« 映画を観る→『スパイダーマン2』 | Main | 山田悠介『リアル鬼ごっこ(改訂版)』幻冬舎 »

吉本ばなな『哀しい予感』(角川書店)

哀しい予感 (角川文庫)哀しい予感 (角川文庫)
吉本 ばなな

角川書店 1991-09
売り上げランキング : 25180

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

吉本ばななさんの小説は今までに雑誌に載ったものを除くと、一冊だけ-『TSUGUMI』を読んだことがあるだけです。
お名前は勿論よく耳にするし、有名!!な人気ある作家さんだという認識もさすがにあります。
『TSUGUMI』を読んだ時も決して苦手な作風?ではないな、と感じたものです。
でも、色々と他の作家さんに気をフラフラさせていた間にすっかり私の脳裏に沈みこんでしまっていたみたいです。

主人公・弥生と叔母のゆきの。ゆきのがひとりで住む家を弥生は訪れる。 そして、ある日を境にゆきのは姿をくらます。


・・・すいません、あらすじの説明力が非常に乏しくて(笑)
でも、吉本さんの作品っていい意味でごちゃごちゃしていない感じがしました。
まーるくひとつのおはなし、というか。
と、説明できない言い訳をしつつ・・・。

ちょっとラスト、「ん~」となってしまった私。
主人公の性格も悪くはないんだけれど、あまり好きにはなれませんでした。
どっちかというと、自由気ままに生きているゆきのさんに好感が持てたかな。

「大ベストセラー」(表紙の折り返しより)ということで、期待し過ぎていたかも。
悔しい?ので、次(吉本ばななさんの本を)何読もう。と模索中。

|

« 映画を観る→『スパイダーマン2』 | Main | 山田悠介『リアル鬼ごっこ(改訂版)』幻冬舎 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/33022/1043181

Listed below are links to weblogs that reference 吉本ばなな『哀しい予感』(角川書店):

« 映画を観る→『スパイダーマン2』 | Main | 山田悠介『リアル鬼ごっこ(改訂版)』幻冬舎 »