« 松久淳+田中渉『四月ばーか』(講談社) | Main | 浦沢直樹『20世紀少年』(小学館) »

山田悠介『Fコース』(幻冬舎)

4344406680Fコース
山田 悠介

幻冬舎 2005-06
売り上げランキング : 1,209

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


『Aコース』に続く書き下ろし第二弾。
仮想現実世界の中に入り込むアトラクション「バーチャワールド」。
智里は幼なじみの瑠華たちと4人で新作の「Fコース」を選択し、ゲームを始める。
「深夜の美術館から敵に捕まらずに絵画を盗み出すこと」-敵をくりぬけ、絵画を探し回るのだが…。


山田悠介さんの本はいつも帯や背表紙のあらすじを見て、「どんなお話か気になるー!」という気分になってしまいます。
ただ、現在のところはデビュー作『リアル鬼ごっこ』を含め、文庫しか購入したことはありません。
正直、『リアル鬼ごっこ』は読んでいて、「読みにくい」と初めて感じた小説でした。
アイディアは面白い、それは思いますし、手についつい取ってしまう作家さんではあるのですが…。
ので、今のところは文庫本のみチェックさせて頂いています。

『Fコース』は『Aコース』よりもストーリーにひねりが効いていました。
「おぉ!」って思いました。
でも、ラストがもうひとつ…。
ラスト前に「おぉ!」って感じた私の気持ちは何処へ…となってしまいました。

智里たちが盗もうとしている絵画がバッジスというひとが作者の「手をつなぐ二人」。
芸術方面もあまり詳しくないもので、この画家が実在するのかもわからないのですが、Yahooで検索しても出てこなかった。
架空の人物なのかな??
ラスト前の「おぉ!」以外にも、私はこの画家のプロフィールに関する部分が妙にリアルに感じました。
バッジスという画家の悲劇的ともいえる人生、そこにさす光。
彼の絵画を眺める千里に感情移入してしまいました。

いつか、山田さんの全く違うジャンルのお話も読んでみたいな。

|

« 松久淳+田中渉『四月ばーか』(講談社) | Main | 浦沢直樹『20世紀少年』(小学館) »

Comments

コメント、ありがとうございます!僕もまた、お邪魔させてもらいます!!今後とも、宜しくお願いします。

Posted by: あじきや店長 | June 27, 2005 at 07:50 PM

ご丁寧にありがとうございます☆
こちらこそよろしくお願いします。

Posted by: ぽっぽ | July 04, 2005 at 01:01 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/4724034

Listed below are links to weblogs that reference 山田悠介『Fコース』(幻冬舎):

« 松久淳+田中渉『四月ばーか』(講談社) | Main | 浦沢直樹『20世紀少年』(小学館) »