、漫画:佐々木倫子『おたんこナース』(小学館) | Main | 森博嗣『地球儀のスライス』(講談社) »

Comments

こんにちは。
G3 laboratoryさんからやってきました。
プチ哲学は私の大好きな本です。
佐藤氏の本は簡単に手に入る分は大体読みました^v^
「ねっとのおやつ」と「毎月新聞」がオススメです。
(どっちも1000円超えますし今となっては大型書店でもあるかどうかわかりません)
NHKのピタゴラスイッチはご存知ですか?私はそこから彼にはまりました。
この「プチ哲学」が読みやすくって一番人にも勧めやすい本です。

Posted by: gengen | June 19, 2005 06:02 PM

いらっしゃいませ、はじめまして、gengenさん☆
佐藤雅彦さんの本はユーモアたっぷりで、今、色々揃えてみたくて。
とりあえず、「クリック」は買い置き中。
「ねっとのおやつ」と「毎月新聞」・・・メモしなくてはっ!
明日仕事先で在庫があるかチェックさせて頂きます~(そして、あったら自分が買う・笑)楽しみです。
私は経済など、非常に世間常識に疎い人間ですので、「経済ってそういうことだったのか会議」なども読んでみたいと思っています。

本のことなど、知識豊富でブログ、楽しく拝見させて頂きました。
(森博嗣さん、私も好きです!)
またお邪魔致します☆

Posted by: ぽっぽ | June 20, 2005 01:27 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 佐藤雅彦『プチ哲学』(中央公論新社):

« 原案:小林光恵、漫画:佐々木倫子『おたんこナース』(小学館) | Main | 森博嗣『地球儀のスライス』(講談社) »